楽天モバイルからポケット型Wi-Fiの新機種「プラチナバンド仕様」が登場!

楽天モバイルからポケット型Wi-Fiの新機種「プラチナバンド仕様」が登場!
※本記事に記載の金額はすべて「税込み」です

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

7月11日、楽天モバイルで大人気の「楽天Wi-Fiポケット」から、新機種が登場しました。

その名も「Rakuten WiFi Pocket Platinum(プラチナ)」。

Rakuten WiFi Pocket Platinum

名前にプラチナとつくとおり、待望の「プラチナバンド仕様」となっています。

リリースに先駆けて、ネットのいろはでは楽天Wi-Fiポケット新機種の情報を分かりやすくまとめました。

旧モデルのレビューなども手掛けている当メディアだからこその観点で、解説しています。

「プラチナバンドって何?」
「旧モデルとの違いは?」

など、事前に知っておきたい情報をまとめているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

Rakuten WiFi Pocket Platinumをチェックする>>

↓旧モデルのレビューも併せてチェック

鈴木 浩一の写真

AUTHOR

鈴木 浩一

AUTHOR

鈴木 浩一

フリーランスでWebライターとメディア運営活動をおこなったのち「ネットのいろは」の専属ライターに。mineoとpovoのデュアルシムで1,000円台の格安スマホを使う。モットーは「お得な情報をどこよりもわかりやすく」

もくじ

新モデル「Rakuten WiFi Pocket Platinum」が7月11日にリリース

Rakuten WiFi Pocket Platinum
引用:楽天モバイル

冒頭でもお伝えしたとおり、楽天モバイルから新モデル「Rakuten WiFi Pocket Platinum」が登場しました。

まずは、新モデル(プラチナ)の特徴と、旧モデルに違いについて解説します。

Rakuten WiFi Pocket Platinumとは
  • 最大の特徴
    └プラチナバンドに対応していること
  • 旧モデルとの違い
    └通信速度の期待値とディテール

最大の特徴は「プラチナバンド」に対応していること

6月24日にプラチナバンドを始動

まず、最大の特徴として「プラチナバンド」に対応していることが挙げられます。

そもそも、プラチナバンドとは、700MHz~900MHzの周波数帯のことを指します。

業界ではNTTドコモ・KDDI・ソフトバンクがプラチナバンドサービスを提供していますが、ついに楽天でも提供開始しました。

今回の一件で、楽天もついに3大キャリアの仲間入りを果たしたことになります。

楽天を入れて「4大キャリア」と呼ばれる日もそう遠くないかもしれませんね。

プラチナバンドの特徴は、以下のとおりです。

プラチナバンドの特徴
  • 電波の届く距離が長い
    └田舎家山間部でも電波が届く(かも)
  • 障害物に強い
    └家やビルなど「屋内」でも電波が届く
  • 干渉が起きにくい
    └無線通信と干渉しにくく通信が安定する

これまでの楽天モバイル(ポケット型Wi-Fiも含む)は、山の中や高層階のビルでは繋がりにくいと言われていました。

しかし、今回のプラチナバンドサービス提供により、旧モデルのデメリットを改善できるのでは?と期待されます。

旧モデルとの違いは「通信速度の期待値」と「ディテール」

楽天Wi-Fiポケットの旧モデル
旧モデル「Rakuten WiFi Pocket 2C」

プラチナと旧モデルとの大きな違いは「通信速度の期待値」です。

ここで、通信速度にまつわるスペックを比較してみます。

旧モデル新モデル(プラチナ)
ダウンロード速度150Mbps150Mbps
アップロード速度50Mbps50Mbps
Wi-Fi企画IEEE 802.11 b/g/nIEEE 802.11 b/g/n
周波数帯2.4GHz700MHz~900MHz

