1. ホーム
  2. 光回線
  3. ドコモ光×ビッグローブは遅い?通信速度や料金、サービスを徹底解説

ドコモ光×ビッグローブは遅い?通信速度や料金、サービスを徹底解説

「ドコモ光のプロバイダはビッグローブが遅いって本当?」
「ビッグローブ光とプロバイダのビッグローブって何が違うの?」

光回線やWiMAX、格安SIMでお馴染みのビッグローブですが、ドコモ光のプロバイダサービスも行っています。

プロバイダの中でも月額料金が安いタイプAで、高速通信が安定して使えるv6プラスにも対応しています。

しかし、ネット上の口コミでは「ビッグローブは遅い」という声も見受けられます。

そこで今回の記事では、ドコモ光のプロバイダでもあるビッグローブについて徹底解説通信速度や月額料金に関するメリット・デメリットやビッグローブ光との違いについても紹介します。

ドコモ光のプロバイダ|ビッグローブの概要

まずはドコモ光でビッグローブ光を利用した際の概要を見ていきましょう。

<ドコモ光×ビッグローブ概要>
対象エリア 全国
タイプ A
月額料金 マンション:4,400円
戸建て:5,720円
スマホセット割 ドコモの月額料金最大3500円割引
工事費 無料
契約期間 2年
最大速度 1Gbps
下り通信速度実測値※ 291.63Mbps
接続方式 IPoE
IPv4 over IPv6
Wi-Fiルーター 無料レンタル
セキュリティ マカフィー(最大12ヶ月間無料)
10ギガプラン 提供なし
違約金 マンション:8,800円
戸建て:14,300円
キャッシュバック なし

※出典:「みんなのネット回線速度」(5/8日時点)

ドコモ光の月額料金は大きく分けて2種類あり、それぞれに金額が異なります。
ビッグローブは月額料金の安い料金プラン「タイプA」です。

スマホセット割も利用でき、ドコモのギガプランであれば毎月最大1,100円、「カケホーダイ&パケあえる」なら毎月最大3,850円の割引が受けられます。

新規工事費は完全無料で、「みんなのネット回線速度」によると下り平均速度は約300Mbpsと優秀な数値を記録しています。

その他にも、IPv4 over IPv6対応やWi-Fiルーター無料レンタル、セキュリティソフト最大12ヶ月無料など、お得な特典が豊富に揃っています。

ビッグローブのメリット・デメリット

ドコモ光のプロバイダ メリット デメリット
ビッグローブ
  • 月額料金が安いタイプA
  • ドコモスマホとのセット割引がある
  • 高速通信サービス「V6プラス」に対応
  • ルーターがレンタル無料
  • セキュリティ対策ソフトが1年間無料
  • 訪問サポートが初回無料
  • キャッシュバックがない
  • 10ギガプランを利用できない

ドコモ光×ビッグローブのメリット・デメリットは上記の通りです。

では、メリットとデメリットについて1つずつ詳しく見ていきましょう。

メリット1:月額料金が安いタイプA

ドコモ光では選んだプロバイダによって「タイプA」「タイプB」の2つから加入するプランが決まります。

プロバイダにビッグローブを選ぶと安い月額料金でドコモ光が利用できます。

プロバイダの種類 月額料金 プロバイダの種類
戸建て マンション
タイプA 5,720円 4,400円 17
タイプB 5,940円 4,620円 6

タイプAとタイプBで月額220円の差があり、年間だと差額が2,640円になり、長期的には無視できない金額になるため、通信費をより安くしたい方はタイプAが選べるビッグローブがおすすめです。

メリット2:ドコモスマホとのセット割引がある

ドコモ光スマホ割

ドコモ光に加入するとドコモスマホとのセット割「ドコモ光セット割」が適用されます。

ドコモのギガプラン(ギガホ、ギガライト)に加入している方であれば、家族全員のスマホ料金が毎月最大1,100円割引されます。

また、「カケホーダイ&パケあえる」に加入している方なら、加入プランに応じて毎月110円〜3,850円の割引が適用されます。

※「カケホーダイ&パケあえる」は2019年5月31日にて新規受付終了

スマホ代の割引がずっと続くので通信費を大幅に節約することができますし、家族のドコモスマホも割引の対象に含まれるので非常にお得です。

メリット3:「IPv6オプション」により高速通信が可能!

