事業者変更とは?メリットや注意点、切り替える流れを解説

事業者変更とは?工事不要で乗り換え可能

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

光回線を利用していると、聞き慣れない言葉を耳にする機会があると思います。「事業者変更」も、その1つではないでしょうか。

事業者変更とは「契約中の光コラボから、他社の光コラボへ工事不要で乗り換えること」です。解約手続きも不要なため、簡単に乗り換えできます。

この記事では「事業者変更について詳しく知りたい」という方に向けて、事業者変更のメリットや注意点、流れまでお伝えしていきます。

ひとことメモ:光コラボとは?

光コラボは、NTT東日本・NTT西日本(フレッツ光の提供元)の回線を借り受けて提供されている光回線サービスのこと。

例)ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光

神谷孝志の写真

AUTHOR

神谷孝志

AUTHOR

神谷孝志

新卒で一般企業に就職したのち、インターネット回線を扱うライターに転向。複数の通信系メディアの立ち上げ・運営を経験し、現在では"ネットのいろは"で情報を発信中。記事作成のモットーは「ユーザーファースト」

もくじ

事業者変更とは

事業者変更とは「契約中の光コラボから、他社の光コラボへ工事不要で乗り換えること」です。

事業者変更とは

事業者変更の手続きは「簡単」です。初めて光回線を乗り換える方でも、スムーズに行えますよ。

事業者変更の流れについては記事後半に解説しますね。

事業者変更ができない光回線もある

NURO光やauひかりを利用している方は、事業者変更ができません。

フレッツ光や光コラボはNTTの回線を使用していますが、NURO光やauひかりは独自に所有する回線を使用しています。そのため、契約先の変更だけでなく、回線を変更する工事が必要になるのです。

事業者変更ができないケース

事業者変更ができない光回線は他にもあります。

事業者変更ができない光回線
  • NURO光
  • auひかり
  • コミュファ光(東海・中部地方限定)
  • eo光(近畿地方・福井県限定)
  • メガ・エッグ(中国地方限定)
  • ピカラ光(四国地方限定)
  • BBIQ(九州地方限定)

上記の光回線から乗り換える場合は、事業者変更ではなく「利用中の光回線を解約して、新しく申し込む」という流れになります。

事業者変更と転用は違うもの?

事業者変更は「転用」という言葉と一緒に紹介されることが多いです。事業者変更と転用は何か違いがあるのでしょうか。

事業者変更と転用は「光回線の乗り換え」という意味では同じです。しかし、現在利用中の光回線によって、呼ばれ方が異なります。

利用中の光回線名称
光コラボ
(フレッツ光・光コラボへ乗り換え)
事業者変更
フレッツ光
(光コラボへ乗り換え)
転用

もし、転用の手続きが必要な場合は、以下の記事を確認しましょう。事業者変更については、引き続き本記事で解説していきます。

事業者変更のメリット

事業者変更をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、事業者変更のメリットを紹介します。

事業者変更のメリット
  • 乗り換えが簡単
  • インターネットを継続して使える
  • ひかり電話の電話番号を引き継げる
  • ルーターをそのまま使える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

乗り換えが簡単

事業者変更は、現在利用しているNTTの回線はそのままで、光回線を提供する事業者を変更することを指します。

事業者変更は乗り換えが簡単

事業者変更の場合は、解約手続きが不要です。開通工事も不要なため、約10日程度で簡単に乗り換えらえれます。

インターネットを継続して使える

一般的に光回線同士の乗り換えでは、乗り換え先の工事が完了するまでインターネットが利用できない期間ができてしまいます。

一般的な乗り換えには空白期間が生じる

このような乗り換えだと「インターネットを使えない期間はどうしよう……」と不安になるかもしれません。

しかし、事業者変更は解約手続きや開通工事が不要なため、インターネットを継続して利用できます。インターネットが利用できなくなる心配もありません。

ひかり電話の電話番号を引き継げる

事業者変更をしても、現在使っているひかり電話の電話番号はそのまま引き継げます。

ひとことメモ:ひかり電話とは

光ファイバーケーブルを使った固定電話サービスのこと。従来の固定電話に比べ、月額料金や通話料金が安いのが特徴です。

電話番号が変わってしまうと、電気やガス、水道、銀行、クレジットカード会社や友人などに「電話番号を変更したよ」と伝えなければなりません。

その点、電話番号が変わらなければ連絡は不要です。ひかり電話を使っている方は、大きなメリットですね。

ルーター(ONU)をそのまま使える

現在の光回線で利用しているルーター(ONU)は、乗り換え先でそのまま使うことができます。

光コラボの提供元は同じNTTであるため、ルーターをわざわざ取り換える必要がないのです。ルーターの設定など面倒な手間が省けるのは嬉しいですね。

また、ルーターを返却する必要がなく、送料や手間がかからないのもメリットだと言えます。

事業者変更をする際は、お得なキャンペーンを実施している光回線に乗り換えよう。

事業者変更を行う時の注意点

ここまでは、事業者変更の詳細やメリットについて紹介してきましたが、事業者変更に対する理解は深まってきましたか?

