ビッグローブ光IPv6オプションを解説‐特徴や接続設定について

ビッグローブ光IPv6オプションの解説‐特徴や接続設定について解説

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

本記事では、ビッグローブ光「IPv6オプション」の特徴や対応ルーター、接続設定について詳しく解説しています。

ビッグローブ光の利用を検討している方やビッグローブ光を利用していて通信速度にお困りの方はぜひ参考にしてください。

また、自身が現在ビッグローブ光のIPv6オプションを利用しているかわからない方は、「IPv6オプション判定サイト」で利用状況を確認してみてください。

※「v6プラス」というオプションは受付を終了しており「IPv6オプション」がそれに変わるサービスとして現在提供されています。

ビッグローブ光を検討している方は、ビッグローブ光の評判記事も参考になりますのでぜひご覧ください。

ネットのいろは編集部の写真

AUTHOR

ネットのいろは編集部

AUTHOR

ネットのいろは編集部

インターネット関連の情報をお届けする「ネットのいろは」の編集部です。光回線、モバイルルーターやスマホなどの情報を網羅的に発信しています。

もくじ

ビッグローブ光IPv6オプションとは

ビッグローブ光のIPv6オプションはIPoE方式という混雑しづらい接続方法でインターネットに接続ができるようになるオプションです。

従来のIPv4通信PPPoE方式に比べ、夜間や休日といった回線が混雑する時間帯でも動画視聴やオンラインゲームを快適に行えるようになります。

IPv4通信PPPoE方式とIPv6通信IPoE方式の解説
IPv4通信PPPoE方式とIPv6通信IPoE方式

また、通常IPoE方式ではIPv6に対応したサイトでしか利用できませんが、ビッグローブ光のIPv6オプションは「IPv4 over IPv6」という通信方式であるため、IPv4サイトとIPv6サイトのどちらもIPoE方式で接続することが可能です。

まだ普及段階であるIPv6サイトだけでなく、現状主流となっているIPv4サイトにも対応していることは重要なポイントと言えるでしょう。

IPv4 over IPv6の解説画像
IPv4 over IPv6の仕組み
IPv6通信の種類
IPv6通信(PPPoE方式)使用しているのは従来の接続方式であるPPPoE方式なので、IPv6サイトへの接続でも通信速度は従来と変わらない。
IPv6通信(IPoE方式)IPv6に対応したIPoE方式が採用されており、IPv6サイトのみ快適に利用できる。
IPv4 over IPv6IPv4サイトとIPv6サイトのどちらにもIPoE方式で接続が可能なため、従来よりも快適にインターネットが利用できる。

ビッグローブ光IPv6オプションの料金

ビッグローブ光IPv6オプションは初期費用や月額料金が無料です。

また、利用に際して申し込みなども必要なく、開通工事予定日からおよそ4~5日ほどで設定完了メールが届き、IPv6オプションが利用できるようになります。

利用前にルーター(無線LAN機器)の設定が必要になる場合があります。

ビッグローブ光IPv6オプションの通信速度

ビッグローブ光のIPv6オプションを利用することで通信が快適になると説明しましたが、実際にオプションを利用した場合とそうでない場合でどれくらい通信速度に差が出るのか見てみましょう。

項目PPPoE方式IPoE方式
(IPv6オプション)
下り速度145.0Mbps322.92Mbps
上り速度205.63Mbps239.05Mbps
Ping値44.13ms18.94ms
ビッグローブ光の平均速度(2022/11/08から過去3ヶ月)
データ引用元:みんなのネット回線速度
※速度の見方がわからない方はこちらをご覧ください。
下り(ダウンロード)の解説

下りとは、インターネット上からパソコンやスマホにデータを受信(ダウンロード)する方向を表します。

用途下り速度の目安
(ダウンロード)
メッセージの受信128Kbps~1Mbps
サイト閲覧・ビデオ通話1Mbps~10Mbps
動画視聴(YouTubeなど)3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps~100Mbps

上の表は「みんなのネット回線速度(みんそく)」という通信速度測定サイトから引用したデータで、従来の接続方式であるPPPoE方式の通信速度とIPoE方式(IPv6オプション利用者)の通信速度を比較したものです。

