WiMAXホームルーターのおすすめ端末は?スペックや口コミを徹底比較

WiMAXホームルーターのおすすめ端末は?スペックや口コミを徹底比較WiMAXホームルーターのおすすめ端末は?スペックや口コミを徹底比較

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

WiMAXのホームルーターの端末は2種類ありますが、どちらを選べばよいか迷ってしまいますよね。

結論からお伝えすると「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」がおすすめです。

この記事では、2種類の端末の違いを比較しながら、L12がおすすめである理由を解説していきます。WiMAXのホームルーター選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

この記事では、各端末を以下のように表記する場合があります。
Speed Wi-Fi HOME 5G L11→L11
Speed Wi-Fi HOME 5G L12→L12

神谷孝志の写真

AUTHOR

神谷孝志

AUTHOR

神谷孝志

新卒で一般企業に就職したのち、インターネット回線を扱うライターに転向。複数の通信系メディアの立ち上げ・運営を経験し、現在では"ネットのいろは"で情報を発信中。記事作成のモットーは「ユーザーファースト」

もくじ

WiMAXのホームルーターでおすすめは?

WiMAXの+5G対応ホームルーターは2種類あります。

WiMAXの+5G対応ホームルーター
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L12

この2種類の中でおすすめなのは、最新端末である「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」です。

まずは、端末のスペックについて比較してみましょう。

端末Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
名称Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
サイズW101×H179×D99mmW70×H182×D124mm
重量446g599g
最大通信
速度
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
同時接続
台数
有線:2台
無線:40台
有線:2台
無線:30台
その他OFDMA対応
4ストリーム
OFDM対応
2ストリーム
※下り:ダウンロード速度/上り:アップロード速度

端末代金はプロバイダごとに異なります。気になる方は以下を参考にしてください。

各プロバイダの端末代金を見る
プロバイダ端末代金
GMO とくとくBB WiMAX21,780円
ZEUS WiMAX21,780円
シンプルWiFi0円
5G CONNECT0円
DTI WiMAX21,780円
カシモ WiMAX21,780円
Asahiネット WiMAX21,780円
Broad WiMAX21,780円
UQ WiMAXL12:11,088円
L11:5,940円
MONSTER MOBILE取扱無
J:COM WiMAX10,780円
hi-ho WiMAX21,780円
Vision WiMAX21,780円
Tiki mobile WiMAX13,200円
みんなのらくらくWiFi21,780円
BIGLOBE WiMAX21,912円
DIS WiMAX21,780円
YAMADA WiMAX21,780円
BIC WiMAX21,780円
エディオン WiMAX21,780円
ヨドバシ WiMAX21,780円
KT WiMAX21,780円
So-net WiMAX21,780円
EX WiMAX19,800円
au WiMAXL12:43,200円
L11:39,600円

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、通信技術が向上し、軽量化も図られた端末となっています。そのため、WiMAXのホームルーターを選ぶなら、L12がおすすめですよ。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12のおすすめポイント

Speed Wi-Fi HOME 5G L12はどのような点が優れているのでしょうか。L11から進化した点も含めて、おすすめできるポイントを紹介していきます。

同時接続可能台数が10台増加した

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の最大接続可能台数は、無線で40台までとなっています。L11は30台までのため、10台も増加していますね。

最近では、インターネットに繋げる電化製品もあるため、同時接続可能台数が多いほうが便利です。

同時に接続しても通信速度が落ちにくくなった

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は「OFDMA」という通信技術によって、同時に接続しても通信速度が落ちにくくなりました。

同時に接続できる台数が10台増えた上に、通信速度も落ちにくくなっています。

L11はこの機能が非対応であり、接続台数も少ないです。そのため、同時に接続する機器が多い方はL12がおすすめですよ。

内臓されるアンテナが2本増加した

端末に内蔵されるアンテナが増えることで、高速で安定した通信が行えるようになっています。

端末名アンテナ数
Speed Wi-Fi HOME 5G L112本
(2ストリーム)
Speed Wi-Fi HOME 5G L124本
(4ストリーム)
ストリームの説明
※引用元:UQ WiMAX公式サイト

上記の画像のように、2車線の道路(2ストリーム)よりも4車線の道路(4ストリーム)の方が、渋滞が起こりにくくスムーズに流れる状態だと考えると分かりやすいかもしれません。

高速通信を行うには、アンテナが4本内蔵されている、Speed Wi-Fi HOME 5G L12がおすすめです。

150グラム以上軽量化された

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の端末重量は約446gです。L11は約599gであるため、150g以上軽量化されたことになります。

