1. ホーム
  2. 光回線
  3. ビッグローブ光
  4. ビッグローブ光の回線速度を徹底調査!本当に速いおすすめの光回線も紹介
公開日:2017/03/24
最終更新日:2021/07/16

ビッグローブ光の回線速度を徹底調査!本当に速いおすすめの光回線も紹介

ビッグローブ光の回線速度は速いの?
ビックローブ光より速度が速い光回線はどれ?

など、ビッグローブ光の利用を検討しているものの、速度に不安や疑問を持っている人も多いはずです。

そこで今回は、ビックローブ光の回線速度について徹底調査。速度の実測値や利用者の口コミ、他の光回線と比較した結果をお伝えします。また、本当に速いおすすめの光回線も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ビッグローブ光×NEXT
ビッグローブ光×NEXT
  • 新規申込みで最大57,800円お得
  • 最短2ヵ月後にキャッシュバック
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大2,200円オフ
この記事のもくじ

ビッグローブ光の基本情報!こんな人におすすめ

最初にビッグローブ光の提供エリアや料金プランなどの基本情報を確認しておきましょう。

提供エリア 全国
最大通信速度 下り・上り:最大1Gbps
戸建て(ファミリータイプ) 月額料金 2年プラン:5,698円
3年プラン:5,478円
集合住宅(マンションタイプ) 月額料金 2年プラン:5,698円
3年プラン:5,478円
開通工事費用 2年プラン:4,488円
3年プラン:4,378円
事務手数料 3,300円
違約金 3年プラン:22,000円
2年プラン:10,450円
※料金は全て税込

選ぶプロバイダによって、さまざまなキャンペーンや特典が用意されています。例えば、ビッグローブ光正規代理店のNEXTでは、次のような高額キャッシュバックキャンペーンがあります。(2021年6月時点)

キャンペーンタイプ キャンペーン金額(税込)
キャンペーン① 最大44,000円分※1
キャンペーン② 最大57,800円分※2
※1 新規申し込みで35,000円キャッシュバック、ビッグローブ光電話に同時加入で4,000円、ビッグローブ光テレビに同時加入で5,000円
※2 新規申し込みで29,000円キャッシュバック、工事費19,800円分割引、ビッグローブ光電話に同時加入で4,000円、ビッグローブ光テレビに同時加入で5,000円(ファミリータイプ、3年契約プラン)

また、auのスマホユーザーはビッグローブ光と契約すれば次のセット割りが適用されます。

サービス名 割引額(税込)
auスマートバリュー auスマホの月額料金が最大1,100円割引
auセット割 ビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引

上記のセット割を受けるには光回線の契約とは別に申し込みが必要です。また、ビッグローブ光のプラン、auスマホのプランによって割引額が異なります。

ビッグローブ光×NEXT
ビッグローブ光×NEXT
  • 新規申込みで最大57,800円お得
  • 最短2ヵ月後にキャッシュバック
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大2,200円オフ

ビッグローブ光は光コラボのひとつ

ビッグローブ光は「光コラボ」のひとつです。光コラボとは、NTTが提供する「フレッツ光回線」とインターネット接続に必要な「プロバイダ」を一体型にしたサービスです。

光コラボには次のようなメリットがあります。

  1. フレッツ光+プロバイダで契約するより、月額料金が安くなることが多い
  2. 支払いや各種手続きの窓口を1本化できる

独自回線を利用しているauひかりやNURO光とは異なり、フレッツ光回線を使用しているため、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsが上限です。

工事不要で乗り換えできる場合もある

現在、フレッツ光か他の光コラボサービスを利用している人は、工事不要でビックローブ光への乗り換えが可能です。

ビックローブ光は、auのスマホ割や通信速度が速くなるIPv6に対応しています。auユーザーでスマホ割に対応していない光回線を使っている人、通信速度に満足できない人は乗り換えを検討するのも良いでしょう。