すべての数値でIPoE方式の通信速度が上回っており、特に下りとPing値に関しては差が大きく開いています。

ビッグローブ光の夜の時間帯の1ヶ月ごとの平均ダウンロード速度推移
PPPoE方式とIPoE方式の平均速度の推移(下り)
引用元:みんなのネット回線速度

また、上記の「PPPoE方式とIPoE方式の平均速度の推移」を見ても通信速度の差は一目瞭然です。

無料のIPv6オプションの有無でこれだけ通信速度が変化するのであれば、利用しない理由がないと言ってしまっていいと思います。

ビッグローブ光IPv6オプションの接続設定について

基本的にIPv6オプションを利用する上で接続設定というものは必要なく、ビッグローブ光の開通工事が済んだら数日で自動的にIPv6オプションが利用できるようになります。

ただし、自身で市販のルーターを購入して準備する場合は、接続設定が必要になる場合があります。その場合は取扱説明書を確認するかメーカーへ問い合わせて設定を行ってください。

利用機器別のIPv6オプション接続設定
光電話対応ルーター
(光電話利用者)
「IPv6オプション」を利用するための設定に自動的に切り替わります。
※切り替わりに電源の「OFF→ON」が必要なときがあります。
レンタルルーター
(550円/月)
「IPv6オプション」を利用するための設定に自動的に切り替わります。
※切り替わりに電源のOFF→ONが必要なときがあります。
市販のルーター市販のIPv6オプション対応ルーター(MAP-E機能付き)を利用中の場合、取扱説明書やメーカーサイトを確認するか、メーカーへお問い合わせください。

IPv6オプション対応のルーターを準備して機器の接続設定が済んだら、IPv6通信が正常に機能しているか「IPv6オプション判定サイト」にて確認を行ってください。

IPv6通信が正常に行えていない場合、機器の設置方法に問題がある可能性があります。「IPv6オプションにおける機器のつなぎかた」を見て再度確認をしてみましょう。

ビッグローブ光IPv6対応ルーターの選び方

ビッグローブ光電話を使っている方であれば、光電話の機器がそのままIPv6に対応しているため、自身でルーターを準備する必要はありません。

光電話を使っていない方であれば、ビッグローブ光からIPv6対応ルーターをレンタル(550円/月)するか、自身で市販のルーターを購入する必要があります。

ルーター12ヶ月無料レンタル

現在ビッグローブ光公式では、申し込み者を対象に40,000円キャッシュバックや開通工事費無料に加え、IPv6対応ルーター(550円/月)の12ヶ月無料レンタルキャンペーンを実施しています。

自身で購入する場合は、IPv4とIPv6が自動で切り替わる「MAP-E機能」のついたルーターを選択しましょう。また、ビッグローブ光の動作確認が済んでいないルーターでは正常に動作しない可能性もあるため、下記の「動作確認済みのルーター一覧」を参考にして購入してください。

動作確認済みの市販ルーター一覧

IPv6オプションでも通信速度が遅いときの対処法

IPv6オプションを利用中にもかかわらず通信速度が遅い場合、IPv6通信が正常に動作していない可能性があります。

このような場合には、下記の手順でIPv6通信の状態を確認してください。

IPv6の通信状況確認手順
  1. ビッグローブ光の通信環境がIPv6で設定できてるかチェック
  2. 利用中のルーターがIPv6オプションに対応しているか確認する
  3. ルーターの設定でIPv6オプションが「有効」かどうかチェック

ビッグローブ光の通信環境がIPv6かどうかチェックする

まずIPv6確認ページで接続状況を確認してください。

ここで「IPv6接続(Connected via IPv6)」と表示されれば回線自体はIPv6接続ができているということになるので、次の項目で利用中のルーターがIPv6対応かどうかを確認してください。

IPv4接続(Connected via IPv4)」と表示された場合は、以下の可能性があります。

  • 「ビッグローブ光側」のIPv6設定が終わっていない
  • 「スマホやパソコン、ルーター側」でIPv6設定が有効にできてない
  • 「スマホやパソコン、ルーター」の設定がIPv4優先になっている

この場合、電話やWebでカスタマーサポートに問い合わせるか、「設定確認」を見ながら機器の設定を確認してみてください。

ビッグローブ光カスタマーサポート
電話
(テクニカルサポート)
0120-68-0962(通話料無料)
03-6328-0962(通話料有料)携帯電話、IP電話の場合
受付時間:9:00~18:00 365日受付
Webインターネット接続設定・接続トラブルの問い合わせ

