iPhone15の価格はいくら?安く買う方法も解説します

iPhone15の価格は?安く買う方法も解説する記事のアイキャッチ

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

Appleの最新スマホ「iPhone15」がいよいよ発売されます。

毎年新しい端末に乗り換えている方はもちろん、数年前の端末を使っている方も、新しい端末に乗り換える良いタイミングではないでしょうか。

ただ、半導体不足や円安などの影響を受けiPhone端末価格が年々上昇しており、手を出しづらくなっているという側面があります。できれば安い価格でiPhone15を買いたいですよね。

そこでこの記事では、最新のiPhone15の価格と安く買う方法について紹介していきます。

神谷孝志の写真

AUTHOR

神谷孝志

AUTHOR

神谷孝志

新卒で一般企業に就職したのち、インターネット回線を扱うライターに転向。複数の通信系メディアの立ち上げ・運営を経験し、現在では"ネットのいろは"で情報を発信中。記事作成のモットーは「ユーザーファースト」

もくじ

iPhone15の価格表

まず、iPhone15の端末価格について見ていきましょう。

Apple Storeで販売されているiPhone15シリーズの端末価格は以下の通りです。

iPhone15 128GBの価格
端末価格
iPhone1512万4,800円
iPhone15 Plus13万9,800円
iPhone15 Pro15万9,800円
iPhone15 Pro Max18万9,800円

一番安価なiPhone15であっても、12万を超える価格となっています。

前モデルのiPhone14と比べてもかなり値上がりしています。これはスペックが向上したのに加えて、世界的な半導体の不足や円安が影響していると考えられます。

どれぐらい値上がりしているのか従来モデルとの価格を具体的に比較してみましょう。

Apple StoreにおけるiPhone価格
端末端末価格
iPhone11
(64GB)
7万4,800円
iPhone12
(64GB)
8万5,500円
iPhone13
(128GB)
9万8,800円
iPhone14
(128GB)
11万9,800円
iPhone15
(128GB)
12万4,800円

近年はどんどんiPhoneの価格が上昇していることが分かります……。

しかし、返却プログラムや下取りを利用すると、購入するときの価格はグッとやすくなります。最新端末を半額程度で買えることも珍しくありません。詳しくは「iPhone15を安く買う方法」で解説しています。

iPhone15の価格表【キャリア別】

iPhone15はApple Storeだけでなくドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのキャリアショップでも買うことができます。

キャリアショップで買う場合の価格も気になりますね。各キャリアのiPhone15シリーズの端末価格を見てみましょう。

端末価格
iPhone1514万9,490円
iPhone15 Plus16万8,740円
iPhone15 Pro19万2,060円
iPhone15 Pro Max23万6,940円
※容量:128GB

キャリアで購入する場合、Apple Storeで販売される価格に比べて高くなっています。iPhone15の端末価格を比較すると、キャリア内で一番安い楽天モバイルでさえも、Apple Storeの価格より1万円以上高いことが分かります。

ただ、返却プログラムや下取りサービスを利用する場合には、どのキャリアを利用してもApple Storeより安く買うことができますよ。

返却プログラムや下取りサービスについては以下で解説しています。

iPhone15を安く買う方法

改めてiPhone15の端末価格を見て、買うのを迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ただ、ここで紹介する方法を参考にすることで、iPhone15を半額以下で買える可能性もあります。

それぞれ見ていきましょう。

返却プログラムを利用する

返却プログラムとは、購入した端末を指定期間内に返却することで、端末価格の一部を肩代わりしてもらえるというサービスです。

スマホは「購入する」というイメージが強いですが、返却プログラムを利用して「リース感覚」で乗り換えることで、結果的に安く買えることになります。

返却プログラムはキャリアショップごとに実施されており、基本的に回線契約をしていなくても利用できます。(Apple Storeでは実施されていません)。

キャリア返却プログラム方式
ドコモいつでもカエドキプログラム残価設定方式
auスマホトクするプログラム残価設定方式
ソフトバンク新トクするサポート半額免除型
楽天モバイル買い替え超トクプログラム半額免除型
★一番安く買えるキャリア
キャリア返却プログラム利用時の
端末価格
ドコモ75,570円
au71,760円
ソフトバンク74,640円
楽天モバイル70,392円