これまでお伝えしてきたことをまとめると、ビッグローブ光がおすすめなのは以下のような人です。

  • auスマホとの割引サービスを利用したい人
  • 高額キャッシュバックがあるプロバイダを探している人
  • フレッツ光や他の光コラボから工事なしで乗り換えたい人

ビッグローブ光の回線速度の実測値は?他社と徹底比較

先ほどもお伝えしたとおり、ビッグローブ光はフレッツ光と光コラボと同様に最大通信速度は「1Gbps」です。ただし、最大通信速度はあくまで理論上の数字であり、この速度が出ると保証されているわけではありません。

主な光回線の最大速度と実測値を比較すると、以下のとおりです。

光回線 最大速度(理論値) 実測値平均
上り 下り 上り 下り
ビッグローブ光 1Gbps 1Gbps 170.97Mbps 223.24Mbps
NURO光 1Gbps 2Gbps 407.07Mbps 461.73Mbps
auひかり 1Gbps 1Gbps 290.94Mbps 367.4Mbps
ドコモ光 1Gbps 1Gbps 181.07Mbps 224.8Mbps
ソフトバンク光 1Gbps 1Gbps 172.66Mbps 260.44Mbps
フレッツ光 1Gbps 1Gbps 175.75Mbps 224.37Mbps

出典:みんなのネット回線速度(2021年4月17日から過去3ヵ月の平均実測値)

他の光回線と比較すると、ビッグローブ光は通信速度が格別速いサービスとは言えません。しかし、ドコモ光やフレッツ光ネクストなどの大手サービスと同程度の速度は出ており、特別に遅いわけではないこともわかります。

実際にビッグローブ光の利用者が投稿している口コミを確認すると、速度に対する評価は分かれています。

良い口コミがある一方で、次のような悪い口コミも目立ちました。

ビッグローブ光×NEXT
ビッグローブ光×NEXT
  • 新規申込みで最大57,800円お得
  • 最短2ヵ月後にキャッシュバック
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大2,200円オフ

ビッグローブ光の速度で悪い評判が目立つ理由

他の光回線と実測値平均を比較してもわかるように、ビックローブ光の回線速度は決して遅いわけではありません。ではどうして、ビッグローブ光の速度についての悪い口コミが目立つのでしょうか。

光回線の速度が決まる要因を解説

ビッグローブ光の速度の悪い口コミが多い理由を理解するには、まず光回線の速度が決まる主な要因について知る必要があります。光回線やプロバイダ選びの参考にもなるので、確認しておきましょう。

NTT回線と独自回線のどちらを使っているか

光回線はNTTが提供する回線か、その他の独自回線かによって速度が異なります。これは、通信規格や回線の混雑状況が異なるからです。

例えば、独自回線を使っているNURO光は下りの最大速度が2Gbpsと、NTT回線よりも速い回線速度を実現しています。先ほどの実測平均値の比較でも、他の光回線よりも速い速度を記録していることが確認できました。

NTT回線は提供エリアが広く利用者が多いことから、混雑しやすい傾向にあります。独自回線は提供エリアが限定されていて、NTT回線より利用者が少ないため混雑が起こりにくいです。これも、独自回線の速度が速い理由のひとつです。

ただし回線速度は、エリアや利用環境によって異なるので一概にどちらが優れているとは言い切れません。

IPoE方式に対応しているか

IPoE方式に対応しているかどうかも光回線の速度に大きな影響を与えます。「IPoE」は、IPv6でのみ利用できる接続方式です。一方で、従来の接続方式はIPv4で使われてきた「PPPoE」でした。

2つの違いを道路に例えると、IPoEはPPPoEよりも道幅が広いです。そのため、IPoEは混雑(アクセスが集中する場所)を避けてスムーズに通信が行えます。つまり、回線速度が速くなるのです。

通信速度を重視する人は、プロバイダがIPoEに対応していかの確認を忘れないようにしましょう。

戸建てか集合住宅か

同じ光回線で同エリアでも戸建てと集合住宅で、回線速度が異なる場合があります。

マンションやアパートなどの集合住宅では、建物に引かれた1本の光ファイバーケーブルを、各部屋に分配しています。光回線を分け合って使うため、住んでいる人が多いほど通信速度が落ちてしまうのです。

