1. ホーム
  2. 光回線
最終更新日:2021/11/30
公開日:2020/09/27

光回線のおすすめは?主要40社を徹底比較!実質料金と速度でランキング

自分にピッタリな光回線の選び方

月額料金の安い光回線を契約したい!
動画やオンラインゲームをストレスなく楽しめる、おすすめの光回線はどれ?

光回線は、持ち運び可能なポケットWifiや、開通工事なしでネットに接続できるホームルーターなどのインターネット回線の中で、最も速い通信サービスです。

しかし、光回線を提供する会社ごとにサービスの内容が異なり、さまざまなキャンペーンを実施しているため、自分に合った光回線を選ぶのは大変ですよね。

そこで当サイトでは、光回線選びのポイントを実際に支払う「実質料金」と、「速度」の2つに絞り、主要な光回線40社を徹底調査。目的に合ったおすすめの光回線を紹介します。

なお、当サイトで調査した40社は最後に詳しく紹介しています。ぜひ光回線選びの参考にしてください。

この記事のもくじ

一目瞭然!光回線サービスの仕組みとは

まず最初に、光回線の仕組みから見ていきましょう。

光回線でインターネットを利用するためには、「回線事業者」と「プロバイダ」の2社と契約する必要があります。

回線事業者 インターネットに接続するための回線(光ファイバーなど)を提供する事業者のこと。
プロバイダ 回線事業者が提供する回線を、インターネットに接続するためのサービスを提供する業者のこと。

より具体的にイメージできるよう、回線事業者とプロバイダの関係を、高速道路を例に説明していきます。

回線事業者とプロバイダ

インターネットを「高速道路」とした場合、光回線は自宅から高速道路に向かう「専用般道」、プロバイダは高速道路の入り口にある「料金所」となります。

このように、料金所を通らずに高速道路を利用することができないため、インターネットにおいても、プロバイダと契約しなければインターネットに接続できない、ということになります。

近年では契約が1社で済むよう、プロバイダをセットにした回線業者が増えており、手続きがシンプルになってきています。

次の項目ではプロバイダとセットになった一体型を提供する回線についても解説します。

光回線は大きく分けて3種類ある

光回線のサービスは大きく分けて、「フレッツ光」「光コラボレーション」「独自の光回線」の3種類があります。

フレッツ光

NTT東日本・西日本が提供する光回線サービスで、全国で利用できます。居住エリアによりNTT東日本、NTT西日本に分かれており、サービスの内容が異なります。どちらも、別途プロバイダとの契約が必要です。

光コラボレーション(通称:光コラボ)

自社では回線を保有せず、NTTの光回線(フレッツ光)を借り、自社のサービスを展開する回線業社のこと。回線契約とプロバイダ契約が一つになったサービスを提供する業者が多く、契約を1社のみで済ますことができます。スマホとのセット割引やキャッシュバックなど、プロバイダごとにお得な特典が受けられます。

独自の光回線

自社で保有している回線を使用する業者が提供するインターネットサービス。利用者が限られるため混雑が起こりにくく、インターネットの接続が比較的スムーズなのが特徴です。NURO光やauひかりなどが独自回線になります。

フレッツ光と光コラボレーションは、ともにNTT東日本・西日本が提供する光回線を利用しています。

一方、独自の光回線は、契約している人だけが利用できる回線なので、比較的混雑が少ないという特徴があります。

ただし2021年11月現在、独自の光回線は提供エリアが限られているため、住んでいる地域によっては利用できないケースもあります。居住区がエリア外の場合は、全国対応の光回線を選びましょう。

お得な光回線の選び方:実質料金・速度で選ぶ

数ある光回線の中から自分に合ったものを選ぶとき、基準となるのが「実質料金」と「速度」です。

光回線を選ぶ2つのポイント

実質料金 月額料金は各社ごとに異なり、マンション、戸建てによっても変化します。
また、スマホキャリアとのセット割を実施している光回線のほか、工事費無料やキャッシュバック、初年度割引など光回線ごとにサービスが異なります
そのため、契約期間中にかかる実質料金で比較することが大切です。
速度 動画視聴やゲームなど目的ごとに必要な速度が異なります。
YouTubeに動画をアップする人や仕事で大容量のデータを送受信する人、オンラインゲームを楽しむ人は、速度を基準に選ぶと良いでしょう。

この記事では、基本的な契約年数の2年間と3年間にかかる実質料金を比較します。

スマホとのセット割については後述しますが、3大キャリア(au・ドコモ・SoftBank)と提携したサービスにより、スマホ代が割引され、通信費全体を安くすることができます。

速度で注目したいのは、最大速度ではなく実測値です。

最大速度は、あくまで条件が整った場合において最大限努力したときに出る速度「ベストエフォート式」となります。

ベストエフォート式とは

技術的に可能な最大値のこと。実際の速度は使用しているデバイスやルーターなど、通信環境により大幅に低下する場合があります。

主要な光回線では最大速度1Gbpsを提供していますが、実際には常時最大速度が保たれるわけではないことを理解しておきましょう。

このあとそれぞれについて、全40社を項目ごとにランキングし、それぞれを詳しく解説します。提供エリアはもちろん、エリア外だった場合におすすめの光回線についても紹介しますので、参考にしてください。

