1. ホーム
  2. 光回線
  3. NURO光
  4. 在宅ワークにNURO光をおすすめする理由と通信環境を整える必要がある理由
公開日:2021/02/15
最終更新日:2021/07/02

在宅ワークにNURO光をおすすめする理由と通信環境を整える必要がある理由

在宅ワークが増えてきた
自宅でWeb会議をするためにネット環境を整えたい

新型コロナウイルスの影響により、テレワークを取り入れる企業が増えています。快適な在宅ワークを実現するためには、以下の2つの環境を整えることが大切です。

  1. 快適なネット環境
  2. 充分な仕事スペース

この記事では、上記のうち、快適なネット環境について解説していきます。

Web会議やチャットをスムーズに行うためには、安定したインターネット環境が必須です。会議の参加者や迷惑をかけないためにも、ネット環境の整備はもはやマナーとなりつつあります。

在宅ワークにあたりネット環境を整えたいと考えたなら、光回線の導入が良いでしょう。その理由は、光回線は最大速度が大きく、回線も安定しやすいからです。中でも特におすすめできるのは、NURO光と言えます。

多くの光回線サービスが下り最大通信速度が1Gbpsのところ、NURO光は下り最大2Gbpsであり、速さに定評があるためです。記事内では、より詳しくNURO光と他社の光回線の速度と料金を比較して検討していきます。

NURO光
NURO光×So-net
  • 2021年7月より新プランG2D・G2T登場
  • 公式特設ページから申し込みで45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費は月額基本料金から割引(実質無料)

また、NURO光をお得に利用スタートできるキャンペーン情報についても、あわせて紹介します。

それでは、見ていきましょう。

この記事のもくじ

なぜ、ネット環境を整えなくてはならないのか?

自宅のパソコンで業務を行う在宅ワーク。オンライン会議ツールやチャットアプリ、ファイル共有サービスなどを使う機会が増えたという人も多いでしょう。これらのシステムを快適に使うためには、安定したインターネット回線が必須です。

在宅ワークは新型コロナウイルス対策として、多くの企業に広く普及しました。しかし、感染対策だけでなく、通勤やオフィスのコスト削減、育児や介護を行う社員の継続雇用にも効果的とされ、今後も定着していくと考えられています。

現在は社内のやりとりのみがオンラインであったとしても、将来的には社外とのやりとりや、重要な会議なども全てネット上で行われる可能性も充分にあるのです。

このような状況において、自宅に安定したインターネット環境を整備することは、もはやマナーになりつつあります。

快適なネット環境が必要となる場面は、もちろん業務だけではありません。オンラインでの飲み会や、モノとインターネットをつなぐIoTなど今後はより普及していくと予想されます。

快適に業務を行うためにも、プライベートを楽しむためにも、安心できるインターネット環境が不可欠と言えるでしょう。

今のネット環境は問題ないか?

自宅にインターネット回線はあるものの、その環境に満足していない人も多いのではないでしょうか。インターネット回線が原因となり生じる問題としては、以下が挙げられます。

  • 画質が悪い
  • 声が途切れ途切れになる
  • 通信が頻繁に切れる
  • ファイルのダウンロードやアップロードが遅い

商談や重要なミーティングにおいて、このような問題が生じた場合、機会損失に繋がる可能性も高いです。上記の問題で該当する項目がある場合は通信環境を変える必要があると言えます。

NURO光
NURO光×So-net
  • 2021年7月より新プランG2D・G2T登場
  • 公式特設ページから申し込みで45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費は月額基本料金から割引(実質無料)

自宅で利用できるインターネット回線には、ポケットモバイルWi-Fiやテザリング、光回線など、様々なタイプがあります。

その中で、在宅ワークに適しているのは光回線です。その理由は、光回線と比較してモバイルWi-Fiやテザリングは回線の最大速度が小さく、ビデオ通話などがスムーズにできない可能性が高いためです。

