光回線が遅いのはなぜ?原因と対処法を徹底解説!

光回線が遅いのはなぜ?原因と対処法を徹底解説!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

光回線は高速で安定したインターネット接続を提供するため、多くの人々にとって欠かせない存在となっています。

しかし、時折光回線の速度が遅くなることがあります。

なぜそのような現象が起こるのでしょうか?本記事では、光回線の遅さの原因とそれに対する対処法について徹底解説します。

ネットのいろは編集部の写真

AUTHOR

ネットのいろは編集部

AUTHOR

ネットのいろは編集部

インターネット関連の情報をお届けする「ネットのいろは」の編集部です。光回線、モバイルルーターやスマホなどの情報を網羅的に発信しています。

もくじ

光回線が遅い原因と対処法

早速、光回線が遅い原因と対処法について、具体的に解説していきます。

まずは再起動をしよう

光回線の速度が遅い、繋がらない時はまずルーターやONU(光回線終端装置)、通信端末のパソコンやスマホの再起動を行いましょう。

再起動することでこれまでの通信記録を消去することができるほか、機器に溜まった熱を放出することができます。そうすることで通信速度が回復することがあります。

恐らく最もやりやすくて馴染みのある方法なので、ぜひ最初にやってみてください。

LANケーブルの規格が合っていない

規格最大通信速度伝送帯域印字
カテゴリ5100Mbps100MHzANSI/TIA/EIA-568-B.1
カテゴリ5e1GbpsANSI/TIA/EIA-568-B.2
カテゴリ6250MHzANSI/TIA/EIA-568-B.2-1
カテゴリ6A10Gbps500MHzANSI/TIA-568-B.2-10
カテゴリ7600MHzISO/IEC 11801
カテゴリ7A1000MHz
カテゴリ840Gbps2000MHzANSI/TIA-568.C-2-1

LANケーブルの規格が適切でない場合、通信速度が遅くなることがあります。LANケーブルの規格に関しては気にしていない方も多いかもしれません。

ただし、光回線の速度が1Gbpsにも関わらず、カテゴリ5のような最大通信速度100MbpsのLANケーブルを利用すると、光回線の速度を活かせないということになります。

対処法:カテゴリ6以上のLANケーブルを利用する

光回線でLANケーブルを利用する場合は「カテゴリ6」以上の規格のものを利用してみてください。表にある通りカテゴリ6だと最大通信速度1Gbpsに対応し、帯域も250MHzと広いため、カテゴリ5のケーブルよりも速度が高速になります。

ただ、現在ご自身で利用しているLANケーブルの規格が何なのか、分からないという方も多いのではないでしょうか。そんな方は表に書かれている「印字」をご覧ください。

例えば現在カテゴリ5のLANケーブルを利用している場合は、ケーブルに「ANSI/TIA/EIA-568-B.1」と印字されてあります。現在利用しているLANケーブルのカテゴリが分からない場合、この方法で確認してみてください。

電波干渉が発生している

電波干渉も光回線の通信速度が遅くなってしまう原因の1つです。

電波干渉とは何かというと、無線電波を利用する機器同士の電波がぶつかってしまい、不具合が生じることを言います。

光回線のルーターが、最も電波干渉を受ける原因となっているのが電子レンジです。

電子レンジは2.4GHzの周波数を利用しています。Wi-Fiルーターも同様に周波数帯を2.4GHzに設定していると、電子レンジの電磁波がWi-Fiの電磁波を妨害してしまうので、通信障害が起きてしまいます。

対処法1:ルーターの位置を変える

改善策として最も手っ取り早いのは、Wi-Fiルーターは電子レンジの近くには設置せずできるだけ距離を取るということです。距離があれば電波干渉もしづらくなるので、設置場所を変えてみてください。