通信速度にまつわるスペックの違いは、周波数帯のみ。

プラチナバンドに対応しているかどうかの違いだけです。

のちに解説しますが、新旧モデルの料金プランや端末代金に差はありません。

つまりは、まったく同じスペック・料金でプラチナバンドが利用できることになります。

ここはプラチナの大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

形状は引き続きコンパクトに

また、ディテールはこれまでの旧モデルより丸みを帯びたデザインに。

サイズ感は若干横幅が狭くなったことにより、持ち運びの点でもプラチナが優勢に。

旧モデル新モデル(プラチナ)
高さ64.8mm65mm
107.3mm96.5mm
厚さ15mm15.3mm
重さ約107g103g

とはいえ、幅は-10.8mm、重さは-4g程度の差です。

正直なところ感覚的にはそこまで差は感じないかもしれません。

結論、同じスペックでプラチナバンドを利用できるなら、新モデル「プラチナ」を使ったほうがいいでしょう。

Rakuten WiFi Pocket Platinumをチェックする>>

旧モデルでは叶わなかった「安定性」は手に入るか

今回登場した新モデル「プラチナ」により、旧モデルでは実現できなかった「安定性」は手に入るのでしょうか。

ネット回線専門メディアの運営者としての見解をここにまとめました。

結論、劇的な変化は感じられない気がする

結論ですが、劇的な通信速度の変化はないのでは?と感じています。

プラチナバンドの導入ですが、NTTドコモが2006年に導入した当時「通信品質が向上した」と世間では言われていました。

しかし、蓋を開けてみると地域によってバラつきがあることも分かり、その明確な向上度合いは測れません。

基地局とルーターの間にある障害物に強くなることで、比較的スピードの向上は見込めるかと思います。

しかし、そもそもポケット型Wi-Fi自体の速度はせいぜい10Mbps~40Mbps程度

これがプラチナバンドになることで向上したとしても、体感で速さの違いが分かるか…は疑問視されます。

ビルの上層階や地下鉄での通信速度改善には繋がるか

一方で、「通信の安定性」においては少なからず期待してもいいのではと思います。

おさらいになりますが、プラチナバンドの特徴は以下のとおりです。

プラチナバンドの特徴
  • 電波の届く距離が長い
    └田舎家山間部でも電波が届く(かも)
  • 障害物に強い
    └家やビルなど「屋内」でも電波が届く
  • 干渉が起きにくい
    └無線通信と干渉しにくく通信が安定する

上記のとおり、旧モデルで苦戦を強いられた場面でも改善が見込めそうなメリットがあります。

とくに、ビルの高層階やトイレなどの個室、地下鉄などでは繋がりにくさを感じた方も多くいました。

楽天Wi-Fiポケットの速度を実際に計測した画像
レビューで計測した速度※地下鉄

参考:楽天ポケットWi-Fiユーザーの200人レビュー

そんな繋がりにくい場面でも、プラチナバンドによって改善が見込める可能性は高いでしょう。

コスパがよく、通信速度もそれなりに出た旧モデル。

さらに「安定性」が備わったら、新モデルは唯一無二のポケット型Wi-Fiになるのではないでしょうか。

Rakuten WiFi Pocket Platinumをチェックする>>

「Rakuten WiFi Pocket Platinum」のスペック

最後に、新モデル「プラチナ」のスペックを紹介します。

「最大通信速度」や「料金プラン」を確認し、そもそも用途に合うかどうかチェックしておきましょう。

最大通信速度

スクロールできます
サービス名最大通信速度下りの実測値上りの実測値Ping値の実測
楽天モバイルルーターのロゴ下り:150Mbps
上り:50Mbps
28.03Mbps23.62Mbps53.8ms
5G CONNECT下り:3.9Gbps
上り:183Mbps
116.52Mbps20.89Mbps42.9ms
縛られないWiFi下り:440Mbps
上り:150Mbps
9.11Mbps6.57Mbps57.3ms
カシモWiMAX下り:4.2Gbps
上り:286Mbps
48.16Mbps9.71Mbps45.55ms
BIGLOBE WiMAX下り:3.9Gbps
上り:183Mbps
73.91Mbps22.2Mbps45.68ms

※旧モデルの参考値
みんなのネット回線速度を参照

新モデル「プラチナ」の最大通信速度は、旧モデル同様で下り:150Mbps・上り:50Mbpsです。

表に記載している実測値は旧モデルのため、あくまで参考程度になります。ここからどれだけ速くなるかが見ものですね。

料金プラン

使用ギガ数月額料金
~3GB1,078円
~20GB2,178円
20GB以上3,278円

新モデル「プラチナ」は、楽天もモバイルの「最強プラン」が提供されます。

データ容量無制限で3,278円は、業界でも最安値。

他のポケット型Wi-Fiと比較すると、その安さがより伝わるでしょう。

スクロールできます
サービス名月額料金端末代金契約期間/違約金
楽天モバイルルーターのロゴ3,278円1円
※楽天最強プラン
なし
5G CONNECT4,500円無料(レンタル)2年/最大4,727円
縛られないWiFi3,960円無料(レンタル)なし
カシモWiMAX4,378円実質無料なし
BIGLOBE WiMAX1~2年目:3,773円
3年目以降:4,928円
27,720円なし

さらに、最強プランで契約すると端末代金1円になります。

新モデル「プラチナム」の最強プラン
新モデルでも端末1円で購入可能!

しかもレンタルではないため、返却不要。契約期間の縛りもないため、解約金0円。

料金面では右に出るものがいない、唯一無二の最強プランです。

ぜひこの機会に、新モデル「プラチナ」を楽天最強プランで試してみてください。

Rakuten WiFi Pocket Platinumをチェックする>>

ペンギン

ピッタリな回線が見つかる!

回線診断

ピッタリな回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