1. ホーム
  2. 光回線
  3. auひかり
  4. auひかりをマンションで使うには?お得なキャッシュバックやスマホ割も解説
最終更新日:2022/04/14

auひかりをマンションで使うには?お得なキャッシュバックやスマホ割も解説

「auユーザーはauひかりがお得と聞いたけれど、本当にお得なの?」
「auひかりを使いたいけれど、対応マンションじゃないと利用できないの?」

通信速度が速く、割引などのキャンペーンが充実していると評判のauひかり。マンションで利用するには、既にauひかりを導入しているマンションが対象となります。マンションによって加入できるプランが決まっているため、月額料金や通信速度の速さが気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事ではプランごとの料金や速度はもちろん、お得な特典やキャッシュバックの受け取り方法なども紹介します。
加えて申し込み時の手続きや、マンションオーナーへの許可についても解説していますので、契約前の参考にしてはいかがでしょうか。

この記事のもくじ

【結論】auユーザーかつauひかり導入済みマンションならauひかりがお得!

auひかりが提供するプランの中でも「auひかりマンション」は、集合住宅に住んでいる人を対象としたプランです。auひかりは独自回線を使用しており、比較的混雑しにくいのが特徴。

さらにauユーザーであれば「auスマートバリュー」の対象となり、スマートフォンの料金に割引が適用されます。「料金も速度も重視したい」と考えているなら、きっと満足できるはず。

ただし集合住宅に住んでいるからといって、誰でも使えるわけではありません。対応しているのはauひかりに対応した「光装置」や「各部屋への配線」といった設備が整っている集合住宅になります。そのため自分の住まいが対応しているかを、あらかじめ調べる必要があります。

auひかりマンションをお得に利用できる人
  • auのスマートフォンを使っている人
  • auひかりに対応した「光装置」や「各部屋への配線」が整っている集合住宅に住んでいる人、またはauひかり導入済みの集合住宅へ引っ越す予定の人

auひかりとは?

auひかりはKDDIが提供する独自の光回線です。戸建てプランの「auひかりホーム」と、集合住宅向けの「auひかりマンション」があります。「auひかりマンション」はプランが分かれており、対象となる集合住宅が決まっています。

auひかりの概要
  • KDDIの独自回線を利用した光回線
  • auひかりホーム:6,160円(税込)~
  • auひかりマンション:3,740円(税込)~
  • auのスマートフォンユーザーなら「auスマートバリュー」でスマホ料金が割引

当社調べの口コミによる評価を総合すると、auひかりの平均満足度は「4.07」です。ドコモ光の「3.80」やソフトバンク光の「3.47」と比較しても、満足度の高い光回線と分かります。

auひかりマンションと他社の光回線との違いは?

マンションで利用できる光回線は、auひかり以外にもあります。例えばフレッツ光を利用している光コラボの「ドコモ光」や「ソフトバンク光」です。他社の光回線とauひかりでは、料金や速度にどのような違いがあるのでしょうか?

auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光の3社を料金と速度で比較してみましょう。

光コラボの特徴
  • 光コラボレーション事業者が展開するサービス
  • NTTから光コラボレーション事業者が光回線を借り受け、自らのサービスと組み合わせ提供している
  • 回線とプロバイダが一つになっているため契約は1本でOK

auひかりと他社の光回線との料金を比較

まずは月額料金を比較してみましょう。
光回線のプランは、おもに2年や3年などの定期契約と、契約期間に定めのないプランに分けられます。ここではauひかりのプランにある2年定期契約と、契約期間の定めなしの2種類で比較をしました。

光回線 2年定期契約 契約期間の定めなし
auひかり 4,455円(税込) 4,455円(税込)
ドコモ光 4,400円(税込) 5,500円(税込)
ソフトバンク光 4,180円(税込) 5,390円(税込)