実質料金が安いランキングTOP10の光回線

光回線は2年、または3年と契約期間を定めたプランがあります。

契約期間中に解約をすると違約金が発生する場合がありますが、契約期間のないプランよりも月額料金が安く設定されているのがメリットです。

ちなみに光回線の月額料金の相場は、戸建て5,000円程度、マンション4,000円程度です。

今回のランキングでは契約期間を軸に、戸建て、マンション別に実質料金を比較。現金が戻ってくるキャッシュバックなどの特典を含み、算出しました。

契約期間2年の戸建て・マンション実質料金の比較ランキング

まずは、契約期間2年の戸建ての実質料金ランキングを見ていきましょう。

【契約期間2年】戸建て:実質料金ランキングTOP10一覧表

※左右にスクロールできます
順位 光回線 提供エリア プラン名 実質料金
1位 コミュファ光 愛知/岐阜/三重/静岡/長野 1Gホーム
(機器利用料:
初月781円・2カ月目以降763円)
61,940円
2位 @TCOM光 全国
※静岡県を除く
ファミリータイプ 92,100円
3位 NURO光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
NURO 光 for マンション M2D 95,100円
4位 フレッツ光(東日本) 北海道/東北/甲信越/関東 ファミリータイプ
(プロバイダ:SoftBank光)
103,580円
5位 フレッツ光(西日本) 北陸/東海/関/中国/四国/
九州/沖縄
ファミリータイプ
(プロバイダ:SoftBank光)
103,580円
6位 ピカラ光 四国 ホームタイプ 106,560円
7位 eo光 大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀/
和歌山/福井
1ギガコース 107,652円
8位 ビッグローブ光 全国 ファミリータイプ 111,852円
9位 J:COM 北海道(札幌)/宮城(仙台)/関東/
関西/中国/山口(下関)/
九州 ※上記の一部にのみ提供
お得NET 1G 119,184円
10位 ぷらら光 北海道/東北/甲信越/関東北陸/
東海/関西/中国/四国/九州/
沖縄
ファミリータイプ
(機器使用料月額330円含む)
121,380円
※実質料金は各光回線のリンク先から申し込みを行い、キャッシュバックの対象となるプランを選択した場合の料金(特典内容含む)。実質料金は11月21日現在の金額

戸建てを対象とした、2年間契約の光回線は33社あり、平均実質金額は130,636円でした。

1位:コミュファ光

コミュファ光

1位のコミュファ光は、東海と長野県を提供エリアとする光回線です。平均実費金額と比べると、ダントツで安い光回線だということがわかります。

コミュファ光には、月額料金が割引されるプラン「コミュファ光スタート割」があり、初年度に毎月2,795円割引され、通常5,775円(機器利用料別途)の月額料金が、3,980円(機器利用料別途)で利用できます。

また、2021年11月現在、40,000円のキャッシュバックを実施しています。

2位:@TCOM光

@TCOM

2位の@TCOM光は静岡県を除く全国対応の光回線で、コミュファ光同様、初年度割引があります。

通常5,610円の月額料金から1,320円割引された、4,290円が月額料金となります。2021年11月現在、30,000円のキャッシュバックを行っています。

3位:NURO光

NURO光

3位のNURO光も提供エリアに限りがありますが、2021年6月に広島、岡山が加わり、今後もエリアを拡大する予定となっています。

月額料金は5,700円で、2021年11月現在、45,000円のキャッシュバックを受けられます。3年契約のプラン「NURO 光 G2T」(月額料金5,200円)もあるので、引っ越しの予定などがなく長期利用できる人にはおすすめです。

上位3位の光回線がエリア外だった人は、全国対応のフレッツ光ビッグローブ光を選ぶとよいでしょう。

続いてマンションの実質料金ランキングを見ていきます。

【契約期間2年】マンション:実質料金ランキングTOP10一覧表

※左右にスクロールできます
順位 光回線 提供エリア プラン名 実質料金
1位 コミュファ光 愛知/岐阜/三重/静岡/長野 1GマンションF
(機器利用料込み:
初月781円、2カ月目以降763円)
35,160円
2位 NURO光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
NURO 光 for マンション M2D
(Hands-up会費込み330円)
39,020円
3位 auひかり 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/
山形/福島/茨城/栃木/群馬/
埼玉/千葉/東京/神奈川/新潟/
富山/石川/福井/山梨/長野/
静岡/鳥取/島根/岡山/広島/
山口/徳島/香川/愛媛/高知/
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/
宮崎/鹿児島
auひかり マンション 58,620円
4位 @TCOM光 全国
※静岡県を除く
マンションタイプ 64,740円
5位 フレッツ光(東日本) 北海道/東北/甲信越/関東 マンションタイプ
(プロバイダ:Yahoo!BB)
66,620円
6位 フレッツ光(西日本) 北陸/東海/関/中国/四国/九州/沖縄 マンションタイプ
(プロバイダ:Yahoo!BB)
66,620円
7位 ピカラ光 四国 光ねっと(1Gプラン) 76,200円
8位 ビッグローブ光 全国 マンションタイプ 82,812円
9位 eo光 大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀/
和歌山/福井
マンションタイプ
(モデムレンタル料込み)
※マンションタイプは建物により料金が異なる
83,124円
10位 OCN光 全国 OCN 光 マンション
(2年自動更新型割引適用の場合)
85,800円
※実質料金は各光回線のリンク先から申し込みを行い、キャッシュバックの対象となるプランを選択した場合の料金(特典内容含む)。

マンションを対象とした、2年間契約の光回線は31社あり、平均実費金額は94,119円でした。

1位:コミュファ光

コミュファ光

1位のコミュファ光は、前述した通り、マンションプランにも「コミュファ光スタート割」があり、初年度に2,395円割引されます。

通常5,775円(機器利用料別途)の月額料金が、3,380円(機器利用料別途)で利用できます

2位:NURO光

NURO光

2位のNURO光は、マンションにNUROの設備が導入済みで、4人以上の契約があれば利用できる「NURO 光 for マンション」プランがあります。

同じマンション内での契約数により月額料金が異なりますが、Hands-upと呼ばれる会費を含む月額料金が2,200円〜利用できる格安プランです。NURO光の最大速度2Gbpsを2,000円台で利用できるのは嬉しいですね。

3位:auひかり

auひかり

3位のauひかりの月額料金は4,180円です。

月額料金のマンションの相場が4,000円なので特別に安いわけではありませんが、2021年11月現在、工事費用(27,500円)が無料、キャッシュバック45,000円と高額なため、上位という結果になりました。