ここからは、事業者変更を行う注意点について紹介していきます。

事業変更を行う時の注意点
  1. 通信速度は改善しにくい
  2. 最終月の料金は日割りにならない
  3. 違約金が発生する場合がある
  4. オプションの解約が必要な場合がある

それぞれ見ていきましょう。

通信速度は改善しにくい

光コラボは同じNTT回線を使用した光回線であるため、事業者を変更しただけでは速度の改善は見込めません。

「通信速度が遅いから乗り換えたい」という方は、光コラボではなく、独自の回線を使用した光回線へ乗り換えることで、通信速度が改善する可能性があります。

独自の回線を使用した光回線をまとめてみました。

独自の回線を使用した光回線

上記の光回線は、回線が混雑しづらく、通信速度が安定しやすいとも言われています。オンラインゲームをプレイするなど高速通信が必要な方は、ぜひこちらの光回線も検討してみてくださいね。

切替月は二重請求される可能性がある

事業者変更の切替月は「乗り換え元&乗り換え先」から二重請求される可能性があります。

請求される料金
  • 乗り換え元:解約月の月額料金
  • 乗り換え先:初月の日割り料金
切替月は二重請求される可能性がある

乗り換え先の開通日を、月の切り替わりに合わせることで、二重請求を避けられます。

不安な方は、乗り換え先のカスタマーサポートに聞いてみましょう。二重請求が起きないように手配してもらえるはずです。

違約金が発生する場合がある

利用中の光回線を解約する場合、違約金が発生する場合があります。事業者変更において解約手続きは不要ですが、違約金には注意しましょう。

主要光コラボの違約金は以下のようになっています。

光コラボ違約金
ソフトバンク光5,720円
ドコモ光5,500円
ビッグローブ光4,230円
楽天ひかり5,280円
So-net光プラス4,580円
OCN光3,600円
@スマート光0円
※2年契約・戸建てプランの場合(楽天ひかりは3年契約)

なるべく違約金が発生しない「更新月」で解約できるように、事業者変更の予定を立てておくのがおすすめです。

また、工事費の残債(未払い分)が残っている場合は、違約金と一緒に請求されます。現在、工事費を分割で支払っている方は注意してくださいね。

更新月や工事費の残債については、利用中の光回線サービスの「マイページ」から確認できます。

違約金負担がある光回線に乗り換えることで、違約金や工事費の残債を負担してもらえます。
→違約金負担がある光回線を見る

オプションの解約が必要な場合がある

光コラボが独自に用意しているセキュリティなどのオプションは、自動的に解約されません。そのため、ご自身で解約が必要です。

別途解約が必要なオプションは光コラボによって異なります。

事業者変更を行う前に、そのような有料オプションに入っていないか確認しましょう。判断ができない場合には、電話などで直接問い合わせてみてください。

事業者変更の流れ

ここまで、事業者変更の概要や注意点について紹介してきましたが、実際に事業者変更を行う時には、どのような流れで進めていくのでしょうか。

事業者変更の流れは以下の通りです。

事業者変更の流れ
  1. 事業者変更承諾番号を取得する
  2. 乗り換え先の光コラボを申し込む
  3. レンタル機器を返却する
  4. 切替当日を迎える

事業者変更の流れに沿って、詳しく見ていきましょう。

手順1:事業者変更承諾番号を取得する

はじめに、契約中の光コラボから事業者変更承諾番号を取得します。

ひとことメモ:事業者変更承諾番号とは

事業者変更承諾番号とは、契約中の光コラボから、他社の光コラボに乗り換える場合に必要になる番号のこと。11桁の英数字で構成されています。

事業者変更承諾番号
参照元:ソフトバンク光公式サイト

事業者変更承諾番号の発行には手数料が発生する場合があります。

事業者変更承諾番号は、契約中の光コラボの窓口に連絡し「事業者変更承諾番号を発行してほしい」伝えることで取得できます。

代表的な光コラボの事業者変更承諾番号の発行窓口をまとめました。ぜひ活用してください。

光コラボ発行窓口営業時間
ソフトバンク光0800-111-671010:00~19:00
ドコモ光0120-800-0009:00~20:00
ビッグローブ光0120-907-5059:00~20:00
楽天ひかり0120-987-3009:00~18:00
So-net光プラス0120-45-25229:00~18:00
OCN光0120-506-50610:00~19:00※1
@スマート光050-5577-30239:00~18:00
※1:日曜・祝日・年末年始は除く