適切なルーターの設置場所は下記になります。

適切なルーターの設置場所
  • 床から1~2m高い
  • 周囲に障害物がない
  • 家電と距離がある
  • 金属類と距離がある
  • 水槽と距離がある

対処法2:周波数帯を変える

また、Wi-Fiルーターの周波数帯を変えることも1つの手段です。

Wi-Fiルーターの多くは2.4GHzの周波数帯に加え、5GHzの周波数帯でも利用することができます。周波数帯を5GHzにすれば電子レンジと異なる周波数帯となるため、電波干渉が発生しづらくなります。電子レンジと距離を取っても改善しない方は、切り替えてみることをおすすめします。

また接続周波数帯によって特徴がありますので、表に簡単にまとめています。自宅が広くて部屋数も多い場合は2.4GHz、1人暮らしなど部屋数がそこまで多くなく、家具も少ない場合は5GHzに設定しておくことをおすすめします。

では周波数帯をどうやったら変えることができるのか、多くの場合スマホもしくはパソコンの画面から変更します。やり方は簡単でWi-Fi設定画面で「〇〇〇〇―2G」の接続から「〇〇〇〇―5G」に切り替えるだけです。

切替は非常に簡単なので、ぜひ試しに実践してみてください。

2.4GHz5GHz
通信エリアの広さ
障害物に対する強さ
電波干渉の受けにくさ
通信速度の速さ

回線が混雑している

回線が混雑している場合は,光回線の通信速度が低下、または繋がらないことがあります。

特に夜間はインターネットの利用者が多く、回線が混雑することが多くあります。

対処法:IPv6通信を利用する

IPv4通信PPPoE方式とIPv6通信IPoE方式の解説

この場合はIPv6通信の利用を検討してみてください。IPv6通信の場合、夜間のような利用者が集中している時間帯であっても、従来の接続方式であるIPv4通信と比較して速度遅延が発生しづらく、速度が安定しやすくなります。

現在IPv4通信を利用していて、夜間に通信速度が遅くなるという方は、IPv6通信に切り替えてみることをおすすめします。ただし、IPv6通信は現在お使いのサービスがIPv6通信に対応していることが必須です。

現在お使いの光回線がIPv6に対応しているのか、分からない方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、こちらの「IPv6接続テスト」で確認できます。このページにアクセスしてIPv6アドレスが表記されていると、お使いの光回線がIPv6に対応しているということです。

また、IPv4からIPv6への切替方法に関しては、サービス専用のサイトから切替が可能です(IPv6オプション未加入の場合は、加入の申請をする必要があります)。

通信端末の機種が古い

パソコンやスマホなど通信端末が古い場合、通信速度が遅くなることがあります。

通信速度以前に通信端末が古いと、どうしても経年劣化してしまって動作が遅くなってしまうことがあります。インターネットを接続していない状態であっても動作が遅い場合は回線が問題ではなく通信端末に問題があるということになります。

また、10年前など昔の通信端末の場合、Wi-Fiが未対応のものもありますので、光回線を接続したとしても

対処法:通信端末を買い替える

その場合は通信端末の替え時なので、新しいパソコンやスマホを購入することをおすすめします。

現在販売しているパソコンやスマホはWi-Fi対応のものが並んでいるので、自身のライフスタイルに合わせてお好みの通信端末をご購入ください。

通信障害が発生しているまたはメンテナンス中

通信障害が発生していたり、メンテナンス中の場合、インターネットが繋がりにくい、または

メンテナンスや通信障害が発生している場合は、利用している光回線のホームページに記載されています。

また、Twitterでもお使いの光回線の公式アカウントがツイートしていたり、利用者が投稿していることもありますので、ツイッターでも確認してみましょう。

対処法:通信障害やメンテナンスは終わるまで待機するしかない

通信障害やメンテナンスが原因で通信速度が低下遅くなったり、繋がらない場合は終わるまで待機するしかありません。

ただ待機と言っても、基本的に通信障害やメンテナンスがあったその日には終了することがほとんどなので数日待つということはありません。

通信障害やメンテナンスが起きている際にどうしてもWi-Fiを利用したい場合は、スマートフォンのテザリングを使ってインターネットを利用しましょう。

通信速度について

通信速度が遅いかどうか、確認するには通信速度の目安や見方など覚えておくことをおすすめします。

以下で速度の目安や単位の見方、速度の計測方法など紹介します。

通信速度の目安は?