マンションやアパートでは、夜間に通信速度が遅くなる場合が多いと言われています。夜間はインターネット利用が増える時間帯なので、建物内での回線の混雑が起こっているからです。

戸建ては1本の光ファイバーケーブルを独占して利用するため、集合住宅と比較すると通信速度が安定しています。

ビッグローブ光の速度が平均実測値よりも遅くなる原因

ビッグローブ光が遅いと感じている人は、平均実測値よりも速度が下回っています。ここでは、平均実測値よりも速度が遅くなる原因について解説していきます。

IPv6オプションに申し込んでいない

ビッグローブ光は「IPv6オプション」を利用すると回線速度が速くなります。逆に言えば、このオプションなしでは速度が速くなりません。

ビッグローブ光では初期費用・月額費用なしでIPv6オプションの利用が可能なので、回線速度を速くするために申し込んでおきましょう。

IPv6接続、IPv6オプションの適用状況を確認したい場合は以下のサイトを参考にしてください。

参考:ビッグローブ光 IPv6オプションを正しく利用できているか確認したい

時間帯によって速度が遅いときがある

ビッグローブ光は利用する時間帯によって、平均実測値より遅くなることがあります。時間帯別の平均実測値は以下のとおりです。

時間帯 下り 上り
306.96Mbps 190.97Mbps
271.58Mbps 198.26Mbps
夕方 241.56Mbps 188.85Mbps
215.7Mbps 168.24Mbps
深夜 290.46Mbps 192.49Mbps

出典:みんなのネット回線速度(2021年4月17日から過去3ヵ月の平均実測値)

利用者が多い夜間になると、速度が低下する傾向にあります。時間帯によって落差が大きいことも、遅いイメージに繋がっているのかもしれません。ただし、これはビッグローブ光に限らず別の光コラボでも起こることです。

回線速度が遅いと感じたら?原因と対処法を紹介

光回線の回線速度は利用環境によって大きく変化します。利用環境による速度の低下は、自分で改善できる場合もあります。ここでは「回線速度が遅い」と感じた時に考えられる原因と対処法を紹介していきましょう。

ネットワーク機器を再起動してみる

回線速度の改善方法でもっともシンプルなのが、ONUやルーターなどのネットワーク機器の再起動です。

ネットワーク機器などの精密機器は、利用していれば不具合や不調が起こるものです。この不具合や不調が再起動によりリセットされて直ることがあります。

まずはネットワーク機器の電源を切ってアダプタを抜いてください。そして、5〜10分程度の時間を置いたら、逆の手順で電源を入れていきましょう。これにより、回線速度が改善されることがあります。

ネットワーク機器を買い替える

Wi-FiルーターやLANケーブルの性能が悪いことも、速度低下の原因になります。回線速度が常に遅いという場合は買い替えを検討しましょう。

Wi-Fiルーター選びは、無線LANの通信規格が重要です。ルーターによって最大速度が異なるので、光回線の速度を生かすために「IEEE802.11ax」か「IEEE802.11ac」を選びましょう。

LANケーブルを選ぶ時に注目するのは「カテゴリ」という区分です。数字で区分されており、数字が大きくなるほど対応できる速度も大きくなります。

ビッグローブ光の性能を最大限に活用するには、最大速度1Gbpsまで対応している「カテゴリ6」以上が必要です。

使用していない端末への接続をオフにする

接続する台数を減らすことで、速度が向上する場合もあります。Wi-Fiルーターには推奨接続台数があり、余裕がないと通信速度が下がることがあるからです。

現在はパソコンやスマホだけでなく、ゲーム機や家電も自動的に接続されることがあるので、予想以上に通信負荷が大きくなっている場合も考えられます。

使用していない端末の接続をオフにして、使っている端末だけをネットに接続してください。

回線速度はどれくらい必要?使用方法別まとめ

光回線を選ぶ時には、回線速度の確認は欠かせません。しかし、主にインターネットで何をするかで必要な通信速度は異なります。

普段どんなことにインターネットを使っているかを考え、必要な通信速度を把握しておきましょう。

使用用途 必要な通信速度
動画視聴【超高画質(4K)】 15〜30Mbps
オンラインゲーム 5〜10Mbps
動画視聴【高画質(HD)】
スマホアプリのダウンロード
3〜5Mbps
動画視聴【標準画質】
Webページの閲覧
音声通話【skype・Messengerなど】
1〜3Mbps
LINE・メール送受信 1Mbps

