GMOとくとくBB光の通信速度は遅い?実測値や口コミを徹底解説します

GMOとくとくBB光の通信速度について徹底解説

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

「GMOとくとくBB光の通信速度はどのぐらい?」「遅いって聞くけど…」GMOとくとくBB光を検討している方の中には、通信速度について不安を抱いている方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、GMOとくとくBB光の通信速度について解説していきます。

GMOとくとくBB光を実際に利用している方の通信速度や、遅いと感じる時の対処法などについても紹介していきます。

ぜひ、GMOとくとくBB光を検討している方は参考にしてくださいね。

この記事の結論
  • GMOとくとくBB光は「まずまず」の通信速度
    →高画質動画やオンラインゲームには支障なし
  • 通信速度が遅くなることもがあるかも…
    →この記事で対策を紹介しています
  • 通信速度にこだわりたい方は別の光回線も検討しよう
    →NURO光やauひかりがおすすめ
神谷孝志の写真

AUTHOR

神谷孝志

AUTHOR

神谷孝志

新卒で一般企業に就職したのち、インターネット回線を扱うライターに転向。複数の通信系メディアの立ち上げ・運営を経験し、現在では"ネットのいろは"で情報を発信中。記事作成のモットーは「ユーザーファースト」

もくじ

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)の通信速度

GMOとくとくBB光の速度は自信あり
※引用元:GMOとくとくBB光公式サイト

公式サイトでも「自信あり!」と謳っており、GMOとくとくBB光は通信速度に自信があるサービスのようです。

本当のところはどうなのか、GMOとくとくBB光を実際に利用している方が計測した通信速度(実測値)を見てみましょう。

下り速度255.18Mbps
上り速度288.43Mbps
Ping値18.28ms
※データ引用元:みんなのネット回線速度

通信速度の目安

下り(ダウンロード)の解説

下りとは、インターネット上からパソコンやスマホにデータを受信(ダウンロード)する方向を表します。

用途下り速度の目安
(ダウンロード)
メッセージの受信128Kbps~1Mbps
サイト閲覧・ビデオ通話1Mbps~10Mbps
動画視聴(YouTubeなど)3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps~100Mbps

GMOとくとくBB光の通信速度は、平均で200Mbps以上を超えています。

100Mbps以上あれば快適であると言われているため、日常生活で「通信速度が遅くて困る…」ということも少なくなるでしょう。

目安と見比べてみても、高画質動画(4K)の視聴や、オンラインゲームも問題なくプレイできるほどの通信速度であることが分かりますね。

他社の光回線の通信速度と比較

GMOとくとくBB光の通信速度は、他社の光回線と比べるとどうなのでしょうか?

他社の光回線の通信速度を以下の表にまとめます。比較する際の参考にしてくださいね。

通信速度の速い順に並べ替えています。

光回線通信速度※1月額料金※2
NURO光588.41Mbps5,200円
auひかり510.98Mbps5,720円
ソフトバンク光292.44Mbps5,720円
GMOとくとくBB光255.18Mbps4,818円
So-net光プラス235.71Mbps6,138円
ビッグローブ光229.31Mbps5,478円
楽天ひかり205.33Mbps5,280円
※データ引用元:みんなのネット回線速度
※1:下り速度を記載
※2:戸建ての料金プランを記載

他社の光回線と比べてみると、GMOとくとくBB光の通信速度は「まずまず」であると言えます。

NURO光やauひかりなどと比べると差がありますが、それ以外のサービスと比べると比較的優秀であることが分かりますね。

さらに、GMOとくとくBB光は月額料金が安いため、非常にバランスの良い光回線です。

「通信速度も気になるけど、通信費をなるべく抑えたい」という方には、GMOとくとくBB光がおすすめですよ。

→GMOとくとくBB光の公式サイトを見る

v6プラスが標準提供

GMOとくとくBB光では、新しい通信方式である「v6プラス」が標準提供されています。

v6プラスとは?

v6プラスとは、新しい通信方式「IPv6」で通信できるようになるオプションのことです。

現在主流の通信方式はIPv4とIPv6の2つです。2つの違いは以下の図を参考にしてください。

IPv4の図説
IPv6の図説

IPv6には「網終端装置」というものがなく、回線が混雑しにくいという特徴があります。

v6プラスが提供されているおかげで、より快適にインターネットを利用することができます。

多くの光回線ではオプション料金が発生しますが、GMOとくとくBB光では無料です。

また、v6プラスに対応したルーターを無料レンタルできるため、費用は全くかかりません。

7,000円~12,000円のルーターがレンタルできるよ!