契約期間3年の戸建て・マンション実質料金の比較ランキング

続いて、契約期間3年の戸建てとマンションの実質料金ランキングです。

【契約期間3年】戸建て:実質料金ランキングTOP5一覧表

※左右にスクロールできます
順位 光回線 提供エリア プラン名 実質料金
1位 Swift光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
Swift 光プラス 145,030円
2位 メガエッグ光 中国地方 メガ・エッグ 光ネット [ホーム] 149,620円
3位 楽天ひかり 全国 ファミリータイプ 156,520円
4位 So-net光プラス 全国 戸建てプラン 164,268円
5位 auひかり 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/
山形/福島/茨城/栃木/群馬/
埼玉/千葉/東京/神奈川/新潟/
富山/石川/福井/山梨/長野/
静岡/鳥取/島根/岡山/広島/
山口/徳島/香川/愛媛/高知/
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/
宮崎/鹿児島
ずっとギガ得プラン
(ネット+電話)
169,100円
※実質料金は各光回線のリンク先から申し込みを行い、キャッシュバックの対象となるプランを選択した場合の料金(特典内容含む)。

戸建てを対象とした、3年間契約の光回線は8社あり、平均実費金額は168,423円でした。

1位:Swift光

Swift光

1位のSwift光は、NURO光回線を借りて独自のサービスを提供する光回線です。

NURO光では2年契約のプランと3年契約のプランを提供していますが、swift光は3年契約のみを提供しています。

2位:メガエッグ光

メガエッグ光

2位のメガエッグ光は、中国電力グループの株式会社エネルギア・コミュニケーションズが提供する、プロバイダ一体型の光回線サービスです。

月額料金が4,620円と、戸建ての相場5,000円より手頃な料金が魅力です。

3位:楽天ひかり

楽天ひかり

3位の楽天ひかりも、メガエックと同じく月額料金4,800円とリーズナブル。さらに、初年度割引で1年間3,080円で利用できます

キャッシュバックはありませんが、月額料金の低さが安さの決め手になっています。

次にマンションの実質料金ランキングを紹介します。

【契約期間3年】マンション:実質料金ランキングTOP5一覧表

※左右にスクロールできます
順位 光回線 提供エリア プラン名 実質料金
1位 メガエッグ光 中国地方 メガ・エッグ 光ネット [マンション] 110,020円
2位 So-net光プラス 全国 マンションプラン 120,708円
3位 hi-hoひかり 全国 hi-ho 36 125,400円
4位 楽天ひかり 全国 マンションタイプ 130,420円
5位 BBIQ光 九州地方
※沖縄を除く
BBIQつづけて割
(指定オプション2つ加入金額込み:
雑誌読み放題440円+アプリ放題550円)
141,760円

※実質料金は各光回線のリンク先から申し込みを行い、キャッシュバックの対象となるプランを選択した場合の料金(特典内容含む)。実質料金は11月21日現在の金額

マンションを対象とした、3年間契約の光回線は6社あり、平均実費金額は128,890円でした。

1位:メガエッグ光

メガエッグ光

1位のメガエッグ光月額料金は3,520円と手頃です。

2021年11月現在、工事費無料、20000円のキャッシュバックも加わり、総額で最も安い光回線となりました。

2位:So-net光プラス

So-net光プラス

2位のSo-net光プラスは全国対応の光回線です。

月額料金は4,928円ですが、2021年11月現在、工事費無料、キャッシュバック60,000円と高額なのが魅力です。

3位:hi-hoひかり

hi-ho光

3位のhi-hoひかりは、フレッツ光とプロバイダーが一体となった光コラボです。

月額料金は3,575円ですが、2021年11月現在、キャンペーンにより3年間毎月550円割引されることから、年間19,800円安く利用することができます。

スマホとのセット割でさらに通信費が安くなる!

月々にかかる通信費を安く抑えたい人は、スマホとのセット割に対応した光回線にも注目しましょう。

光回線では、契約者が指定のスマホキャリを利用している場合、月々のスマホ代を割引くサービスを実施しています。家族も同じスマホキャリアを使っていれば割引の対象になることから、家族が多いほど、毎月の通信費を安く抑えることができます。

スマホキャリアとのセット割を実施している光回線

※左右にスクロールできます
スマホキャリア 光回線 サービス内容
au auひかりビッグローブ光
So-net光プラス@nifty光
コミュファ光eo光
ピカラ光/他
最大1,100円割引
ドコモ ドコモ光 最大1,100円割引
ソフトバンク SoftBank光NURO光 最大1,100円割引
※※ビックローブ光、So-net光、@nifty光、ドコモ光、SoftBank光は全国対応

先ほど紹介した実質料金のランキングのなかで、気になる光回線がエリア外だった場合、契約しているスマホキャリアとのセット割を実施している光回線を選ぶと、よりお得に利用できます。

例えばauのスマホキャリアを利用していて、2年間の実質料金が戸建て、マンションともに1位のコミュファ光がエリア対象外だった場合、全国対応でauスマホとのセット割を実施しているビックローブ光やSo-net光がおすすめ、ということになります。

ただしスマホとのセット割では、スマホキャリアで加入しているプランにより割引額が異なるほか、ひかり電話などのオプション加入が必須になっている光回線もあるので注意が必要です。

このあとキャリアごとの条件を詳しく解説します。

au「auスマートバリュー」の適用条件・割引額

auスマートバリューの適用条件は以下の3つです。

  1. auスマホの対象プランに加入する
  2. 割引対象の光回線を契約する
  3. 契約回線が提供する光電話サービスを契約する

(1)〜(3)の条件を満たせば、以下の場合を除き月額1,100円が毎月割引されます。

1,100円割引の対象にならないプラン
  • 「ピタットプラン 5G(s)」「ピタットプラン 4G LTE(s)」2GB超~20GBまで…550円割引
  • 「ピタットプラン 5G」「ピタットプラン 4G LTE」1GBまで…割引なし

auとのスマホのセット割を実施している光回線は、auひかりやビックローブ光、So-net光など複数あります。
割引は最大10回線までで、光回線契約者と同居する家族が対象です。また、50歳以上の家族であれば、離れて住んでいても割引対象となります。

auスマホユーザーは、スマートバリュー適用対象になっている光回線の中から、提供エリアに加え、キャッシュバック金額や月額料金などを比較検討するとよいでしょう。

ドコモ「ドコモ光セット割」の適用条件・割引額

ドコモ光セット割の適用条件は以下の2つです。

  1. ドコモスマホの対象プランへの加入
  2. ドコモ光の契約者、または同一ファミリー割引グループ内で、ドコモ光基本使用料の課金が1回線以上ある

(1)(2)の条件を満たすと、以下の場合を除き月額1,100円が毎月割引されます。

1,100円割引の対象にならないプラン
  • 「5Gギガライト/ギガライト」3GBまで…550円割引
  • 「5Gギガライト/ギガライト」1GBまで…割引なし