IPv6とIPv4の違い

ドコモ光×ビッグローブを選ぶとIPv6接続(IPoE方式)が利用できます。

高速通信が安定して利用できるIPv6接続を利用すれば、混雑する時間帯の影響を受けずに快適にネットを利用できます

さらに、IPv4接続でしか対応していないサイトでも利用可能な「v6プラス(IPv4 over IPv6)」にも対応しているため、スペックだけでなく利便性も十分です。

IPv4接続のままだと回線の混雑によって通信速度が低下して「光回線なのに遅い」と不満が溜まってしまいますが、IPv6に対応していれば問題は起きないでしょう。

なおIPv6オプションはドコモ光の開通後に自動的に設定されるため、こちら側で手続きや設定を行う必要がありません。

メリット4:ルーターがレンタル無料

ドコモ光×ビッグローブであれば、IPv6接続(IPv4 over IPv6)に対応した高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできます。

一般的にWi-Fiルーターは有料でレンタルするか市販品を購入するかのどちらかになりますが、ビッグローブならば費用負担なくレンタルできます。

Wi-Fiルーターのレンタルには別途申し込みが必要なので、申し込み手続きと併せて行っておきましょう。

メリット5:セキュリティ対策ソフトが1年間無料

セキュリティ対策ソフトの「BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光」が最大12ヶ月無料(13ヶ月目以降は月額550円)です。

こちらのセキュリティ対策ソフトでは、主に以下の3つの対策が可能です。

  • ウイルス対策
  • ネット詐欺対策
  • 迷惑メール対策

システムの脆弱性を突かれたり、ウイルスへの感染したりするのを防止するため、OSやソフトウェアを自動でアップデートする機能や、フィッシングサイトなどの偽サイトへのアクセスに対して警告を表示することもできます。

怪しいURLやウイルス感染のリスクがあるファイルが添付された迷惑メールを検知して自動的に振り分ける「メールウイルスチェック」も可能なので、不用意なリスクから端末や個人情報を守ることもできるでしょう。

メリット6:訪問サポートが初回無料

ルーターなどの接続機器や初期設定、メールやWebサービスの利用の仕方がわからず不安な方でも、ビッグローブなら訪問によるサポートが初回無料です。

<無料サポート内容>
  • インターネットの接続設定(1台)
  • BIGLOBEメール設定(1アカウント)
  • ドコモテレビターミナルの基本設定
  • ひかりTV for docomo/dTV/dTVチャンネル/dアニメストア/DAZN for docomoの視聴設定(1回まで)

さらに、電話によるサポートは何回でも無料で受けられます。
インターネットの利用や操作に不安がある人は、ぜひビッグローブの訪問サポートを利用してみてください。

デメリット1:キャッシュバックがない

ドコモ光×ビッグローブでは、新規申し込みによるキャッシュバック特典はありません。

他のプロバイダでは最大20,000円キャッシュバックなどを用意しているところもあるため、ビッグローブはお得感に欠けてしかうかもしれません。

キャッシュバック特典がある主なプロバイダ
プロバイダ キャッシュバック
GMOとくとくBB
  • 最大20,000円
  • dポイント2,000pt
@nifty
  • 20,000円
  • dポイント2,000pt
ぷらら
  • 15,000円
  • dポイント2,000pt

キャンペーンで得られる特典については他社のプロバイダでも共通して用意されていることが多いので、キャッシュバック重視でプロバイダを選ぶ場合はビッグローブ以外から選んだ方がいいでしょう。

デメリット2:10ギガプランを利用できない

ドコモ光では最大速度10Gbpsの「10ギガプラン」を提供していますが、ビッグローブは対応していません。

<ドコモ光10ギガ対応プロバイダ>
  • ドコモnet
  • ぷらら
  • GMOとくとくBB
  • andline
  • ic-net
  • hi-ho
  • BB.excite
  • エディオンネット
  • AsahiNet

1ギガプランでも下り平均250〜300Mbps程度の通信速度は出るため、オンラインゲームや動画の視聴など十分快適に利用できます。

しかし、より高いスペックの光回線を利用したい場合はドコモ光10ギガに対応したプロバイダを選んでみてください。

ビッグローブは本当に遅い?気になる通信速度実測値の調査結果

ネットではビッグローブの通信速度が遅いというコメントが見受けられますが、実際はどうなのでしょう。

通信速度の実測値を調べてみました。

<ドコモ光23社プロバイダの通信速度実測値TOP10>

順位 名称 下り平均速度
1位 TNC 366.14Mbps
2位 ドコモnet 314.43Mbps
3位 TiKiTiKi 311.1Mbps
4位 エディオンネット 310.87Mbps
5位 AsahiNet 300.45Mbps
6位 ビッグローブ 291.63Mbps
7位 GMOとくとくBB 289.89Mbps
8位 ぷらら 278.69Mbps
9位 SYNAPSE 276.92Mbps
10位 OCN 271.8Mbps

※出典「みんなのネット回線速度」(5/8日現在)

表の通り、ドコモ光のプロバイダ全23社中で4番目に速い平均速度を記録しており、実測値の結果を見ると「速いプロバイダ」といえます。

ネット上ではネガティブな口コミが目立つ傾向にありますが、実態とは異なるケースも多いので注意してください。

また、通信速度が遅くなる原因としては、IPv6対応のルーターを使っていなかったというケースが考えられるため、無料レンタルが可能なIPv6対応Wi-Fiを申し込むのを忘れないようにしましょう。

ドコモ光とビッグローブ光の違いとは?