GMOとくとくBB光が遅い原因について

GMOとくとくBB光を利用している方の中には、遅いと感じる方も一定数いるようです。

以下のような原因によっては、通信速度が低下する可能性があります。

原因に対する対策も解説していくので、GMOとくとくBB光を検討中の方はぜひ参考にしてください。

夕方~夜は利用者が増えて混雑する

GMOとくとくBB光に限らず多くの光回線では、夕方~夜にかけて利用者が増え回線が混雑する傾向があります。

回線が混雑することで、通信速度の低下につながってしまうのです。

実際にGMOとくとくBB光の時間帯別の通信速度を見てみましょう。

時間帯別下り速度上り速度
332.36326.44
286.21380.6
夕方253.82286.05
230.86290.01
深夜275.31281.25
※データ引用元:みんなのネット回線速度
※単位は”Mbps”

やはり、夕方~夜にかけては通信速度が低下していることが分かりますね。

混雑する時間帯には「有線接続」を活用しましょう。有線接続にすることで周辺環境の影響を受けづらくなり、通信速度の低下を防ぐことができます。

v6プラスが利用できていない

先ほどGMOとくとくBB光では、v6プラスオプションが無料で提供されていると紹介しました。

しかし、ご利用中のパソコンなどで設定ができていないと、v6プラスの恩恵を受けることができません。

もし利用中に「通信速度が遅いな……」と感じたら、一度パソコンの設定を見直してみましょう。

パソコンの設定方法

STEP
パソコンの設定を開き「ネットワークとインターネット」をクリック
v6の設定①
STEP
「ネットワークの詳細設定」をクリック
v6の設定②
STEP
「ネットワークアダプターオプションの詳細」をクリック
v6の設定③
STEP
ご自身のパソコンを”右クリック”→「プロパティ」をクリック
v6の設定④
STEP
「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」にチェックを入れる
v6の設定⑤

建物がVDSL方式にしか対応していない(マンションタイプのみ)

マンションやアパート内の配線方式がVDSL方式の場合は、最大通信速度が100Mbpsとかなり遅くなるため注意が必要です。

VDSL方式とは?

電柱からマンション共用部までを光ファイバーケーブル、マンション共用部から各部屋までは電話回線を使用している接続方式のことです。

VDSL方式の配線図
※引用元:NTT西日本

通常の光回線は、電柱から各部屋まで光ファイバーケーブルが使用されています(光配線方式)。また、電柱からマンション共用部までを光ファイバーケーブル、マンション共用部から各部屋までLANケーブルが使用されている配線方式もあります(LAN配線方式)。

光方式の配線図
【光配線方式】
LAN方式の配線図
【LAN配線方式】
※引用元:NTT西日本

お住まいのマンションがどの配線方式に対応しているかは、ご自宅に設置してある光コンセントを確認することで見分けることができます。

光コンセントに「TEL」と書いてある場合は、VDSL方式にのみ対応しているマンションです。

※引用元:フレッツ光「チエネッタ
光コンセントに記載されている文字配線方式
光配線方式
LANLAN配線方式
TELVDSL方式

光配線方式であれば安定した通信速度が出ますが、VDSL方式やLAN配線方式の場合は通信速度に満足いかない可能性があります。

これはGMOとくとくBB光に限ったことではなく、光回線サービス全般に共通しています。

ルーターの位置が最適でない

設置したルーターの位置が悪いと、通信速度が遅くなる原因となってしまいます。

Wi-Fiは無線電波で飛ばすため、ルーターと端末の間に障害物があると、通信速度が低下してしまうのです。

逆に言えば、ルーターの置き場所を変えるだけで、通信速度が改善することがよくあります。

置き場所については以下を参考にしてください。

ルーターの設置に適した場所
ホームルーターの設置場所
  • 床から1~2mの高さの場所
  • 窓に近い場所
  • 使用する通信機器に近い場所
  • 家電製品から離れた場所
  • 水槽から離れた場所(湿気の多い場所を避ける)
  • 金属性の家具や壁から離れた場所