※auひかりは「マンション ギガ」、ドコモ光は「1ギガ タイプA」、ソフトバンク光は「マンション・ギガスピード/マンション・スーパーハイスピード」
※2021年8月時点

auひかりの月額料金をドコモ光・ソフトバンク光と比較すると、わずかに高く設定されていますが、他社と同水準の料金といえます。一方契約期間の定めがない場合には、最も高額なドコモ光と比べると1,000円以上安い料金であることがわかりました。

auひかりマンションは、都合に合わせて選びやすいプランもある光回線といえます。

auひかりと他社の光回線との速度を比較

先ほど月額料金を比較した、auひかりの「マンション ギガ」、ドコモ光の「1ギガ タイプA」、ソフトバンク光の「マンション・ギガスピード/マンション・スーパーハイスピード」は、どれも最高速度が1Gbpsです。そのため同程度の速さがある光回線といえます。

bpsとは
  • bpsは1秒間に運べるデータ量を表したインターネットの速さを表す単位
  • 1Gbpsは1秒間に1GBのデータを運べるという意味
    ※1Gbps=1,000Mbps

1Gbpsは技術上の最大値のため一般的な利用環境で必ず出るとは限りません。ただし下記に示す目安では、100Mbps出ていればオンラインゲームもスムーズにできます。どの光回線を選んでも「遅い」と感じることはないでしょう。

快適に利用するために必要な速さの目安
  • インターネットサイトの閲覧:1~10Mbps
  • HD動画視聴:2.5~5Mbps
  • 4K動画視聴:20Mbps
  • オンラインゲーム:30~100Mbps

auひかりは独自回線を使用しているため、他社の光回線と異なり混雑を避けやすいのが特徴。スピードを重視して光回線を選びたい人にとって魅力的な選択肢といえます。

auユーザーが利用できるスマホ割「auスマートバリュー」

auユーザーは、スマホ代の月額料金が割引になる「auスマートバリュー」を利用することができます。対象のプランを契約していると、最大1,100円(税込)も安くなります。

同居している家族はもちろん、50歳以上であれば別々に住んでいる家族のスマホ料金も対象になります。例えば同居の家族4人と、別に住んでいる50歳以上の両親が全員auユーザーの場合、最大で6,600円(税込)の割引を受けられる仕組みです。

プラン 割引額
ピタットプラン 5G1GB超~7GBまで 550円(税込)
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)1GB超~7GBまで
使い放題MAX 5G ALL STAR パック 1,100円(税込)
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G
ピタットプラン 5G(s)2GB超~20GBまで 550円(税込)
ピタットプラン 4G LTE(s)2GB超~20GBまで

※受付終了プランは除外
※2021年8月現在

月々の通信費が安くなるため、auユーザーには見逃せない特典です。

auひかりマンションの種類は?プランの違いを解説

auひかりマンションのプランは、配線方式の違いなどによって異なり、全部で8種類に分かれています。お住まいの集合住宅がどのプランに対応しているかによって、契約できるプランが異なるので、住んでいるマンションや引っ越し先のマンションがどのタイプなのかを知り、詳細を確認した上で申し込みを行いましょう。

対応するプランは「提供エリア検索」で調べられる

自宅の集合住宅がどのプランに対応しているかは、公式サイトの「提供エリア検索」で調べられます。下記の手順に沿って必要事項を入力するだけで簡単に対応しているプランが分かりますよ。

提供エリア検索の手順
  1. 住戸タイプで「マンション/アパートなど」を選ぶ
  2. 郵便番号を入力し「エリアを確認する」をクリックする
  3. 続きの住所を選択する
  4. 表示された利用可能な集合住宅から住まいの建物を選ぶ

表示された集合住宅の中に自宅が入っていなければ、auひかりマンションに対応していない集合住宅です。他にも「申し込みをして調べてもらう」「auショップで調べてもらう」といった方法で、どのプランに対応しているか把握できますよ。

対応するプランの調べ方
  • 「提供エリア検索」で調べる
  • auひかりマンションに申し込みして調べる
  • auショップで調べてもらう

8つのプランのスピードをチェック! 速度について口コミも紹介

8つのプランは最高速度が異なります。プランごとの速度は下記の通りです。
どのプランでも100Mbps以上の最高速度が出るため、サイトの閲覧・動画視聴・オンラインゲームなど、一般的な使用であればスムーズにできます。