ドコモとのスマホのセット割を実施している光回線は、ドコモ光のみです。

割引対象者は最大20回線で、「ドコモ光」契約者、または同一ファミリー割引グループ内に入っている人で、離れて暮らす家族も割引対象者となります。

最大20回線を活用した場合、月の最大割引額は「1,100円×20回線=22,000円」となります。家族が多い人は、22,000円も通信費を抑えることができます。

ソフトバンク「おうち割 光セット」の適用条件・割引額

ソフトバンク「おうち割 光セット」の適用条件は以下の3つです。

  1. ソフトバンクスマホの対象プランに加入する
  2. 割引対象の光回線を契約する
  3. 契約回線が提供する光電話、あるいはオプションを契約する

(1)〜(3)の条件を満たすと、以下の場合を除き月額1,100円が毎月割引されます。

1,100円の割引対象にならないプラン
  • データ定額ミニ 2GB/1GB…550円割引
  • データ定額(おてがるプラン専用・3Gケータイ)…550円割引
  • パケットし放題フラット for シンプルスマホ…550円割引
  • スマ放題ライト…割引なし

ソフトバンクとのスマホのセット割を実施している光回線は、SoftBank光とNURO光です。

割引は最大10回線までで、光回線契約者、契約者と家族が対象です。家族は血縁・婚姻または、離れて暮らす場合も割引の対象となります。

毎月の最大割引額は「1,100円×10回線=11,000円」となります。

安い光回線の選び方に関しては、以下の記事でも解説しています。

平均速度が速い!実測値ランキングTOP15の光回線

ここからは、主要40社を比較した平均速度実測値ランキングTOP15を紹介します。

比較する速度はメールの送信やWEBサイトの閲覧、動画視聴などに必要な「下り速度」で比較しています。

順位 光回線 提供エリア 平均下り速度 平均PING値 直近3か月に計測された件数
1位 コミュファ光 愛知/岐阜/三重/静岡/長野 551.93Mbps 15.29ms 4510
2位 クイック光 全国 533.24Mbps 18.70ms 2
3位 NURO光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
505.98Mbps 13.89ms 27400
4位 eo光 大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀/
和歌山/福井
432.37Mbps 17.90ms 6819
5位 auひかり 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/
山形/福島/茨城/栃木/群馬/
埼玉/千葉/東京/神奈川/新潟/
富山/石川/福井/山梨/長野/
静岡/鳥取/島根/岡山/広島/
山口/徳島/香川/愛媛/高知/
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/
宮崎/鹿児島
402.69Mbps 16.56ms 13013
6位 メガエッグ光 中国地方 389.23Mbps 25.92ms 1615
7位 ピカラ光 四国 358.29Mbps 21.85ms 1416
8位 enひかり 全国 345.66Mbps 23.52ms 1323
9位 BBIQ光 九州地方
※沖縄を除く
341.06Mbps 25.50ms 3347
10位 auひかりちゅら 沖縄 334.69Mbps 38.62ms 490
11位 IIJmioひかり 全国 333.04Mbps 19.44ms 2684
12位 SoftBank光 全国 311.51Mbps 17.17ms 35169
13位 So-net光プラス 全国 296.79Mbps 17.45ms 6754
14位 おてがる光 全国 277.86Mbps 19.59ms 1918
15位 DTI光 全国 273.81Mbps 15.80ms 1190

※2021年11月21日現在、「みんなのネット回線速度」に投稿された平均速度

40社の下り平均速度は261.32Mbpsでした。

下り平均速度では、利用者が限られるエリア限定の光回線や、独自回線の光回線が速い傾向にあります。実際、上位のコミュファ光、NURO光、eo光、auひかりなどは、エリア限定の独自回線です。

速さを追求したい人は、エリア限定や独自回線を選ぶとよいでしょう。

ちなみに、下り速度で必要とされる速度は下記の通りです。

インターネット用途別に必要な速度
メールやSNSのメッセージ受信/WEBサイトの閲覧 約1Mbps
YouTubeNetflixなどの動画再生 約5~30Mbps
オンライン対戦ゲーム 約100Mbps

どの光回線もオンライン対戦ゲームで必要とされる約100Mbps以上のため、安定した通信環境といえます。

オンラインゲームをするならPing値も確認

また、表にある「平均PING値」とは、時間のズレを表す数値です。

PING値

「Packet INternet Groper」(パケット インターネット グルーパー)の略。データの送受信にかかる時間を表す数値。単位は「ms」(ミリ秒)で、数値が小さいほど通信の応答速度が良いことを示します。

複数のプレーヤーと対戦するオンラインゲームでは、データの送受信時に発生する時間のズレが、勝負の行方に大きな影響を与えることがあります

ゲーム好きの人は下の平均速度に加え、PING値の低い光回線にも注目しましょう。

通信速度が遅いと感じたときの対処法

すでに光回線を使用している人で、Webサイトの閲覧にタイムラグが起きたり、動画が止まってしまった経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

光回線が繋がらない原因は複数ありますが、大きく分けて次の3つが考えられます。

  • 端末の問題
  • ネットワーク機器の問題
  • 光回線側の問題

特定の端末に問題がある場合は、端末の通信機能が不具合を起こしている、Wi-Fiの設定が正しくないなどが考えられます。

ネットワーク機器については、Wi-Fiルーターの無線機能が壊れている、LANケーブルの規格が古い(光回線の場合、CAT5e以上)、劣化して断線しているなどが原因でインターネットに繋がらない可能性があります。

光回線やプロバイダに問題がある場合は、回線の通信障害や、プロバイダの通信機器のメンテナンスなどが考えられます。また、18時以降の夜間帯になるといつも繋がりにくいという場合は、契約している光回線の混雑が問題かもしれません。