2.4GHzを使用している

GMOとくとくBB光は2つの周波数(2.4GHz/5GHz)に対応していますが、2.4GHzを利用していると通信速度が遅くなる傾向があります。

2.4GHzは電子レンジやテレビ、Bluetooth機器などの電化製品で利用されています。そのため、ルーターと電化製品で電波干渉が起きてしまうのです。

対して5GHzはルーター以外で使用されない周波数であるため、電波干渉が起こることはありません。

WiFiの周波数帯「2.4GHz」の特徴
WiFiの周波数帯「5GHz」の特徴

電波干渉が起こらないように、常に5GHzで接続するのがおすすめですよ。

2.4GHz/5GHzのSSIDとパスワードはルーターの側面or底面に記載されています。使用する周波数のSSIDをスマホやパソコンのWi-Fi接続設定で選択して切り替えます。

GMOとくとくBB光の通信速度に関する評判・口コミ

ここからは、SNSに寄せられていたGMOとくとくBB光の通信速度に関する評判や口コミを見ていきます。

通信速度が速いという声が多い

スクロールできます

GMOとくとくBB光を利用している多くの方が通信速度に満足していました。

300~700Mbps程度の通信速度があれば、どんな用途であってもストレスを感じることはほとんどないでしょう。

上記の3名以外にも実際に測った通信速度の投稿があったので、データをまとめてみました。参考程度にご覧ください。

通信速度(下り)該当数
500Mbps以上5件
400~499Mbps4件
300~399Mbps10件
200~299Mbps26件
100~199Mbps17件
100Mbps以下9件
※平均下り速度:258.40(71件)
通信速度(上り)該当数
500Mbps以上9件
400~499Mbps4件
300~399Mbps20件
200~299Mbps4件
100~199Mbps14件
100Mbps以下20件
※平均上り速度:258.57Mbps(71件)

SNSに投稿されているデータを見ても、GMOとくとくBB光の平均速度は約250Mbpsとなっており、快適にインターネットを利用できる水準です。

下り上りともに500Mbps以上出ている方も多く、通信速度に期待が持てますね。

通信速度に不満があるとの声も……

スクロールできます

GMOとくとくBB光の通信速度に不満を持っている方の口コミも数件見られました。

通信速度は通信環境や時間帯によって大きく左右されてしまいます。そのため、開通してから思うように通信速度が出ないということも少なくありません。

ただ、これはGMOとくとくBB光に原因があるというより、さまざまな要因によって遅くなっていることがほとんどです。

GMOとくとくBB光が遅いと感じるなら他社光回線も検討してみよう

ここまで紹介してきた通り、GMOとくとくBB光は通信速度が「まずまず」の光回線です。そのため、通信速度に満足できる方がほとんどだと思います。

しかし、0.1秒を争うFPSのようなゲームで、遅延やラグを最小限に抑えたい場合はGMOとくとくBB光では物足りないかもしれません。

そこで、通信速度を最重視したい方におすすめの光回線を紹介します。

速度にこだわる方におすすめの光回線

上記2つの光回線は独自設備を持つ光回線です。GMOとくとくBB光のような回線の混雑は起きづらく、夕方~夜の時間帯でも通信速度が安定する傾向があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

auひかり

auひかりロゴ
エリア全国
(中部地方・関西地方・沖縄の一部地域を除く)
最大通信速度1Gbps
契約期間2年/3年
戸建て月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
マンション月額料金3,740~5,500円
開通工事費※戸建て:41,250円
マンション:33,000円
スマホセット割au
UQ mobile
キャンペーン最大141,000円キャッシュバック
解約違約金相当額を還元
初期費用相当額を割引
※キャンペーンにより実質無料