最新端末であるiPhone15でも、ここで紹介するプログラムを利用することができます。ぜひプログラムを活用して、iPhone15を安く買いましょう。

ドコモ:いつでもカエドキプログラム

いつでもカエドキプログラム1
※引用元:ドコモ公式サイト

ドコモの「いつでもカエドキプログラム」とは、23ヶ月目以内にスマホを返却することで、24ヶ月目の支払代金(残価)が免除になるプログラムです。

ドコモ公式サイトには端末価格が105,500円の端末を購入し、23ヶ月目に返却した場合の例が掲載されていました。

いつでもカエドキプログラム2
※引用元:ドコモ公式サイト
端末価格①105,500円
残価②48,000円
支払額①-②57,500円
分割支払額1~23ヶ月目2,500円
24~47ヶ月目免除
※端末購入翌月が1ヶ月目

23ヶ月目までの分割代金は安いですが、24ヶ月目の残価は高額に設定されていますね。その残価が免除になるため、結果的に端末を安く購入できることになります。

また、iPhone15シリーズを購入し、23ヶ月目に返却した場合の支払額を見てみましょう。

端末価格①149,490円
残価②73,920円
支払額①-②75,570円
分割支払額1~23ヶ月目3,285円
24~47ヶ月目免除
※端末購入翌月が1ヶ月目
※データ容量128GBの場合

どの機種であってもほぼ半額の価格で買えることになります。スマホを返却する必要はあるものの、これほど安く買うことができれば乗り換えもしやすくなりますね。

プログラムを適用するには、dポイントクラブ会員である必要があります。

→ドコモの返却プログラムを見る

au:スマホトクするプログラム

auのスマホトクするプログラム
※引用元:au公式サイト

auの「スマホトクするプログラム」は、25ヶ月目以内にスマホをに返却することで、25ヶ月目の支払代金(残価)が免除になるプログラムです。

ほとんどドコモと同じようなプログラムですが、少しだけ違いがあります。

  • ドコモでは端末購入翌月が1ヶ月目なのに対して、auでは端末購入当月が1ヶ月目であること
  • auは残価が設定されている25ヶ月目(ドコモでいう24ヶ月目)に返却しても免除される

auのプログラムでは25ヶ月目は分割代金がかかりません。そのため、25ヶ月目に返却する場合、最後の1ヶ月間はスマホを0円で所有できるということになります。

auでiPhone15シリーズを購入し、25ヶ月目に返却した場合の支払額を見てみましょう。

端末価格①145,640円
残価②73,880円
支払額①-②71,760円
分割支払額1ヶ月目0円
2~24ヶ月目3,120円
25ヶ月目~免除
※端末購入当月が1ヶ月目
※データ容量128GBの場合

iPhone15やiPhone15 Plusであれば半額以下の価格で買うことができます。iPhone15 ProやiPhone15 Pro Maxは半額にはなりませんが、かなり安く買えることが分かりますね。

ちなみに、auのオンラインショップで購入すると「au Online Shop お得割」が適用され、端末価格から割引されます。auのオンラインショップを利用することで、よりiPhone15を安く買うことができますよ。

お得割の割引額
新規-11,000円
乗り換え-22,000円
機種変更-5,500円

こちらのプログラムは誰でも利用することができます

→auの返却プログラムを見る

ソフトバンク:新トクするサポート

新トクするサポート1
※引用元:ソフトバンク光公式サイト

ソフトバンクの「新トクするサポート」は、25ヶ月目以降にプログラムの申し込み&端末を返却をすることで、それ以降の分割代金が免除になるプログラムです。

当プログラムを適用するために、端末の支払回数は48回を選択しましょう。48回以外を選択してしまうと、こちらのプログラムは適用できないため注意してください(支払回数の選択は購入画面に進むと選択できます)。

ここでソフトバンクでiPhone15シリーズを購入し、25ヶ月目にプログラムの申し込み&端末を返却した場合の支払額を見てみましょう。

端末価格①145,440円
免除額②70,800円
支払額①-②74,640円
分割支払額1~24ヶ月目3,110円
25ヶ月目~免除
※端末購入翌月が1ヶ月
※データ容量128GBの場合

25ヶ月目に手続きをすると、半額に近い価格で購入できることになります。ただ、iPhone15シリーズをより安く買うのであれば、このあと紹介する楽天モバイルがおすすめです。