まず光回線の目安とする数値を用途別に確認しておきましょう。

下り(ダウンロード)の解説

下りとは、インターネット上からパソコンやスマホにデータを受信(ダウンロード)する方向を表します。

用途下り速度の目安
(ダウンロード)
メッセージの受信128Kbps~1Mbps
サイト閲覧・ビデオ通話1Mbps~10Mbps
動画視聴(YouTubeなど)3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps~100Mbps

上記が用途別通信速度の目安になります。

やはり動画視聴やオンラインゲームは高速通信が求められるので、ホームルーターやポケット型WiFiではなく、光回線のような安定して高速通信可能なサービスを利用する方がおすすめです。

通信速度は測れる?

引用元:fast

通信速度は手軽に測ることができます。

もし現在お使いの通信速度が気になりうようであれば「速度測定」を利用して、現在の速度を計測してみてください。

改善しない場合は乗り換えを検討しよう

今回紹介した対処法を試してみても、改善しない場合は、通信品質に定評のあるサービスへの乗り換えを検討してみましょう。

プロバイダやそのサービス自体に問題がある可能性もあるからです。

次章ではおすすめの乗り換え先を紹介していますので、ぜひご覧ください。

おすすめの乗り換え先

それでは、おすすめの光回線を以下で詳しく紹介します。

サービス名平均速度
NURO光下り:588.4Mbps
上り:537.65Mbps
Ping値:11.53ms
auひかり下り:486.36Mbps
上り:468.53Mbps
Ping値:15.72ms
ソフトバンク光下り:321.05Mbps
上り:267.5Mbps
Ping値:15.89ms
コミュファ光下り:580.32Mbps
上り:532.38Mbps
Ping値:14.83ms
eo光下り:696.84Mbps
上り:580.43Mbps
Ping値:15.34ms
メガエッグ下り:385.89Mbps
上り:325.74Mbps
Ping値:24.07ms
ピカラ光下り:502.15Mbps
上り:454.22Mbps
Ping値:18.56ms
BBIQ下り:466.21Mbps
上り:388.37Mbps
Ping値:25.22ms

NURO光

NURO光のロゴ
エリア北海道・関東・東海・関西・中国・九州
最大通信速度2Gbps
10Gbps
平均速度下り:588.4Mbps
上り:537.65Mbps
Ping値:11.53ms
契約期間2年/3年
月額料金3年:5,200円
2年:5,700円
契約事務手数料3,300円
開通工事費44,000円
※実質無料
セット割ソフトバンク
NUROモバイル
公式キャンペーン45,000円キャッシュバック
1年間月額料金割引
他社解約金負担
開通工事費実質無料

NURO光の通常プランは最大通信速度2Gbpsと他社の通常プラン(最大通信速度1Gbps)よりも速く、平均速度も下りが588.4Mbpsとかなり速い速度が出ています。

NURO光は「G-PON」(ジーポン)と呼ばれる伝送技術を活用しており、他社の回線と比較して通信速度が速く、NURO光独自の回線を利用しているため混雑するリスクも低くなり、通信が安定しやすい傾向にあります。

1年間の月額料金割引や他社違約金負担など、様々なキャンペーンを実施しているので、料金面でも大変お得です。

auひかり

auひかりのロゴ
エリア全国
(中部地方・関西地方・沖縄の一部地域を除く)
最大通信速度1Gbps
10Gbps
平均速度下り:486.36Mbps
上り:468.53Mbps
Ping値:15.72ms
契約期間2年/3年
月額料金5,610円~5,390円
3,740~5,500円
契約事務手数料3,300円
開通工事費戸建て:41,250円
マンション:33,000円
※実質無料
セット割au
UQ mobile
キャンペーン解約違約金相当額を還元
初期費用相当額を割引