また、モバイルWi-Fiやテザリングには1日、もしくは1ヵ月あたりの使用通信量に上限が設けられていることも多く、業務中に通信量の上限を超過してしまうと、速度制限がかかります。

このような理由から、快適な在宅ワークを実現するためには、光回線の利用がベストと言えるのです。

在宅ワークをより良い環境でおこなうには光回線

ここでは、在宅ワークに光回線がおすすめできる具体的な理由を解説します。光回線を利用する大きなメリットは、以下の2点です。

  • 常に安定した通信が可能
  • 複数同時接続でも快適

安定した通信と最低限必要な通信速度の目安

1つ目のメリットは、光回線では安定した通信が可能なことです。

NURO光を除く、多くの光回線業者の基本プランにおける下りの最大速度は1Gbpsです。オンライン会議サービスZoomによると、高画質でのグループビデオ発信に必要な速度は3Mbpsとされています。

最大速度とはあくまでも理論上の数値であり、実際の通信速度はその3~6割程度と言われます。しかし、それでも1Gbpsの速度があれば充分に対応可能なことが予想できます。

光回線は通信速度が速いため、会議などにおいて相手に不快な思いをさせにくいのです。

在宅ワークは多数同時接続でも快適な通信環境を整える必要がある

2つ目のメリットは、光回線では最大通信速度が大きいため、複数人が同時に接続していても、快適にネットを利用できることです。

夫婦2人ともテレワークをしていたり、家族の誰かが動画の視聴やオンラインゲームをしていたりしても、光回線であれば動きが遅くなることは少ないでしょう。

もちろん、光回線にはメリットだけではありません。主なデメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

  • 引き込み工事が必要
  • 月々5,000円弱~のコストがかかる

1つ目に、光回線の利用のためには回線の引き込み工事を行う場合があります。工事内容は環境や利用回線によって変わり、NURO光の場合には最大2回の立ち合いが必要です。

ただし、賃貸住宅に住んでいる場合や、前の住居者が光回線の引き込み工事を行っていた場合は、工事不要で機器の設置のみで使える場合もあります。

2つ目に、光回線には毎月5,000円程度のコストがかかります。

ただし、モバイルWi-Fiを利用した場合やテザリングサービスを利用した場合にも同様に料金は発生します。

例えばモバイルWi-Fiであれば月々概ね3,000〜4,500円程度、テザリングであれば無料で使えるケースがあるものの、スマートフォンのデータ容量を消費してしまう場合があります。

また、在宅ワークを推進している企業の中には、「テレワーク手当」が設立されることも増えています。また、長い目で見ると全般的なインターネット接続にかかる料金は年々減少しています。家計を圧迫するような大きな負担とはなりにくいでしょう。

ここまで、光回線のメリットとデメリットを解説してきました。総じて見ても、在宅ワークにおいて快適に業務を進めるためには、光回線が適していると言えるでしょう。

通信速度が最大2Gでる光回線はNURO光

在宅ワークに特におすすめできる光回線は、NURO光です。

その理由は、多くの光回線業者が上下の最大速度を1Gbpsとしている中、NURO光は他社は上り1Gbps、下り2Gbpsの最大速度を誇るからです。NURO光は他社よりも安定して、高速でインターネットを使える可能性が高いと言えます。

ただし、NURO光は提供エリアが限定的であることに注意が必要です。NURO光の提供エリアは、以下の都道府県の一部地域です。

エリアは順次拡大していますが、あらかじめ住んでいる場所が提供エリアかどうかを調べたうえで申し込みしましょう。具体的な住所でのエリア確認は、NURO光の公式サイトから行えます。

NURO光の対応エリア…北海道、東京、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、福岡、佐賀

NURO光の月額料金について見ていきましょう。NURO光には3年間契約のG2Tプランと2年契約のG2Dプランの2つがあります。

3年間契約のG2Tプランは月額5,200円で利用できます。利用開始には通常44,000円の工事費用がかかりますが、NURO光の公式特設サイトから申し込むとキャンペーンが適用され、実質無料となります。そのほか、公式特設サイトから申し込むと以下の特典とが受けられます。