それぞれについて対処法を紹介します。

対処法1:端末や通信機器を再起動する

ルーター

端末やONU、ルーターなどを再起動すると、速度が改善する可能性があります。

再起動の作業は、端末や通信機器の電源コードをコンセントから抜き、約20〜30秒間放置します。その後、再び電源コードをコンセントに挿しましょう。

また、古いスマホやパソコンを使用している場合、スペックの不足により速度を出せていない可能性があります。改善されない場合は端末の買い替えを検討しましょう。

対処法2:Wi-Fiルーターを5GHz帯に切り替える

Wi-Fiルーターの不具合が無線LANに起因していることもあります。最近のWi-Fiルーターは、2種類(2.4GHz・5GHz)の周波数帯を使えるものが多いため、周波数帯を切り替えて確認してみましょう。

周波数 2.4GHz 5GHz
特徴 電子レンジなど家電製品も使っている周波数帯 Wi-Fii専用の周波数帯
メリット ・長距離の通信に強い
・障害物に強い
・速度が速い
・電波干渉がおこりにくい
デメリット ・電波干渉が発生しやすい
・5Ghzより速度が遅い
・長距離の通信に弱い
・障害物に弱い

電波干渉とは、同じ周波数の無線がそれぞれぶつかり合うことで、速度の低下を招くことを指します。

速度が早く、電波干渉がおこりにくい「5GHz」に切り替えることで、速度が改善する可能性があります。

2.4GHz帯でも5GHz帯でも繋がらないときは、ルーターと端末をLANケーブルで接続してみましょう。インターネットが有線経由で繋がれば、ルーターのWi-Fi機能に問題があることになります。プロバイダからレンタルしているWi-Fiルーター場合は、不具合状況を説明して対応してもらいましょう。

対処法3:光回線やプロバイダのサポートセンターに問い合わせる

自然災害や設備の故障などのトラブルにより、突然インターネットが繋がらなくなることがあります。

また回線設備のメンテナンスにより、インターネットに繋がりにくくなることもあります。

メンテナンスについては、事前に公式サイトやメールなどで情報が提供されていますので、焦らないように、住んでいる地域で行われるメンテナンスの予定を確認しておきましょう。

公式サイトやメールでの内容に思い当たることがない場合は、光回線やプロバイダのサポートセンターへ問い合わせてみましょう。

高額キャッシュバックも!主要光回線のキャンペーン

新規で光回線を申し込む人はもちろん、乗り換えを検討している人におすすめのキャンペーンなど、光回線やプロバイダごとにさまざまな特典を用意しています。

次の項目では、主要な光回線のキャンペーンを紹介します。

auひかり:乗り換え時の違約金最大30,000円還元!NEXTからの申込みでキャッシュバック最大52,000円も

auひかり

auひかりでは、他社からの乗り換えで発生する違約金相当額を最大30,000円まで還元する「auひかり新スタートサポート」を実施しています。

また、ネットとひかり電話をセットで申込むと、工事費などの初期費用相当額が割引になります。

auひかりのキャンペーン
  • 乗り換えで発生する違約金相当額を最大30
  • 「ネット」+「ひかり電話」をセットで申し込むと初期費用相当額(戸建て最大41
  • auスマートバリュー適用でauのスマホ料金最大1,100円割引

さらにauひかりを代理店NEXTから申し込むと、auひかりの特典に加え、最大52,000円のキャッシュバックが受け取れます。

NEXTのキャンペーン
  • 新規申込みで最大52,000円キャッシュバック

NEXTではSo-net、ビックローブ、@niftyのいずれかのプロバイダを選ぶことができます。
ルータープレゼントやセキュリティサービス11ヶ月無料など、プロバイダごとに特典内容が異なるので、自分に合ったものを選びましょう。

auひかり×NEXT
auひかり×NEXT
  • 新規申込みで最大52,000円キャッシュバック
  • キャンペーン内容が充実
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大2,200円オフ

ドコモ光:工事費用が無料!プロバイダをGMOとくとくBBにすると高性能Wi-Fiルーターのレンタルが無料に

ドコモ光

ドコモ光ではdポイント20,000ptプレゼントと、新規申込みで工事費無料を実施しています。

ドコモ光のキャンペーン
  • dポイント20,000ptプレゼント(フレッツ光からの乗り換えの場合は15,000pt)
  • 新規工事費無料
  • ドコモ光セット割でドコモのスマホ料金最大1,100円割引

他の光回線では工事費実質無料としていますが、ドコモは工事費完全無料となります。

工事費は通常、契約年数などで分割した金額を月額料金に加算し支払います。工事費実質無料とする光回線では、加算金額と同額を割引くことでプラスマイナスゼロとしていますが、途中解約をした場合は、残債を一括で支払うこととなります。

しかしドコモは完全無料のため、途中解約した場合でも工事費を支払う必要はありません

また、ドコモ光の申込窓口をプロバイダのGMOとくとくBBにすると、ドコモの公式特典と共にプロバイダの特典が受け取れます。

GMOとくとくBBのキャンペーン
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターのレンタルが無料
  • 乗り換えで発生する解約違約金として20,000円を還元
  • ドコモ光専用無料訪問サポート初回無料
  • セキュリティソフト1年間無料

GMOとくとくBBでは、混雑しにくい環境でアクセスできる、V6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできます。

さらに、インターネットの接続設定などが初回無料になるサービスは、インターネットに不慣れな人に嬉しいサービスですね。

ドコモ光×GMOとくとくBB
ドコモ光×GMOとくとくBB
  • 新規申し込みで5,500円~20,000円キャッシュバック(映像サービス申し込みの場合)
  • 新規工事費が無料
  • dポイント2,000ptプレゼント

SoftBank光:乗り換え時の違約金など最大10万円補償!NEXTからの申し込みで最大37,000円キャッシュバック

softbank光

ソフトバンク光では、他社からの乗り換えに対する特典が揃っています。

SoftBank光のキャンペーン
  • 乗り換えで工事費実質無料
  • 乗り換えの違約金・工事撤去費を最大10万円まで補償
  • 開通前にWi-Fi対応機器無料レンタル ※フレッツ光からの乗り換えは対象外
  • おうち割 光セットでソフトバンクのスマホ料金最大1,100円割引