auひかりも通信速度や通信の安定性に定評のあるサービスの1つです。一部地域を除いてほぼ全国で利用することができます。

auひかりも先ほどのNURO光と同様に独自の回線を利用しており、通信速度が安定しやすい傾向にあります。

通信速度は下りが486.36Mbpsと高速で、Ping値も15.72msとかなり低いためオンラインゲームを利用するのにも最適です。

auとUQ mobileとのスマホセット割もありますので、対象の方はスマホの月額料金を抑えることも可能です。

ソフトバンク光

ソフトバンク光のロゴ
エリア全国
最大通信速度1Gbps
10Gbps
平均速度下り:321.05Mbps
上り:267.5Mbps
Ping値:15.89ms
契約期間5年/2年
月額料金戸建て:4,290~6,930円
マンション:4,180円
契約事務手数料3,300円
開通工事費31,680円
※実質無料
セット割ソフトバンク
ワイモバイル
キャンペーン工事費無料
他社の違約金負担

ソフトバンク光も通信速度の速い光回線の1つです。

先ほど挙げたNURO光とauひかりのような独自の回線を利用した光回線と比較すると、少し通信速度は劣るものの、下り速度321.05Mbpsと快適にインターネットを利用することができる速度が出ています。

ただ、これだけ聞くとNURO光やauひかりの方が良いのではと思う方も多いでしょう。

しかしソフトバンク光は現在最も主流なNTT回線を利用しているため、新たに回線工事をする必要がなく、乗り換えが非常に簡単です(現在フレッツ光または光コラボを利用している方に限る)。

新たに回線を敷くNURO光とauひかりは、派遣工事が必要になってしまいますから、開通までに時間がかかってしまいます。

ぜひNTT回線で高速通信のソフトバンク光を検討してみてください。

コミュファ光(東海・長野)

エリア東海地方
(愛知、岐阜、三重、静岡)+長野
最大通信速度1ギガ:1Gb㎰
10ギガ:10Gb㎰
平均速度下り:580.32Mbps
上り:532.38Mbps
Ping値:14.83ms
契約期間2年
月額料金戸建て:2,980円~5,940円
マンション:2,450円~5,940円
契約事務手数料770円
開通工事費27,500円
※実質無料
セット割au
UQ mobile
キャンペーン45,000円キャッシュバック
光乗りかえキャンペーン
初期費用0円キャンペーン

東海、長野県にお住まいの方はコミュファ光がおすすめです。

中部電力の子会社が運営しており、NTTとは違って自社が所有する独自回線を利用してインターネットを接続しています。

通信速度を見ると、下りで580.32Mbpsと光回線でもトップクラスの速度が出ています。また、コミュファ光は「コミュファ光ゲーミングカスタム」というゲーマーの方をメインターゲットにした高速通信サービスも提供しており、通常のコミュファ光よりも通信速度が速く、オンラインゲームが快適に利用できるサービスがあります。ゲームが趣味の方はコミュファ光ゲーミングカスタムを選択することをおすすめします。

45,000円の高額キャッシュバックのほか初期費用0円キャンペーンも実施しているので、料金面でも大変お得です。

eo光(近畿・福井)

エリア近畿地方(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)+福井
最大通信速度1ギガプラン:1Gb㎰
5ギガプラン:5Gbps
10ギガプラン:10Gb㎰
平均速度下り:696.84Mbps
上り:580.43Mbps
Ping値:15.34ms
契約期間ホーム/メゾン:2年
マンション:1年
月額料金ホーム/メゾン:3,280円~6,530円
マンション:2,886円~
契約事務手数料3,300円
開通工事費29,700円
※実質無料(マンションの場合完全無料)
セット割au
UQ mobile
mineo
eo電気
キャンペーン商品券プレゼントキャンペーン
eo暮らしスタート割
違約金補填