利用中のルーターがIPv6に対応しているか確認する

IPv6サービス対応動作確認機種」で自身の利用しているルーターがビッグローブ光のIPv6オプションに対応しているかチェックしましょう。

対応ルーターを利用していると確認ができた方は次の項目でルーターの設定を確認してみてください。

お使いのルーターがオプション非対応だった方は「こちら」からルーターをレンタルするか、「IPv6サービス対応動作確認機種」に記載のあるルーター(MAP-E機能付き)を自身で購入して設置してください。

ルーターの設定でIPv6が有効になっているか確認する

IPv6確認ページで「IPv6接続(Connected via IPv6)」と表示されているのを確認したら、次はIPv6オプション判定サイトでIPv6通信状況の確認を行ってください。

このとき「v6プラスではありません」と表示される場合は、ルーターの設定でIPv6オプションが有効になっていないかもしれません。 利用中の機器のランプ状態でIPv6オプション設定をチェックしましょう。

光電話対応ルーター

「PPP」ランプが点灯している場合

光電話対応ルータのPPPoE設定を削除するか、最新版のファームウェアにアップデートされているか確認してください。

パソコンにPPPoE設定がされている場合は、削除してください。

PPPoE設定の削除

光電話対応ルータの電源をOFFにして、5分ほど経過してからONにしてください。再起動して「PPP」ランプが消灯していれば光電話対応ルータはIPv6接続になっています。

下のページで「v6プラスつかっています」と表示されれば正常に利用できています。

IPv6オプション判定サイト

「PPP」ランプが消灯している場合

光電話対応ルータの電源をOFFにして、5分ほど経過してからONにしてください。再起動して「PPP」ランプが消灯していれば光電話対応ルータはIPv6接続になっています。

下のページで「v6プラスつかっています」と表示されれば正常に利用できています。

IPv6オプション判定サイト

レンタルルーター(Aterm WG1200HS3)

「ACTIVE」ランプが「緑」点灯以外の場合

接続機器(無線LAN付き)の「自動判別機能」が有効となっていることを確認してください。

確認できたら、接続機器(無線LAN付き)の電源をOFFにして、ONU(またはモデム)の電源もOFFにしてください。

5分ほど経過してからONU(またはモデム)の電源をONにして、その後ルーターの電源をONにしてください。再起動して「ACTIVE」ランプが「緑」に点灯していたらルーターはIPv6接続になっています。

パソコンにPPPoE設定がされている場合は、削除してお試しください。

PPPoE設定の削除

下のページで「v6プラスつかっています」と表示されれば正常に利用できています。

IPv6オプション判定サイト

「ACTIVE」ランプが「緑」点灯している場合

ルーターはIPv6接続になっているので、再度以下のページでご確認してみてください。

IPv6オプション判定サイト

市販ルーター

市販のIPv6オプション対応ルーター(MAP-E機能付き)を利用中の場合、取扱説明書やメーカーサイトを確認するか、メーカーへお問い合わせください。

その後、下のページで「v6プラスつかっています」と表示されれば正常に利用できています。

IPv6オプション判定サイト

ここまでの手順をすべて確認したうえで、まだIPv6の利用状況が変わらないという場合は、BIGLOBEのカスタマーサポートへ問い合わせてみてください。

ビッグローブ光カスタマーサポート
電話
(テクニカルサポート)
0120-68-0962(通話料無料)
03-6328-0962(通話料有料)携帯電話、IP電話の場合
受付時間:9:00~18:00 365日受付
Webインターネット接続設定・接続トラブルの問い合わせ

通信速度が遅い原因として、LANケーブルなどの自宅のインターネット設備に問題がある場合もあります。

ビッグローブ光IPv6オプションに関するよくある質問

IPv6オプションとv6プラスの違いを教えてください。

IPv6オプションはBIGLOBEの設備を、v6プラスはJPNE社の設備を利用したIPv6サービスです。どちらも機能的に同じものなので通信速度に差はありません。

※v6プラスは新規の受付を終了しています。

「IPv6オプションのお申し込みが「取消」されました」とメールが送られてきました。

エラーがあるためIPv6の設定ができない状態にあります。

メールに記載の「解消方法」の通りに手続きを行ってください。

IPv6オプションの利用にあたりルーターも同時に申し込みが必要ですか?

ビッグローブ光ではIPv6オプションに対応したルーターのレンタル(550円/月)が可能ですが、自身で購入したルーター(MAP-E機能付き)でも利用できます。

IPv6オプションに対応しているルーターを教えてください。

以下のページからビッグローブ光の操作確認が完了しているIPv6対応ルーターを確認してください。

動作確認済みの市販ルーター一覧

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