プランごとの速さの違いは、集合住宅に設置されている光装置と各部屋をつなぐ配線によって決まります。各部屋まで電話回線でつなぐプランより、棟内LANや光ファイバーでつなぐプランの方が、速度が安定し速くなりやすい傾向です。

プラン 速度 光装置と配線
タイプG G契約:下り664Mbps/上り166Mbps
V契約:下り100Mbps/上り100Mbps
光装置から電話線で各部屋へつなぐ
タイプV 下り100Mbps/上り100Mbps 光装置から電話線で各部屋へつなぐ
都市機構 下り100Mbps/上り100Mbps 光装置から電話線で各部屋へつなぐ
都市機構G DX-G:下り664Mbps/上り166Mbps
DX:下り100Mbps/上り100Mbps
光装置から電話線で各部屋へつなぐ
タイプE 下り100Mbps/上り100Mbps 光装置から棟内LANで各部屋へつなぐ
タイプF 下り100Mbps/上り100Mbps 光装置から光ファイバーで各部屋へつなぐ
マンション ギガ 下り1Gbps/上り1Gbps 光装置から光ファイバーで各部屋へつなぐ
マンション ミニギガ 下り1Gbps/上り1Gbps 集合住宅に光装置は置かず光ファイバーで直接各部屋へつなぐ

またauひかりマンションは、混雑している回線を避けて通信ができる「IPv6」に対応しています。そのためIPoE方式で接続でき、インターネットの通信速度が速くなる仕組みです。申し込みや特別な設定は不要で、月額利用料もかかりません。

IPv6とは

IPv6とは次世代のインターネット接続方式のこと。 従来は「IPv4」という接続方式が主流になっていましたが、IPv4は利用者が増えると回線が混雑しやすく、速度が遅くなってしまいます。それに対して「IPv6」は混雑している回線を避けて通信ができるため、利用者が増えても安定した通信が可能になります。

実際にauひかりを利用しているユーザーの口コミをチェックしてみましょう。当社調べの口コミを紹介します。

auひかりの速度に関する口コミ
  • オンラインゲームでも止まることなく進めるので快適だし、動画もスムーズなので見やすくてストレスを感じません。固まるようなこともなく、利用しやすいです。いろいろと待たずに済むので快適にインターネットができてよかったです。(専業主婦/43歳)
  • 動画配信サイトをよく視聴していますが、特に回線が悪いと感じたことはあまりありません。ただ、たまに読み込みに少し時間がかかる場合がありますが、それ程気になるレベルではありませんので、長い間auひかりを利用しています。(会社員/29歳)
  • 最高画質1080pにしてもほとんど止まることはありません。壁やドアを介しても影響は今のところありません。確かに時間帯によっては少し遅い時もあります。朝方や日中は大丈夫ですがいわゆる夜のゴールデンタイムは少しだけ遅いかなと思います。(事務職/男性)

口コミをチェックしても、多くは「満足」という内容です。時間帯によって遅く感じることもあるようですが、全体的に「スムーズに使用できる」と感じているユーザーが多いと分かります。

月額利用料金はいくら?8つのプランで異なる料金を確認

8つのプランはそれぞれ料金が異なります。住んでいる、もしくは引っ越し先の集合住宅では料金がいくらになるか、確認した上で契約しましょう。

プラン 料金
タイプG お得プラン:4,730円(税込)
標準プラン:5,940円(税込)
タイプV お得プランA:4,180円(税込)
標準プラン:4,180円(税込)
都市機構 お得プランA:4,180円(税込)
標準プラン:4,180円(税込)
都市機構G お得プラン:4,730円(税込)
標準プラン:5,940円(税込)
タイプE お得プランA:3,740円(税込)
標準プラン:3,740円(税込)
タイプF お得プランA:4,290円(税込)
標準プラン:4,290円(税込)
マンション ギガ お得プランA:4,455円(税込)
標準プラン:4,455円(税込)
マンションミニギガ お得プランA:5,500円(税込)
標準プラン:5,500円(税込)

※お得プラン:2年単位で自動更新。解約・プラン変更には契約解除料10,450円(税込)が必要。
※お得プランA:2年単位で自動更新。解約・プラン変更などは契約解除料7,700円(税込)が必要。
※標準プランは契約期間の定めなし
※2021年8月時点