近畿・福井県限定のeo光は今回紹介する光回線の中で最も通信速度が速く、大変おすすめなサービスです。下り速度が696.84Mbpsは圧巻ですね。

eo光は通常の1ギガプランのほか、5ギガプラン、10ギガプランがあります。プランが豊富なのも魅力的ですね。

関西電力の子会社「オプテージ」が運営しており、auとUQ mobileのほか、mineoのスマホもセット割の対象になります。

対象エリアにお住まいで速度にお悩みの方にはうってつけのサービスなので、ぜひ対象地域にお住まいの方で現在のサービスの速度に対して不満がある場合は、乗り換えを検討してみてください。

メガエッグ(中国)

メガエッグのロゴ
エリア中国地方(広島、岡山、山口、島根、鳥取)
最大通信速度1Gbps
平均速度下り:385.89Mbps
上り:325.74Mbps
Ping値:24.07ms
契約期間2年
月額料金ホームタイプ:5,170円~5,720円
メゾンタイプ:4,290円~4,620円
マンションタイプ:4,070円
契約事務手数料3,300円
開通工事費38,500円
※実質無料
セット割au
UQ mobaile
中国電力
キャンペーン20,000円キャッシュバック
新規加入割引
メガエッグ 乗換サポート

中国地方限定のメガエッグもおすすめの光回線です。

下り速度385.89Mbpsと通信速度が速く、ビデオ通話や動画視聴が快適に行える速度が出ています。

また20,000円のキャッシュバックやメガエッグ乗換サポートなどキャンペーンも充実しています。また中国電力を利用している方は、セット割も適用されるので、中国電力利用している方は特に光回線はメガエッグの利用を検討してみてください。

メガエッグは顧客満足度調査で中国地方ナンバーワンに輝くなど、ユーザーからの評判も高いサービスです。

ピカラ光(四国)

ピカラ光ロゴ
エリア四国地方(愛媛、香川、高知、徳島)
最大通信速度1ギガ:1Gb㎰
10ギガ:10Gb㎰
平均速度下り:502.15Mbps
上り:454.22Mbps
Ping値:18.56ms
契約期間2年
※通常プランはなし
月額料金ホーム:4,620円~7,370円
マンション:3,520円~6,050円
契約事務手数料0円
開通工事費0円
セット割ピカラモバイル
au
UQ mobile
キャンペーン30,000円キャッシュバック
初期費用0円キャンペーン
お友達紹介

四国地方限定のピカラ光は下り速度が502.15Mbpsとこちらの高速通信のサービスになります。通常の1ギガプランのほか、10ギガサービスも展開しています。オンラインゲームがお好きな方は10ギガプランを検討してみてもいいかもしれませんね。

ピカラ光は契約事務手数料と開通工事費がなんと0円。開通工事費は、2、3年利用して実質無料になるというわけではなく、キャペーンによって完全無料なになります。

30,000円のキャッシュバックもあるので、大変お得です。

BBIQ(九州)

エリア九州地方(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
最大通信速度1ギガコース:1Gbps
6ギガコース:6Gbps
10ギガコース:10Gbps
平均速度下り:466.21Mbps
上り:388.37Mbps
Ping値:25.22ms
契約期間BBIQつづけて割:3年
通常プラン:2年
月額料金ホーム:4,400円~6,160円
マンション:3,410円~6,270円
契約事務手数料880円
開通工事費39,600円
※実質無料
セット割九州電力
QTモバイル
au
UQ mobile
公式キャンペーン30,000円キャッシュバック
Web・電話お申込み限定特典
BBIQお友達紹介特典

九州限定の電力系光回線はBBIQです。

下り速度が466.21Mbpsと通信速度が速く、九州地区ではおすすめの光回線です。1ギガプラン、6ギガプラン、10ギガプランと3種類のプランを用意しています。

30,000円の高額キャッシュバックがもらえるほか、セット割も充実しており、九州地方で人気の高いサービスです。

まとめ

光回線が遅い、繋がらない場合の原因と対処法について紹介してきました。

ぜひ上記の原因が該当している場合は、それぞれの原因に合った対処法を実践してみてください。

対処法を試しても改善しない場合は、通信速度に定評のある光回線への乗り換えも検討してみてください。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