  • 45,000円のキャッシュバック
  • 設定サポート1回無料

キャッシュバックは、申し込みから12ヶ月後の月末までにNURO光を開通した人を対象に、開通から6ヶ月後に指定口座へ振り込まれます。なお、キャッシュバックを受け取るために、オプションサービスへの申し込みなどは不要です。

また、インターネットやセキュリティソフトの設定サポートも無料で利用できるため、初めての光回線の利用でも不安なく使い始められます。

NURO光
NURO光×So-net
  • 2021年7月より新プランG2D・G2T登場
  • 公式特設ページから申し込みで45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費は月額基本料金から割引(実質無料)

マンションプランは、NURO光の設備が入ったマンションで利用可能なプランです。月額料金は同じ建物内でNURO光を利用している人の人数によって、以下のように異なります。

  • 10人以上…2,090円
  • 9人…2,420円
  • 8人…2,530円
  • 7人…2,640円
  • 6人以下…2,750円

同じマンション内でNURO光を使っている人が多ければ多いほど、月額料金が安くなることがわかります。利用開始時には戸建てプラン同様、通常44,000円の開通工事が必要となります。

ただし、NURO光の公式特設サイトから申し込むと、実質無料となります。そのほか、公式特設サイトからの申し込み特典として25,000円のキャッシュバックを受けられます。

詳しいキャンペーン内容については、NURO光の特設サイトで確認してみてください。

NURO光 for マンション
NURO光 for マンション
  • NURO光なら下りの最大通信速度が2Gbps
  • 設備導入済みなら1~2週間で利用可能
  • マンションでの利用者数が増えるほど月額料金が安くなる

4大光回線と料金、速度比較

次は、NURO光と競合する光回線を比較してみましょう。ここでは、ソフトバンク光、ドコモ光、So-net光プラスの3社を取り上げて解説します。各社の最大通信速度と戸建て・マンションそれぞれの月額料金は以下の通りです。

光回線名称 最大通信速度 月額料金(戸建て) 月額料金(マンション)
NURO光 上り1Gbps、下り2Gbps 5,217円 2,750円〜
ソフトバンク光 上下1Gbps 5,720円 4,180円
ドコモ光 上下1Gbps 5,720円 4,400円
So-net光プラス 上下1Gbps 2年間:3,780円
3年目以降:6,138円
2年間:2,780円
3年目以降:4,928円

ソフトバンク光・ドコモ光・So-net光プラスは、全て「光コラボレーション」と呼ばれる光回線です。

光コラボレーションとは、NTT東西が提供する「フレッツ光」の回線を各プロバイダ事業者が借り受けて提供するサービスを指します。つまり、光コラボで利用される回線は、どれも共通してフレッツ光回線だということです。

そのため、上下の最大速度は全て同じ1Gbpsとなっています。

同じフレッツ光回線を使っているとはいえ、各事業者によりサービスなどは異なります。各事業者の違いを見ていきましょう。

ソフトバンク光の特徴は、ソフトバンクスマホとのセット割引があることと、乗り換えの場合に違約金負担をしてくれることです。

スマホとのセット割では、ソフトバンク光の契約者とその家族のソフトバンクスマホの利用料金が、毎月最大1,000円割引になります。なお、対象は最大10回線までで、離れて暮らす家族も対象になります。

家族でソフトバンクスマホを使っている場合は、大きな割引になるでしょう。また、他社からソフトバンク光に乗り換える際に違約金が発生した場合、最大10,000円までを負担してもらえるサービスもあります。

ただし、ソフトバンク光は上下の最大速度が1Gbpsであり、月額料金がNURO光と比べて割高であるというデメリットがあります。光回線で重視すべきポイントの「速さ」「月額料金」に着目すると、NURO光に分があると言えるでしょう。