「お得プラン」「お得プランA」は2年単位で自動更新があるプランです。定められた期間以外の解約やプラン変更には契約解除料がかかるため注意しましょう。短期間だけ契約する予定の場合は、契約期間の定めがなく契約解除料なしで解約やプラン変更ができる「標準プラン」がおすすめです。

当社では実際にauひかりを利用しているユーザーの口コミを調査しました。料金についてユーザーの実感が分かる口コミをチェックしてみましょう。

料金についての口コミ
  • 7年前にフレッツからスマホ含めて乗り換え。価格は安くなった。その当時は、キャッシュバックも大きかったのをよく覚えています。よく、他社の営業電話がかかってきますが、安くなりますと言うが、スマホ含めて考えると全く安くならないので、今の状況に満足しています。(会社員/男性)
  • auのスマホを使っているのでauスマートバリュー適応でスマホの利用料金から1000円割引されるのでお得に使えていいと思います。速度も早く繋がりにくいとか動作が重いとかもないので今の料金でも満足しています。(主婦/女性)
  • キャンペーン期間は割引も効いて安く利用することができましたが、そのキャンペーンも終わると利用料金は跳ね上がりました。しかし他社の光回線と比べても飛び抜けて高いというわけではありませんでしたので、キャンペーンが終わって後もauひかりを利用し続けています。(自営業/男性)

料金についての口コミでは、auのスマホユーザーからの満足度が比較的高い傾向です。「auスマートバリュー」の割引が受けられるため、スマホ代と合わせると節約になっているという人が多いでしょう。

一方キャンペーン終了後はauひかりの割引がなくなり、割高になってしまったという人もいます。ただし他社と比べると料金は同水準で、使い続けているようです。

乗り換えに便利な特典も!

auひかりでは、他社の光回線から乗り換えるときに発生する、解約違約金をサポートしてくれるキャンペーンなどを実施しています。

ここからは、余計な出費を抑えるだけでなく、キャッシュバックを受け取る方法について詳しく説明していきます。

最大30,000円還元「auひかり乗りかえスタートサポート マンション」

公式キャンペーンとして行われているのは「auひかり乗りかえスタートサポート マンション」です。他社の光回線やモバイルルーターを契約していた人が、auひかりへ乗り換えるとき、定められた条件を満たすことで解約違約金相当額の還元を最大30,000円受けられます。

適用条件
  • 他社固定インターネットやモバイルルーターからの乗り換え
  • auひかりのインターネットと電話へ新規申し込み
  • 24ヶ月以上利用
  • 対象プロバイダでの契約(au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-net、Asahi Net、DTI)
  • 申し込み月を含めて12ヶ月以内に「スタートサポート共通申請書」「他社違約金を証明できる書類」を郵送

※※2021年8月時点

30,000円は現金でまとめて受け取れるわけではありません。最大10,000円はau Pay残高へのキャッシュバック、最大20,000円は月額利用料金から1ヶ月に1,000円ずつ割引されます。

さらにスマホをauにすると「auスマートバリュー特典」も受けられます。毎月1,000円が最大10ヶ月auPay残高へキャッシュバックされ、最大10,000円を受け取ることができます。

お得なプロバイダも紹介!「とくとくBB」は最大81,000円キャッシュバック

プロバイダとは
  • 回線とインターネットをつなぐための接続事業者
  • インターネットを使うには、光回線の他にプロバイダが必要
  • auひかりは光回線とプロバイダが一体になった光コラボのため、1本の契約のみでOK

プロバイダによるキャッシュバックキャンペーンはさまざまなものが実施されています。プロバイダごとに比較してみましょう。全てマンションタイプのプランに適用されるキャッシュバック金額です。

プロバイダ キャッシュバック
とくとくBB 最大51,000円
@nifty 30,000円
DTI 38,000円
au one net 10,000円 ※au Pay残高へチャージ