光回線が開通する前にWi-Fi対応機器を無料でレンタルできるのは、他にはないサービスです。

SoftBank光の申込み窓口を代理店のNEXTにすると、さらに最大37,000円のキャッシュバックを含む3種の中から、特典を選ぶことができます。

NEXTのキャンペーン

選べる特典を用意

A:最大37,000円キャッシュバック

B:最大32,000円キャッシュバック+高速無線ルーター

C:Nintendo Switch+ニンテンドープリペイドカード5,000円分プレゼント

他社代理店で実施しているキャッシュバックは、半年後や1年後に振り込まれることが多いですが、NEXTでは最短2ヶ月で受け取ることができます

また、申し込み時に電話口で口座番号を伝えるだけで手続きが完了するのも魅力です。

SoftBank 光×NEXT
SoftBank 光×NEXT
  • 最短2ヵ月後に最大37,000円キャッシュバック
  • 他社回線から乗り換え限定で初期工事費最大24,000円相当が実質無料
  • 他社違約金や撤去工事費を最大100,000円まで全額負担

So-net光プラス:工事費実質無料&最大60,000円キャッシュバック!

So-net光プラス

So-net光プラスは、最大60,000円のキャッシュバックや工事費無料など、公式サイトからの申込み特典が充実しています。

So-net光プラスのキャンペーン
  • 最大60,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • v6プラス対応ルーター永年無料
  • 訪問設定サポート1回無料
  • ポケットWi-Fiレンタル初月0円
  • セキュリティソフト無料
  • auスマートバリュー適用でauのスマホ料金最大1,100円割引

他の光回線では有料となっているポケットWi-Fiレンタル初月無料や、セキュリティソフトが無料で利用できるのも、大きなメリットです。

So-net 光プラス
So-net 光
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大1,100円オフ
  • 新規工事費26,400円が実質無料
  • 高速Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

NURO光:工事費実質無料&最大45,000円キャッシュバック!

NURO光

NURO光では、工事費無料、最大45,000円のキャッシュバックに加え、以下の特典を用意しています。

NURO光のキャンペーン
  • 最大45,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • 設定サポート1回無料
  • セキュリティソフト永年無料
  • v6プラス対応ルーター永年無料
  • おうち割 光セットでソフトバンクのスマホ料金最大1,100円割引

設定サポートでは、リモートまたは訪問サポートが1回無料で利用できます。

他社では有料となるセキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料(マンションの場合は月額税込550円)であるのも特徴です。

NURO光
NURO光×So-net
  • 下り最大2Gbpsの高速光回線
  • 公式特設ページから申し込みで45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費は月額基本料金から割引(実質無料)
NURO光 for マンション
NURO光 for マンション
  • NURO光なら下りの最大通信速度が2Gbps
  • 設備導入済みなら1~2週間で利用可能
  • マンションでの利用者数が増えるほど月額料金が安くなる

楽天ひかり:楽天モバイルを同時に申し込むと1年間インターネットの月額料金が無料!

楽天ひかり

楽天ひかりと楽天モバイルを同時に申し込むと、1年間ネットの月額料金が無料になる「楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン」を実施中です。

楽天ひかりのキャンペーン
  • 楽天モバイルを同時に申し込むと1年間ネット料金が無料

ネット料金が1年間無料になるのは楽天ひかりだけ。通信費を安く抑えたい人に特におすすめの光回線です。

キャンペーンではありませんが、楽天ひかりはSPU(スーパーポイントアッププログラム)対象サービスとなっており、楽天市場での買い物が「+1倍」になります。通常、楽天市場では100円で1ポイント付与されますが、「+1倍」のため100円で2ポイント獲得できる、という仕組みです。

ただし、SPU対象ポイントは実質1ヵ月半の利用期限があるので、使い切るようにしましょう。

楽天ひかり
楽天ひかり
  • Rakuten UN-LIMIT と楽天ひかり両方申込で月額料金1年無料
  • 楽天市場での買い物ポイント+1倍
  • NTTフレッツ光回線と同じ対応エリア

乗り換えの注意点!提供エリア・違約金は事前に確認

光回線の乗り換えでは3つのパターンがあります。

光回線の乗り換えパターン
  • フレッツ光から光コラボへ(転用)
  • 光コラボから他社の光コラボへ(事業者変更)
  • 光コラボから独自回線、または独自回線から光コラボへ

このうち、フレッツ光から光コラボへの乗り換えを「転用」、光コラボから光コラボへの乗り換えを「事業者変更」といいます。

同じ回線を利用しているフレッツ光と光コラボでは、開通工事をせずに乗り換えが可能です。工事が必要ないことから、ネットが不通になる期間がないのは嬉しいですね。

一方、独自回線への乗り換え、または独自回線からの乗り換えには、使用する回線が異なるため工事が必要です。乗り換えることで、ネットが利用できない期間が発生しないように注意しましょう。対処法については次の項目で解説します。

乗り換えのパターンがわかったところで、注意事項をまとめました。

乗り換えの注意点
  • 提供エリアを確認する
  • 不通期間が生じないように乗り換え時期を決める
  • 違約金や工事費など乗り換え費用を確認する
  • 回線が変わる場合は光電話の番号が引き継げない場合もある

それでは詳しく解説していきます。

サービス提供エリアを確認する

光コラボはフレッツ光の回線を借り受けてサービスを提供しているため、提供エリアはフレッツ光と同じです。光コラボの提供エリアを確認したい場合は、フレッツ光NTT東日本または西日本の公式サイトで住所検索できます。

フレッツ光のエリア検索

auひかりやNURO光などの独自回線では、提供エリアが限られています。それぞれの公式サイトで確認できますので、事前にチェックしておきましょう。

不通期間が生じないように乗り換え時期を決める

前述した通り、転用と事業者変更では回線が変わらないので不通期間は生じません。

ネットが繋がらない状況になり得るのは、独自回線から、または独自回線への乗り換えです。
工事期間はおもに1〜2ヶ月かかります。

新規光回線の申し込みを完了し、工事期間や開通月の目処を立てたあとに、使用中の解約時期を決めると、ネットの不通期間を最小限にすることができます。引っ越しシーズンなど工事が混み合う時期は、工事期間が2〜3ヶ月かかることがあるので注意しましょう。