ビッグローブでは、光回線の「ビッグローブ光」も提供されているのですが、ドコモ光×ビッグローブとは以下の点で違いがあります。

ドコモ光×ビッグローブ ビッグローブ光
プロバイダ ビッグローブを含む24社 ビッグローブのみ
月額料金※ 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,478円
マンション:4,378円
スマホセット割 ドコモ最大3500円割引 au最大1100円割引
BIGLOBEモバイル最大220円割引
UQ mobile最大858円割引
v6プラス 対応 対応
ルーター 無料 1年目:無料
2年目以降:月額550円

ビッグローブ光の方が月額料金が200円程度安いですが、ドコモ光はWi-Fiルーターのレンタルが無料で利用できます。

ビッグローブ光のWi-Fiルーター無料は1年のみで2年目以降は月額550円の有料になるため、2年以上利用する場合はドコモ光の方が安くなります

またドコモ光が「工事費用完全無料」なのに対し、ビッグローブ光は「実質無料」な点がポイントです。

完全無料 工事費が完全に無料になる。
実質無料 工事費を分割払いで支払い、毎月の支払い分が割引されることで実質的に無料になる仕組み。

※完済前に解約すると割引が消えて残債が請求される。

スマホセット割については「ドコモ光×ビッグローブ」はドコモスマホ、「ビッグローブ光」はau、UQモバイル、BIGLOBEモバイルが割引の対象なのでお使いのスマホに応じて選ぶといいでしょう。

通信の品質についてはどちらも光コラボでフレッツ光の回線設備を利用しているため、通信速度などについては大きな違いはありません。

ドコモ光×ビッグローブの申し込み方法

ドコモ光×ビッグローブの申し込み方法を解説していきます。

以下の手順に従って申し込みを行ってください。

STEP1

公式サイトから申し込み

ドコモ光×ビッグローブの公式サイトにアクセスして「お申し込み」をクリックする。必要事項を記入して申し込みを完了させる

※転用の場合は「転用承諾番号」、事業者変更では「事業者変更承諾番号」を取得しておく

STEP2

書面到着

申し込みが完了すると、受付確認書や契約書類が自宅に送付されるので大事に保管してください。

STEP3

開通工事が行われる

新規契約で申し込む場合には開通工事が必要となります。(※転用、事業者変更では不要)申し込み後に工事の日程を電話で決めて予約をする。予定日に開通工事が行われる。

STEP4

開通完了・利用開始

開通工事が完了したらルーターなどの機器を接続して初期設定を行えば利用開始となります。

申し込みから利用開始までは2週間〜1ヶ月程度を目安と考えておきましょう。

ただし、3〜4月の新生活シーズンなどの繁忙期では、工事完了までに時間がかかるケースもあるので、スケジュールに余裕を持って申し込みをしてください。

また、フレッツ光からの転用でプロバイダ変更をする場合は、回線の乗り換えに併せてプロバイダ契約を解約するのを忘れないようにしましょう。

解約時の注意点

ドコモ光×ビッグローブを解約するときには以下の2点に注意をしてください。

  • 違約金
  • レンタルルーター返却

ドコモ光×ビッグローブの契約期間は2年で、期間中に解約すると戸建てで14,300円、マンションで8,800円の違約金が発生します。

違約金なしで解約するには更新月(契約満了月の翌月・翌々月の2ヶ月間)に手続きをする必要があります。

また、解約時にはWi-Fiルーターなどのレンタル機器を忘れずに返却するようにしてください。

キャンペーンで無料レンタルしているWi-Fiルーターについては、返却の際に以下の窓口に問い合わせをして返却手続きを行ってください。

BIGLOBEカスタマーサポート
電話番号:0120-86-0962(通話料無料)
     03-6385-0962(通話料有料)
受付時間:9:00~18:00 365日受付

まとめ

ドコモ光×ビッグローブの料金やサービスについて詳しく解説しました。

ネット上では遅いという口コミが目立つプロバイダではありますが、実際のところ平均速度も速いですし、キャンペーンも豊富などメリットが多いことがわかりました。

月額料金が安いタイプAでドコモとのスマホセット割が適用できるなど、コスト面でのメリットがあります。

ドコモ光のプロバイダ選びに迷っている方は、ぜひ今回の記事をプロバイダ選びの参考にしてください。

  • ドコモ光×ビッグローブは月額料金が安いタイプA
  • ドコモスマホとのセット割で毎月最大3,850円の割引が受けられる
  • IPv6対応でWi-Fiルーターも無料レンタル可能
  • キャッシュバック特典は用意されていない
  • ネット上の口コミほど通信速度が遅くない
  • ドコモ光×ビッグローブとビッグローブ光は使用中のスマホに応じて選ぶのがおすすめ
  • ドコモ光×ビッグローブ解約時は「違約金」と「レンタルルーターの返却」に注意
公開日:2022-06-02