通信速度にこだわる方におすすめの光回線1つめは、KDDI株式会社が提供する「auひかり」です。

auひかりでは、KDDI株式会社が独自保有する回線を使用しており、安定した通信速度が期待できますよ。

auひかりとGMOとくとくBB光の実測値を比較してみましょう。

GMOとくとくBB光auひかり
下り速度255.18Mbps510.98Mbps
上り速度288.43Mbps517.21Mbps
Ping値18.28ms15.06ms
※データ引用元:みんなのネット回線速度

GMOとくとくBB光に比べて、通信速度が非常に速いことが分かりますね。上記の表ぐらいの通信速度が出ていれば、動画視聴やオンラインゲームをプレイしていても遅延やラグを感じることはほとんどないでしょう。

通信速度にこだわりがある方や、auスマホを持っている方におすすめの光回線です。

→auひかりのキャンペーンサイトを見る

NURO光

NURO光 ロゴ
エリア北海道・関東・東海・関西・中国・九州
最大通信速度2Gbps
契約期間2年・3年・期間なし
月額料金3年:5,200円
2年:5,700円
契約期間なし:6,100円
開通工事費※44,000円
キャンペーン最大169,000円キャッシュバック
1年間月額料金割引
他社解約金負担
開通工事費実質無料
スマホセット割NUROモバイル・ソフトバンク
※キャンペーンより実質無料

通信速度にこだわる方におすすめの光回線1つめは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する「NURO光」です。

auひかりと同様に、NURO光でも独自回線を保有しており、通信速度が高水準で安定することが期待されます。また、NURO光の最大通信速度は2Gbpsとなっており、通常の光回線の2倍のスペックを誇ります。

NURO光とGMOとくとくBB光の実測値を比較してみましょう。

GMOとくとくBB光NURO光
下り速度255.18Mbps588.41Mbps
上り速度288.43Mbps596.64Mbps
Ping値18.28ms11.86ms

実際に利用している方の通信速度を比べてみても、NURO光は非常に高性能であることが分かります。

最近まで通信速度低下が問題になっていましたが、設備増強などを繰り返し、安定した通信速度が出るように改善されているようです。

NURO光は比較的安い月額料金で提供されており、ソフトバンクスマホとのセット割も適用されるのでコスパが良い光回線ですよ。

→NURO光のキャンペーンサイトを見る

まとめ

この記事では、GMOとくとくBB光の通信速度について解説してきました。

GMOとくとくBB光の通信速度まとめ
  • 通信速度に関しては「まずまず」
    →月額料金を加味すると高コスパ
  • 時間帯や周辺環境によっては遅いと感じることもある
    →対策をすることで低下を防げる
  • 通信速度にこだわるなら他社光回線も検討しよう
    →auひかりやNURO光がおすすめ

実際に利用している方の通信速度を調査すると「まずまず」速い光回線であることが分かりました。平均下り速度は250Mbpsを超えており、満足のいく通信速度が期待できます。

動画視聴やオンラインゲームも問題なくプレイできるため、幅広い方におすすめできる光回線です。

月額料金も格安であるため、コスパが良い光回線を探している方は前向きに検討してみてくださいね。

→GMOとくとくBB光の公式サイトはこちら

GMOとくとくBB光の通信速度に関するよくある質問

  • GMOとくとくBB光の最大通信速度を教えてください
  • GMOとくとくBB光の実測値はどこで見れますか?
  • IPv6(IPoE)は利用できますか?
GMOとくとくBB光の最大通信速度を教えてください

GMOとくとくBB光の最大通信速度は1Gbpsです。

最大通信速度はあくまで理論値であり、通信環境や時間帯によって異なります。

GMOとくとくBB光の実測値はどこで見れますか?

GMOとくとくBB光の実測値は以下のサイトで確認可能です。

→みんなのネット回線速度

※アクセスしたら、検索窓に「GMOとくとくBB光」と入力して検索してください

IPv6(IPoE)は利用できますか?

はい、利用できます。

GMOとくとくBB光には「v6プラス」というIPv6オプションが標準提供されています。

オプション料金は発生しません。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