光回線の機器や設備を解説-ONUやホームゲートウェイって一体なんなの?

光回線の機器と設備を解説

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

光回線を利用する際には、いくつかの機器や設備が必要です。機器の意味や使い方などを理解しておくとスムーズにインターネットに繋げることができます。

本記事では、光回線で利用する機器や設備を解説しています。

また一部の機器の紹介の際、快適にインターネットを利用するための「推奨スペック」も表記しています。ぜひ最後までご覧ください。

ネットのいろは編集部の写真

AUTHOR

ネットのいろは編集部

AUTHOR

ネットのいろは編集部

インターネット関連の情報をお届けする「ネットのいろは」の編集部です。光回線、モバイルルーターやスマホなどの情報を網羅的に発信しています。

もくじ

ONU

ONU

ONU(光回線終端装置)とは、自宅に引き込んだ光回線とパソコンやスマホといった通信機器の間に設置し、光信号をデジタル信号に変換する機器です。

ONUは「モデム」と役割がよく似ていますが、ONUは光回線に利用する機器で、モデムはケーブルテレビやADSL(デジタル加入者線)で利用する機器になります。

ONUは無料でレンタルすることができます。

ONU:光信号をデジタル信号に変換
モデム:アナログ信号をデジタル信号に変換

ルーター

ルーター

パソコンやスマホなどの複数の通信端末をインターネットに接続する機器のことです。

ルーターを利用すると、1つのインターネット回線で複数の通信端末をインターネットに接続することができます。

ルーターには「無線LANルーター」と「有線LANルーター」の2種類あります。

無線LANルーター

ケーブル不要でルーターと通信機器を接続できる無線通信(Wi-Fi通信)が可能です。

有線LANルーター

有線LANルーターは、インターネットを利用するのにLANケーブルを使い、ルーターと通信機器を接続することでインターネットを利用することが可能になります。

また、動画視聴やオンラインゲームを楽しみたい方は、高速通信対応の「IPv6」通信対応のルーターを選択するようにしましょう。IPv4対応のみ対応しているルーターに比べ、速度低下のリスクが低く、快適にインターネットが利用しやすくなります。

5,000円前後で購入することができます。

コンテキスト メニューあり

ホームゲートウェイ

ホームゲートウェイ

ホームゲートウェイは、ONU、ルーター、光電話、Wi-Fiなどの機能が一体となった機器のことです。

光回線でインターネットを利用するには基本的にONUとルーターが必要になりますが、ホームゲートウェイがあればONUやルーターは不要です。

ホームゲートウェイはレンタルすることができ、光電話に加入していると無料、未加入の場合でも300円前後でレンタルすることができます。

光ケーブル(宅内光配線コード)

光ケーブル

光ケーブルは、光信号をONUやホームゲートウェイと接続する際に利用するケーブルのことです。

光ケーブルには「シングルモード」と「マルチモード」の2種類あります。

光回線を快適に利用するには、「シングルモード」の光ケーブルを選択するようにしましょう。

シングルモードかどうかを判断するにはケーブルの色に注目しましょう。黄色のケーブルがシングルモードになります。

1,500円前後で購入することができます。

シングルモード

シングルモードは、単一周波数の光信号のみを伝送します。異なる周波数の信号がケーブル内を通らないため、伝送損失を最小限に抑えることができ、大容量通信に向いています。

基本的に光回線を利用する際はシングルモードの宅内光配線コードを利用します。

ケーブルの色は黄色です。

マルチモード

マルチモードは、複数種類の光信号を伝送することができます。シングルモードに比べて耐久性が高く、価格も安価です。

ただ、シングルモードに比べて光信号が分散しやすく、大容量通信には向いていません。

ケーブルの色はライトグリーンです。

LANケーブル

LANケーブル

LANケーブルは、ルーターやホームゲートウェイと通信機器を繋いでインターネット接続する際に利用するケーブルです。

現在の主流は無線接続であるものの、有線接続は無線接続と比較して電波干渉を受けにくく、通信の安定性に優れます。

有線でサイトの閲覧、動画視聴をしたいという方は、「カテゴリー6」の高速通信に対応したLANケーブルがおすすめです。

1,000円前後で購入できます。

光コンセント

光コンセント
引用元:BIGLOBE

光コンセントは、光回線(光ファイバーケーブル)とONUを繋ぐためのコンセントのことです(画像の右端の「光」と書いてある部分が差し込み口です)。

NTTの光コンセントでは「フレッツ光」「光コラボ」のサービスのみで利用でき、その他のサービスで利用するには別の光コンセントを設置しなければなりません。

光コンセントを新たに付ける場合は、設置工事が必要となり、工事費は15,000~30,000円ほどかかります。

光コンセントには「一体型タイプ」と「分離型タイプ」があります。

一体型タイプ

一体型タイプは、電気用コンセントと電話用モジュラーラック、テレビ用アンテナ端子などと光コンセントが一体となっています。

一体型タイプの場合、光コンセントは右端もしくは左端に設置されているケースが多く、縦長の凸状部分の下端に宅内光配線コードの差し込み口があります。

最近は一体型が主流です。

分離型タイプ

分離型タイプは、他のコンセントとは分離されて設置されています。

分離型タイプは、壁や床面に設置されているケースが多く、築年数が古い物件は分離型タイプであることがほとんどです。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