こちらのプログラムは誰でも利用することができます

→ソフトバンクの返却プログラムを見る

楽天モバイル:買い替え超トクプログラム

楽天モバイル「買い替え超トクプログラム」は、25ヶ月目以降に端末を返却することで、それ以降の分割代金が免除になるプログラムです。

ソフトバンクと同様に、こちらもプログラムを適用するには端末の支払い回数を48回払いにする必要があります。

プログラム内容はソフトバンクと似ているのですが、楽天モバイルではプログラムの申し込みを端末購入と同時に行えます。ソフトバンクではプログラムを申し込み忘れる心配がありますが、楽天モバイルでは忘れずにプログラムへ申し込みできるでしょう。

25ヶ月目に迎える返却期限は忘れないようにしてくださいね。

ここでもiPhone15シリーズを購入し、25ヶ月目に端末を返却した場合の支払額を見てみましょう。

端末価格①140,800円
免除額②70,408円
支払額①-②70,392円
分割支払額1~24ヶ月目2,933円
25ヶ月目0円
26ヶ月目~免除
※端末購入当月が1ヶ月目
※データ容量128GBの場合

25ヶ月目に端末を返却した場合は、およそ半額でiPhone15を買えることになります。

もともとの端末価格が4キャリアの中で最安値な上に返却プログラムによって半額になるため、キャリアで買うなら楽天モバイルが一番安くiPhone15を買えますよ。

iPhone15をより安く買いたいという方には楽天モバイルをおすすめします。

楽天モバイルは、プログラムに対して3,300円の手数料がかかります。

→楽天モバイルの返却プログラムを見る

端末を下取りに出す

現在お使いの端末を下取りに出すことで、最新端末を安く買うことができます。

下取りとは?

現在所有しているものを売却し、新しく別のものを購入するための資金に充てること

下取りサービスはどのキャリアでも行っており、下取りしてもらう端末によっては7万円ほど安く最新端末を購入できることも。

ただ、残念ながら先ほど紹介した返却プログラムとの併用ができません(※楽天モバイルを除く)。ご自身がお持ちの端末の下取り額と比較して、より安く買える方を選びましょう。

では、実際に下取りに出すとどれぐらい割引されるのでしょうか。キャリアごとにまとめましたのでご覧ください。

iPhone13
128GB
iPhone13 Pro
128GB
iPhone13 Pro Max
128GB
ドコモ47,000円57,000円77,000円
au44,000円50,600円55,000円
ソフトバンク43,200円54,000円57,600円
楽天46,990円56,790円64,000円
※下取り価格は不良等がない「良品」の場合を掲載しています

返却プログラムではどのキャリアを利用しても7万円ほど安くなりますが、iPhone13シリーズの下取り額は最高で7万円程度です。

そのため、返却プログラムを利用する方が、最新端末を安く買うことができる可能性が高いです。

端末によっては10万円近くの下取価格になることもあるので、お持ちのスマホがいくらで買い取られているのかネットで調べてみるのがおすすめです。
→ゲオのオンラインストアで買取価格を査定する

〇楽天モバイルだけは併用可能

楽天モバイルだけは返却プログラムと下取りサービスを併用することができます。

現在お持ちのスマホを下取りに出すことで、返却プログラムで半額になったスマホから、さらに値引きされ安く買うことができます。

また、返却プログラムと下取りサービスを併用することで、楽天ポイント5,000ptが還元されます。端末が安く買えるだけでなく、楽天ポイントももらえる太っ腹なサービスですね。

申し込むキャリアにこだわりがないのであれば、楽天モバイルで下取り&端末購入するのがおすすめですよ。

楽天モバイルでスマホを購入や下取りする場合でも、回線契約は不要です。

Apple Storeでも下取り可能

Apple Storeで実施している下取サービスを利用することで、iPhone15を安く買うことができます。

キャリアではなくApple Storeで購入したいという方は、こちらの下取りサービスを利用しましょう。端末の種類や状態によっては10万以上で下取りしてくれることも。高額で下取りしてもらえれば、キャリアよりも安くiPhone15が買える可能性もあります。

では、具体的にどのぐらいの価格で下取りしてくれるのでしょうか。公式サイトに載っている下取価格を見てみましょう(公式サイトでは”最大”表記となっており、お持ちの端末の状態によって減額になることがあります)。

端末下取価格
iPhone11最大33,000円
iPhone11 Pro最大38,000円
iPhone11 Pro Max最大42,000円

Apple公式サイトでは、お持ちのスマホがいくらで下取りしているのか見積もることができます。オンラインで手軽に調べられるので、Apple Storeでの購入を検討している方は試してみてくださいね。