一般的なインターネットの使用用途であれば、ビッグローブ光の平均実測値でも十分であるとわかります。

速度が遅いという声が目立つビッグローブ光ですが、基本的には利用していて大きなストレスを感じることはないはずです。

ビッグローブ光よりお得に使える光回線は多くある

ビッグローブ光の速度について詳しく紹介してきました。ビッグローブ光は、NURO光を除く他の光回線と同等の通信速度が計測されています。そのため、基本的には普段のインターネット利用で大きな不満を感じることはないでしょう。

速度を重視したい人ならNURO光が最有力となりますが、対応エリアが限定されているので利用できない人も多いです。また、他の光回線でも速度は十分なため、料金を優先して選ぶのがおすすめです。

主な光回線の月額基本料金(税込)を比較してみましょう。

光回線 戸建て マンション
ビッグローブ光
(3年プラン)
5,478円※3年契約 4,378円※3年契約
NURO光
(3年プラン)
5,200円
auひかり 6,160円 4,180円
ドコモ光
(2年定期契約・プランA)
5,720円 4,400円
ソフトバンク光
(2年契約プラン)
5,720円 4,180円
フレッツ光ネクスト 6,270円 4,235円
※東日本エリアでYahoo! BBスタンダードプランの場合

ビッグローブ光の月額料金が安いように見えますが、ドコモ光とソフトバンク光には、スマホ割があります。そのため、ドコモユーザーはドコモ光、ソフトバンクユーザーはソフトバンク光を選んだ方がお得です。

auユーザーは、ビックローブ光で「auスマートバリュー」「auセット割」が適用されます。

しかし、auひかりならスマホ割以外にも「auひかり 電話サービス」「auひかり テレビサービス」などの組み合わせも選べます。これを踏まえると、auユーザーはauひかりを選ぶのが無難でしょう。

ただし、auひかりは対応外のエリアも多いです。ビッグローブ光は全国対応のため、auひかりが対応外のauスマホユーザーにはおすすめです。

以上のように利用しているスマホや住んでいる地域によって、安く利用できる光回線は異なります。この記事を参考に光回線を比較して、自分がもっともお得に利用できるサービスを選んでください。

NURO光
NURO光×So-net
最大通信速度 月額料金
下り2Gbps 5,200円(税込)~
キャッシュバック 工事費
45,000円 実質無料

おすすめポイント

  • 2021年7月より新プランG2D・G2T登場
  • 公式特設ページから申し込みで45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費は月額基本料金から割引(実質無料)
公式特典45,000円キャッシュバック

詳細を確認する!

ドコモ光×OCN
ドコモ光×OCN
最大通信速度 月額料金
1Gbps 5,720円(戸建て)
キャッシュバック 工事費
20,000円 無料

おすすめポイント

  • 申込で20,000円キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 光回線とスマホをドコモにまとめるとスマホの月額料金がお得
20,000円キャッシュバック

詳細を確認する!

SoftBank 光×NEXT
SoftBank 光×NEXT
最大通信速度 月額料金
1Gbps 5,720円(戸建て)
キャッシュバック 工事費
最大37,000円 乗り換えなら実質無料

おすすめポイント

  • 最短2ヵ月後に最大37,000円キャッシュバック
  • 他社回線から乗り換え限定で初期工事費最大24,000円相当が実質無料
  • 他社違約金や撤去工事費を最大100,000円まで全額負担
37,000円キャッシュバック

詳細を確認する!