違約金や工事費など乗り換え費用を確認する

現在、光回線を利用中であれば、乗り換え時期により違約金(契約解除料)が発生する可能性があります。

ほとんどの光回線で2年、3年などの契約期間があり、満了前に解約すると違約金が発生します。定期契約プランではない場合も「最低利用期間」が設けられていることがあり、期間内に解約すると違約金が発生します。さらに、解約する光回線の工事費が残っていれば、その残債も支払う必要があります

また、フレッツ光のようにプロバイダが別の光回線では、プロバイダにも違約金が発生することがあります。

ただし、光回線とプロバイダ共に更新月であれば違約金は発生しません。例えばフレッツ光の場合、利用期間満了月の翌月と翌々月が更新月となり、この期間に解約すれば無料で解約が可能です。両社ともマイページなどで確認できますので、更新月を確認しておきましょう。

更新月に解約ができない場合は、乗り換え先のキャッシュバックや違約金還元キャンペーンを利用するのもいいでしょう。例えば、以下のキャンペーンがおすすめです。

乗り換え時におすすめのキャンペーン
  • auひかり:乗り換えで発生する違約金相当額を最大30,000円まで還元
  • SoftBank光:乗り換えの違約金・工事撤去費を最大10万円まで補償
  • NURO光:45,000円キャッシュバックを活用

回線が変わる場合は、光電話の番号が引き継げない場合もある

固定電話の番号には、「NTTが発番した番号」と「光電話で発番した番号」の2種類があります。光回線で発行した番号の場合は、回線を変更すると引き継ぎができません。

ただし、次の場合は電話番号をそのまま利用できます。

光電話の番号を継続できるケース
  • 転用・事業者変更の場合(一部サービスを除く)
  • NTT加入電話で発行した番号の場合

NTT加入電話で発行した番号であっても、引っ越しによる乗り換えでエリアが大きく変わる場合は、番号を引き継げない可能性があります。

発番方法がわからない場合は、NTTに問い合わせることで確認できます。

NTT問い合わせ先 受付時間:午前9時~午後5時
東日本エリア 0120-116-00
西日本エリア 0800-2000116

光回線に関するよくあるQ&A

最後に、光回線で知っておきたいよくあるQ&Aについて見ていきましょう。

光回線のよくあるQ&A
  • 一人暮らしだと何がおすすめ?
  • 引っ越し先でも光回線は使える?
  • マンションのおすすめ光回線は?
  • 10Gプランって何?

それぞれ順番に紹介します。

一人暮らしだと何がおすすめ?

一人暮らしで使えるインターネットには、光回線・ホームルーター・モバイルルーター・テザリングの4つがあってそれぞれ特徴があります。

光回線は工事が必要なので、マンションやアパートでの一人暮らしだと導入のハードルは高いものの、動画再生やオンラインゲームで頻繁に使うなら光回線が最も向いています

詳しくは以下の記事で確認してください。

また他の光回線に関しては、以下の記事を参考にしてください。

引越し先でも光回線は使える?

基本的に、移転手続きを行えば引越し先でも同じ光回線を継続して利用できます

それぞれの光回線サービスのホームページを見ると、引越し時の光回線移転に関する受付窓口が用意されている場合があるので、チェックしてみましょう。

マンションのおすすめ光回線は?

マンションの場合、住んでいるマンションの導入回線、配線方式のよって契約できる光回線は変わってきます。

基本的には、上記で紹介したランキング表を確認して「安い」もしくは、「実測値が良い」光回線を利用しましょう

各光回線のHPで、自分のマンションがエリア対応しているかだけしっかりと確認してくださいね。

10Gプランって何?

10Gプランは、月額料金が通常の1Gプランに比べて1,000円ほど高くなるものの、かなり速い速度で光回線を利用できるプランです。

従来のプランに比べると速度の向上は期待できるでしょう。しかし、料金が高くなる・エリアが狭い、といった注意点もあります。

【まとめ】光回線は実質料金・下りの平均速度で選ぶのがおすすめ

今回は光回線を選ぶポイントと、40社を比較した「実質料金」「下りの平均速度」のランキングを紹介しました。

実質料金は、契約期間と居住環境によりランキングが異なります。価格は戸建ての方が高く、マンションの方が安くなります。

また、ゲーム好きな人や日常的に大容量のデータを送受信する人は、下りの平均速度が速く、PING値が低い光回線がおすすめです。

「実質料金」「下りの平均速度」で上位の光回線では、提供エリアが限られている光回線があります。エリア対象外の場合は、スマホ代が安くなるスマホとのセット割を実施している光回線を選びましょう

  • 安い光回線は「実質料金」で選ぶ
  • 安い光回線が提供エリア外だった場合は、スマホとのセット割がある該当エリアの光回線を選ぶ
  • 速い光回線は「下りの平均速度」で選ぶ
  • ゲーム好きな人はPING値も参考にする
  • 新規申込み・乗り換えともにお得な申込み窓口を選ぶ
  • 乗り換えは提供エリア・違約金に注意

【参考】最安はどれ?当サイトが調査した光回線40社一覧

この記事では光回線40社を調査した結果をもとに、おすすめの光回線を紹介してきました。

下の表は、当サイトが調査した光回線40社を、2年間と3年間の実質料金・下り速度の実測値を比較したものです。光回線をじっくり検討したい人は、ぜひ参考にしてください。