→Apple公式サイトで下取価格を調べる

リサイクルショップなどでも高価買取してくれる

楽天モバイル以外のキャリアやApple Storeで端末を購入する方で、今お持ちのスマホが不要だという方は、リサイクルショップなどに持っていくことで高価買取してもらえますよ。

参考までに、有名なリサイクルショップである「ゲオ」での買取価格を見てみましょう。

キャリア買取価格
(iPhone14 シリーズ)
ドコモ46,800円~153,600円
au
ソフトバンク
楽天

買取価格に関して、キャリアの下取りサービスとほとんど変わりません。端末によっては10万円以上で買い取っている実績もありました。特にProやPro Maxは10万円以上で買い取ってくれる可能性が高いです。

また、ゲオではスマホの買取価格を20%アップするキャンペーンを開催中です。仮に買取価格が100,000円であれば、120,000円に増額されます。

ゲオの買取アップキャンペーン
※引用元:ゲオ公式サイト

このキャンペーンを利用することでキャリア越えの買取価格が提示されるかもしれませんよ。店頭はもちろん、ネットからも簡単に申し込めるのでぜひ活用してくださいね。

→ゲオの買取サイトを見る

こちらのキャンペーンは11月5日までの期間限定です。

格安SIMに乗り換えるとさらにお得になる

ここまでは、iPhone15を安く買う方法について紹介してきました。

さらに格安スマホプランに乗り換えることで、端末代金だけでなく通信費も節約できます。端末を買い替えるタイミングで、スマホプランも見直してみてはいかがでしょうか。

おすすめの格安スマホプランを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

楽天モバイル|iPhone購入でポイント還元

楽天モバイルの新プラン「Rakuten最強プラン」
※引用元:楽天モバイル公式
エリア全国
(人口カバー率99.9%)
データ容量楽天回線:無制限
パートナー回線:無制限
月額料金~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
以降:一律3,278円
契約事務手数料0円
契約期間・違約金なし

乗り換えるのにおすすめの格安スマホプランは「楽天モバイル」です。

楽天モバイルは使用したデータ容量によって月額料金が変動します。3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、20GB超過後は3,278円で使い放題です。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」の料金
※引用元:楽天モバイル公式

データ使用量が少ない方からとても多い方まで、誰もが満足できるプランとなっています。

また、iPhoneと同時購入することで楽天ポイントが還元されます。

iPhoneを同時に購入する方にピッタリのキャンペーンが用意されていますね。返却プログラム&下取りサービス&楽天ポイント還元で、端末代金だけでなく通信費がお得になりますよ。

まとめ|iPhone15を一番安く買う方法は?

この記事では、iPhone15の価格や安く買う方法について紹介してきました。

Apple Storeやキャリアの価格やプログラムを比較した結果、一番安く買えるのは「楽天モバイル」です。

楽天モバイルは端末価格や安く販売されるうえ、返却プログラムと下取りサービスが併用できるためです。さらに楽天ポイントが還元されるため、iPhone15をかなり安く購入できます。

また、楽天モバイルのスマホプランも無制限でお得に利用できるので、乗り換えも検討してみてくださいね。

最後まで見ていただきありがとうございます。この記事を見ていただいた方が、iPhone15シリーズを1円でも安く買うことができれば幸いです。

【番外編】iPhone14は値下がりで安く買える?

iPhone史上初めてチタン素材やUSB Type-Cが採用されたiPhone15が発売されたことにより、旧モデルとなったiPhone14の価格は安く買えるようになりました(※)。

実際にどれぐらい安くなったのか見ていきましょう。

※Apple Storeにおいて、iPhone14 ProとiPhone 14 Pro Maxは販売停止しています

容量値下げ前値下げ後
128GB11万9,800円11万2,800円
256GB13万4,800円12万7,800円
512GB16万4,800円15万7,800円

値下げ前の価格と比較してみると、iPhone14は7,000円安くなり、iPhone 14 Plusは1万円安くなっています。最新端末にそこまで興味がない方や、USB Type-Cが必須でない方にとっては、端末価格が安くなったiPhone14が狙い目かもしれません。

「iPhone15シリーズが高すぎて手が出ない……」という場合は、値下がりしたiPhone14も検討してみてくださいね。

先ほど紹介した返却プログラムを利用する場合は、iPhone15の方が圧倒的に安く買えますよ
→各キャリアの返却プログラムを見る

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