ドコモ光の特徴は、ドコモスマホとのセット割があることです。ソフトバンク光同様、契約者とその家族のドコモスマホ利用料金が、毎月最大1,100円割引になります。

割引の対象は最大20回線までで、離れて暮らす家族も対象です。また、ドコモ光は24社プロバイダから任意の1社を選ぶことができます。

各プロバイダでは、現金キャッシュバックキャンペーンや無料でのWi-Fiルーターレンタルサービスを行っており、好きなものを選択できます。ドコモ光のデメリットは、やはり月額料金がNURO光と比較して割高なことと、最大速度が1Gbpsであることです。

ドコモ光のプロバイダは2つのタイプに分けられており、表に記載の金額は「タイプA」を選択した場合の数字です。もうひとつの「タイプB」を選んだ場合の月額料金は、戸建ての場合5,940円、マンションの場合4,620円とさらに高額となります。

So-net光プラスの特徴は、auスマホとのセット割があることと、利用開始から2年間の月額料金が安いことです。

So-net光プラスとSo-net 光 電話を契約した場合、契約者とその家族のauスマホの利用料金が毎月最大1,000円割引になります。割引は最大10回線までで、50才以上の離れて暮らす家族も対象です。

2年間の利用料金が安いSo-net光プラスですが、3年目以降の利用料金が値上がりすることに注意が必要です。

また、3年間の最低契約期間が設けられているため、料金の安い2年間のみ利用して解約することは基本的にできません。契約は3年ごとに自動更新となり、解約月以外の解約では20,000円の違約金がかかることに気をつけましょう。

4社を比較すると、NURO光のみが下り最大2Gbpsと他社の2倍の速度を誇りながら、月額料金が低いことがわかります。

利用開始から2年間のみの利用料金を見ると、So-net光プラスが最安ですが、3年目以降も使い続けることを考えると、やはりNURO光が料金面でも有利だと言えるでしょう。

また、NURO光のメリットとして、提供されるONUに無線ルーター機能が備わっていることが挙げられます。他の3社をはじめとした、多くの光回線サービスでは、自宅で無線利用したい場合はONUの他にルーターを用意する必要があります。

しかし、NURO光ではその必要がありません。余計な費用がかからずに済む、見た目がスッキリするというのは大きなメリットと言えるでしょう。

以上のことから、4つの光回線の中でも、NURO光が最も在宅ワークに適していると言えるのです。

NURO光
NURO光×So-net
  • 2021年7月より新プランG2D・G2T登場
  • 公式特設ページから申し込みで45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費は月額基本料金から割引(実質無料)

まとめ

ここまで、在宅ワークにおけるインターネット環境について解説してきました。

在宅ワークにおいて、重要な会議や商談をオンラインで快適に行うためには、安定したインターネット環境の整備が必須となってきます。在宅ワークのためには、光回線の利用がおすすめです。その理由は、光回線は安定した通信速度が保たれ、また複数人での同時接続にも耐えられるためです。

光回線の中でも特に在宅ワークにおすすめなのは、NURO光です。その理由は、多くの光回線の下り最大速度が1Gbpsである中、NURO光は2倍の下り最大2Gbpsを誇るためです。

速さに定評がある光回線であり、快適に在宅ワークを行えるでしょう。また、NURO光公式特設サイトから申し込むことで、戸建てだと45,000円、マンションだと25,000円のキャッシュバックを受けられます。

この記事を参考に、他社と速度、料金を比較して検討してください。

NURO光
NURO光×So-net
  • 2021年7月より新プランG2D・G2T登場
  • 公式特設ページから申し込みで45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費は月額基本料金から割引(実質無料)
NURO光 for マンション
NURO光 for マンション
  • NURO光なら下りの最大通信速度が2Gbps
  • 設備導入済みなら1~2週間で利用可能
  • マンションでの利用者数が増えるほど月額料金が安くなる

NURO光のオススメ記事