光回線提供エリアプラン名実質料金下りの平均速度PING値
(ms)
契約年数戸建てプラン契約年数マンションプラン戸建てマンション
auひかり 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/
山形/福島/茨城/栃木/群馬/
埼玉/千葉/東京/神奈川/新潟/
富山/石川/福井/山梨/長野/
静岡/鳥取/島根/岡山/広島/
山口/徳島/香川/愛媛/高知/
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/
宮崎/鹿児島
3年 ずっとギガ得プラン
(ネット+電話)
2年 auひかり マンション 169,100円 58,620円 402.69Mbps 16.56ms
So-net光プラス 全国 3年 戸建てプラン 3年 マンションプラン 164,268円 120,708円 296.79Mbps 17.45ms
NURO光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
2年 NURO 光 G2D 2年NURO 光 for マンション M2D
(Hands-up会費込み330円)
95,100円 39,020円 505.98Mbps 13.89ms
SoftBank光全国2年ホームタイプ2年マンションタイプ127,580円90,620円311.51Mbps17.17ms
ドコモ光全国2年ドコモ光タイプA2年ドコモ光タイプA140,380円105,400円263.50Mbps20.93ms
フレッツ光(東日本)北海道/東北/甲信越/関東2年プロバイダ:SoftBank光
ファミリータイプ
2年プロバイダ:SoftBank光
マンションタイプ
103,580円66,620円269.53Mbps21.25ms
フレッツ光(西日本) 北陸/東海/関/中国/四国/
九州/沖縄
2年ファミリータイプ
(プロバイダ:SoftBank光)
2年マンションタイプ
(プロバイダ:SoftBank光)
103,580円66,620円269.53Mbps21.25ms
ビッグローブ光全国2年ファミリータイプ2年マンションタイプ111,852円82,812円262.12Mbps20.63ms
BBIQ光九州地方
※沖縄を除く
3年BBIQつづけて割
指定オプション2つ加入金額込:
(雑誌読み放題440円+アプリ放題550円)
3年BBIQつづけて割
指定オプション2つ加入金額込:
(雑誌読み放題440円+アプリ放題550円)
175,040円141,760円341.06Mbps25.50ms
ピカラ光四国2年2年光ねっと(1Gプラン)106,560円76,200円358.29Mbps21.85ms
eo光大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀/
和歌山/福井
2年1ギガコース2年マンションタイプ
(モデムレンタル料込み)
※マンションタイプは建物により料金が異なる
107,652円83,124円432.37Mbps17.90ms
メガエッグ光中国地方3年メガ・エッグ 光ネット [ホーム]3年メガ・エッグ 光ネット [マンション]149,620円110,020円389.23Mbps25.92ms
コミュファ光愛知/岐阜/三重/静岡/長野2年1Gホーム
(機器利用料込み:
初月781円、2カ月目以降763円)
2年1GマンションF
(機器利用料込み:
初月781円、2カ月目以降763円)
61,940円35,160円551.93Mbps15.29ms
@nifty光全国2年ホームタイプ2年マンションタイプ123,380円91,744円214.61Mbps15.56ms
楽天ひかり全国3年ファミリータイプ3年ファミリータイプ156,520円130,420円205.38Mbps27.97ms
auひかりちゅら沖縄3年ホームしま割プラン2年マンションギガしま割プラン208,284円88,296円334.69Mbps38.62ms
@Tcom全国2年ファミリータイプ2年マンションタイプ92,100円64,740円238.35Mbps15.47ms
J:COM北海道(札幌)/宮城(仙台)/関東/
関西/中国/山口(下関)/九州
※上記の一部にのみ提供
2年お得NET 1G2年お得NET 320119,184円100,974円183.14Mbps25.74ms
iTSCOM東京/神奈川2年1ギガコース
(テレビ込み)
2年600メガコース
(テレビ込み)
141,240円107,360円64.30Mbps13.94ms
ぷらら光北海道/東北/甲信越/関東北陸/
東海/関西/中国/四国/九州/
沖縄
2年ファミリータイプ
(機器使用料330円込み)
2年ファミリータイプ
(機器使用料330円込み)
121,380円86,400円260.62Mbps21.21ms
U-NEXT光全国2年にねん割2年にねん割140,580円113,652円142.33Mbps14.80ms
DMM光全国2年DMM光定額プラン2年マンションプラン129,448円101,992円260.28Mbps24.54ms
IIJmioひかり全国2年ファミリータイプ2年マンションタイプ128,952円99,252円333.04Mbps19.44ms
DTI光全国2年ファミリープラン2年マンションプラン132,400円99,420円273.81Mbps15.80ms
excite光全国2年戸建てプラン2年マンションプラン135,636円106,260円146.61Mbps33.58ms
AsahiNet光全国2年ファミリーコース2年マンションコース123,712円99,472円233.88Mbps16.76ms
broad光全国2年ファミリータイプ2年マンションタイプ166,452円137,412円111.54Mbps29.20ms
Drive光全国2年シンプル2年シンプル125,752円96,052円115.24Mbps27.40ms
VALUENET(東日本)北海道/東北/甲信越/関東2年思いっきり割適用時2年思いっきり割適用時155,364円119,052円75.13Mbps22.60ms
VALUENET(西日本)北陸/東海/関/中国/四国/
九州/沖縄
2年もっともっと割適用時2年プラン2173,844円124,596円75.13Mbps22.60ms
クラウド光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
2年クラウド光2年クラウド光189,772円
hi-hoひかり全国3年hi-ho 363年hi-ho 36179,520円128,700円149.60Mbps27.19ms
光GIGA全国2年光ギガ ファミリー53002年光ギガ マンション4200169,420円140,380円145.64Mbps32.77ms
クイック光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
2年イック光プラス・ファミリー
(安心パック550円込み)
2年クイック光プラス・マンション
(安心パック550円込み)
128,242円101,842円533.24Mbps18.70ms
Swift光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
3年Swift 光プラス3年Swift 光プラス145,030円101,030円
おてがる光全国2年ファミリータイプ2年マンションタイプ134,992円105,292円277.86Mbps19.59ms
enひかり全国2年ファミリータイプ2年マンションタイプ130,680円104,280円345.66Mbps23.52ms
NEXT光 北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/
茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/
岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/
滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/
佐賀
2年定期契約型コース2年定期契約型コース134,772円142.33Mbps14.80ms
OCN光全国2年OCN 光 ファミリー
2年自動更新型割引適用の場合
2年OCN 光 マンション
(2年自動更新型割引適用の場合)
128,700円85,800円268.61Mbps19.32ms
USEN光全国2年USEN光 plus ファミリー
(2年自動更新契約型割引適用の場合
プロバイダ:OCN1210円)
2年USEN光 plus マンション
(2年間自動更新型割引適用の場合
プロバイダ:OCN990円込み)
162,492円127,512円144.42Mbps11.83ms

光回線のオススメ記事