※2021年8月時点

比較すると「とくとくBB」はキャッシュバックの金額が大きいプロバイダと分かります。キャッシュバックをau Pay残高へのチャージで受け取るか、郵便局で現金に交換できる郵便為替で受け取るか選べるのもポイントです。

比較した中で特にお得な「とくとくBB」について見ていきましょう。「とくとくBB」でauひかりマンションを申し込むと、最大81,000円のキャッシュバックを受けられます。「とくとくBB」限定で受けられるキャシュバックの金額は「auひかり電話」への加入状況と、お得プラン・お得プランA・標準プランのいずれかの契約で決まります。

プラン auひかり電話 キャッシュバック額
お得プラン 加入 51,000円
未加入 41,000円
お得プランA 加入 51,000円
未加入 41,000円
標準プラン 加入 20,000円
未加入 10,000円

※※2021年8月時点

さらに「auひかり乗り換えスタートサポート」の適用により、最大30,000円のキャッシュバックも受け取れます。

適用条件
  • 他社固定インターネットやモバイルルーターからの乗り換え
  • auひかりのインターネットと電話への新規加入
  • 24ヶ月以上の継続利用
  • 申し込み月を含めて12ヶ月以内に「スタートサポート共通申請書」「他社違約金を証明できる書類」を郵送

※2021年8月時点

キャッシュバックを含む特典総額を比較すると「とくとくBB」より高額なプロバイダがあります。特典総額が最大10万を超えるプロバイダもあるほどです。しかし内訳をチェックすると、オプションの無料分が加算されているケースもあります。

最初は無料のオプションも、無料期間が終わると通常通りオプション料金が請求されるため、急に月額料金が高額になり驚くこともあるでしょう。

申し込み~工事までの手続きは?開通までの流れや注意点をチェック

auひかりマンションを契約するには、先ほどお伝えした通り「とくとくBB」から申し込むのがおすすめです。「とくとくBB」からの申し込みはWebで行います。申し込みから2~3日程度でKDDIから電話がかかってくるため、工事日を決定しましょう。

工事日が決定すると2週間ほどで、必要な書類や機器が届きます。光回線工事には立ち会いが必要になるため必ず立ち会える日を設定しましょう。

申し込み~工事までの手順
  1. Webで申し込み:「エリア検索・料金診断」から進み、必要な情報を入力して申し込む
  2. KDDIからの電話で工事日決定:日程調整の電話がかかってきたら工事日を決定
  3. 書類や機器が自宅へ届く:必要な書類や機器は工事日の決定後2週間程度で届く
  4. 工事:立ち会いのし工事が完了するとインターネットが開通

auひかりマンションの対応物件ならオーナーの許可は不要

集合住宅にauひかりマンションの光装置が設置されているなら、光回線工事の実施に許可はいりません。オーナーや管理会社へ連絡せず、そのままWebで申し込めます。

「提供エリア検索」やauショップで調べてもらった結果、必要な光装置が設置されていない集合住宅であれば、auひかりマンションは利用できません。それでもauひかりへ申し込むには、戸建て向けのauひかりホームで契約します。

この場合にはオーナーや管理会社へ工事の許可をもらえれば導入可能です。ただし集合住宅は最上階が「3階まで」が状況になっています。

オーナーの許可の要・不要
  • auひかりマンションに対応している:不要
  • auひかりマンションに非対応でホームの契約を希望している:必要

まとめ

auひかりマンションは対応している集合住宅で利用できる光回線のプランです。契約できるのは集合住宅が導入しているプランに限られます。また特にauのスマホを使っている人からは、速度・料金ともに口コミが良好です。「auユーザー」で「住まいの集合住宅がいずれかのプランに対応している」場合は、特徴も理解したうえで契約を検討してみてください。

主な特徴
  • 集合住宅で利用できる光回線で、8つのプランのうち集合住宅が導入しているプランを契約できる ・
  • 集合住宅がauひかりマンションに対応しているかは「提供エリア検索」やauショップで調べられるauユーザーはauスマートバリューの対象でスマホ代もお得
  • プロバイダは高額キャッシュバックの「とくとくBB」がおすすめ
  • auひかりマンション対応物件なら工事の許可は不要
公開日:2017/04/05