事業者変更承諾番号は有効期限が15日と決められています。事業者変更承諾番号を発行したら、早めに手順2へ進みましょう。

事業者変更承諾番号の有効期限が切れてしまうと、再発行の手続きが必要になるので注意してくださいね。

手順2:乗り換え先の光コラボを申し込む

事業者変更承諾番号を発行してから15日以内に、乗り換え先の光コラボを申し込みましょう。

例としてOCN光を申し込む場合を見てみます。

OCN光の申し込み画面
※引用元:OCN光公式サイト

事業者変更の場合は、画像右の「他社の光コラボをご利用中の方」といった表記がされているものを選びましょう。

手順3:レンタル機器を返却する

契約中の光コラボからレンタルしている機器がある場合は返却します。

光コラボにもよりますが、機器を返却しないと多額の違約金が請求されてしまいます。返却すべき機器が分からない場合は、契約中の光コラボのお問い合わせ窓口から確認しましょう。

ちなみに、ONU(NTTのロゴが入った黒い機器)は乗り換え先の光コラボでも使用するため、返却不要です。イメージ画像は以下を参照してください。

NTT ONU
※引用元:NTT西日本ショッピングサイト

手順4:切替当日を迎える

実際に事業者変更が行われる切替日には、特にやることはありません。ルーターもそのまま使えるため、設定なども不要です。

お使いのスマホやパソコン、ゲーム等でインターネットの接続が確認できれば、事業者変更は完了しています。

もし、インターネットに接続できない場合は、乗り換え先の光コラボに連絡してください。

事業者変更先を決めるポイント

ここでは、事業者変更先を決める時のポイントについて紹介します。まだ乗り換え先が決まっていない方は参考にしてくださいね。

セット割が使える光コラボを選ぶ

光コラボを選ぶ時には、セット割が適用されるものを選ぶのがおすすめです。

ひとことメモ:セット割とは

インターネット回線とスマホを同時に契約することで受けられる割引の事

お使いのスマホによって割引を受けられるインターネット回線が異なります。以下の表を参考にしてください。

スマホ対応光回線割引内容
ドコモドコモ光スマホから
1,100円割引
auビッグローブ光ソネット光プラス、@T COMヒカリ、@nifty光スマホから
1,100円割引
ソフトバンクソフトバンク光スマホから
1,100円割引
Y!mobileソフトバンク光スマホから
1,188円割引
UQモバイルビッグローブ光ソネット光プラス、@nifty光、@T COMヒカリスマホから
858円割引
NUROモバイルソネット光プラス、ソネット光minicoスマホから
792円割引
BIGLOBEモバイルビッグローブ光光回線から
3,300円割引
OCNモバイルONEOCN光スマホから
220円割引
DTI
(SIMサービス)
DTI光スマホから
165円割引
IIJmio
(SIMサービス)
IIJmioひかりスマホから
660円割引

代理店に相談する

事業者変更先の選び方としてもう1つおすすめなのが、代理店に相談することです。

代理店では数多くの光回線サービスを扱っているため、要望に合わせた1番最適な乗り換え先を探し出してくれます。

当社「株式会社NEXT」でも、ご自身に最適なプランを提案する電話やサポートを行っています。

乗り換え先の相談だけでも、お気軽にお問い合わせください。

→NEXT相談ページを見る

まとめ

この記事では、事業者変更について解説してきましたが、理解は深まりましたか?

言葉だけ聞くと難しそうな手続きですが、工事不要で乗り換えられるためとても便利ですよね。工事をする費用も抑えられます。

実際に事業者変更する際は、この記事を参考にしていただけると幸いです。

事業者変更に関するよくある質問

事業者変更とはどういうものですか?

事業者変更とは「契約中の光コラボから、他社の光コラボへ工事不要で乗り換えること」です。

撤去工事や解約手続きも不要なため、手軽に乗り換えできます。

事業者変更するのに必要なものはありますか?

「事業者変更承諾番号」というものが必要になります。

こちらは、現在契約中の光コラボ事業者に発行してもらいます。

事業者変更をしたはずなのに、切り替わらない場合はどうしたらいいですか?

事業者変更をしたのに切り替わらない、という場合には乗り換え先に連絡してみましょう。

何らかの原因でインターネットが開通できていない恐れがあります。

主な光コラボの連絡先は以下の通りです。

光コラボ電話番号営業時間
ソフトバンク光0800-111-200910:00~19:00
ドコモ光0120-800-0009:00~20:00
ビッグローブ光0120-04-09629:00~20:00
楽天ひかり0800-600-02229:00~18:00
So-net光プラス0120-117-2689:00~21:00
OCN光0120-047-86010:00~17:00
@スマート光050-5577-30239:00~18:00
事業者変更の流れを教えてください。

事業者変更の流れは以下の通りです。

  1. 事業者変更承諾番号を取得する
  2. 乗り換え先の光コラボを申し込む
  3. レンタル機器を返却する
  4. 切替当日を迎える

難しい手続きは不要で、簡単に進められます。

事業者変更の理解が深まったら、次は乗り換え先を選ぼう!お得なキャンペーンを利用してね。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