WiMAXのホームルーターは、登録住所以外でも利用できるため、軽いほうが持ち運びに便利です。

大きめのじゃがいも1個分ぐらい軽くなっているため、持ち運びがラクになるのではないでしょうか。

部屋の中での移動もしやすいため、コンパクトなL12がおすすめです。

専用アプリで電波状況を確認できるようになった

ホームルーターの電波状況は、端末を見てもよく分からないですよね。

「NEC WiMAX +5G Tool」という専用アプリを使うと、電波状況や通信量が一目で分かるようになっています。

専用アプリの画像
※引用元:App Store

また、アプリ上からホームルーター電源のオン/オフが切り替えられるため、簡単に節電ができるようになっています。とても便利なアプリですね。

WiMAXのホームルーターの評判

WiMAXのホームルーターを検討している方は、端末の評判が気になりますよね。

SNSに寄せられている口コミを見ていきましょう。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

L11とL12ともに「速い・遅い」という口コミ両方ありました。ただ、L12の方が速度に満足している方が多い印象です。

WiMAXのホームルーターをお試しできるサービスもあるため、実際の通信速度を体感してから申し込むのもおすすめです。お試しできるWiMAXは記事後半で紹介しています。

実際の通信速度は、周辺の通信環境や時間帯によっても変化します。

WiMAXのホームルーターと他社のホームルーターを比較

WiMAXのホームルータでおすすめのSpeed Wi-Fi HOME 5G L12と、他社のホームルーターを比較してみましょう。

項目WiMAX
(L12)
home 5Gソフトバンクエアー
本体Speed Wi-Fi HOME 5G L12
端末名Speed Wi-Fi HOME 5G L12HR01Airターミナル5
最大速度
(下り)
2.7Gbps4.2Gbps2.1Gbps
実測値
(下り)
102.07Mbps235.99Mbps81.93Mbps
データ容量無制限無制限無制限
端末代金11,088円39,600円71,280円
※データ引用元:みんなのネット回線速度(2023年1月24日時点)

他社のホームルーターと比較すると、WiMAXはバランスの取れたホームルーターであることが分かります。

WiMAXのホームルーターは、端末代金が圧倒的に安く、ソフトバンクエアーより通信速度が速い特徴があります。端末代金を抑えつつ、高速通信したい方におすすめです。

WiMAXはプロバイダ選びも重要

ホームルーターを選ぶことも重要ですが、WiMAXのプロバイダ選びも重要です。

WiMAXのプロバイダは20社以上あり、月額料金やキャンペーンが異なります。そのため、選ぶプロバイダによっては、3年間で80,000円以上差がつくこともあります。

WiMAXプロバイダの集合写真

以下の記事では、実際に支払う月額料金を比較し、最安のプロバイダを紹介しています。また「短期間で利用したい」などの条件別にも、おすすめのWiMAXを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

WiMAXのホームルーターは「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」がおすすめです。

SNSで見られる口コミも「速い!」「安い!」との声が多数あり、期待できるホームルーターですね。

コンパクトかつ高性能な端末をぜひ試してみてください。

WiMAXのホームルーターに関するよくある質問

L11とL12の違いについて教えてください。

L11とL12の違いは、主にサイズと通信性能です。

まずサイズの違いから見ていきましょう。

項目L12L11
本体Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
サイズW101×H179×D99mmW70×H182×D124mm
重量446g599g

L12の方が軽量で、コンパクトな端末です。背も低く部屋にもなじみやすいサイズ感になっています。

また、WiMAXのホームルーターは持ち運びもできるため、コンパクトな方が便利ですよ。

L11とL12は通信性能も異なります。L12の方が高性能で、安定した高速通信ができます。

項目L12L11
対応回線・5G回線
・4G LTE回線
・WiMAX2+回線
・5G回線
・4G LTE回線
・WiMAX2+回線
同時接続台数有線:2台
無線:40台
有線:2台
無線:30台
その他OFDMA対応
4ストリーム
OFDM対応
2ストリーム

コンパクトで通信性能が高いSpeed Wi-Fi HOME 5G L12がおすすめです。

提供エリアを教えてください。

WiMAXのホームルーターは、日本全国で提供されています。そのため、山岳地域や離島を除くエリアであれば、基本的に利用できます。

提供エリア内であっても、5Gには対応していない場所もあるため、WiMAXを申し込む前に確認しておきましょう。

エリアの確認は以下のページからできますよ。

→WiMAXの提供エリアを確認する

お試しすることはできますか?

5G CONNECTが実施している「30日間お試しモニター」を利用することで、WiMAXのホームルーターをお試しできます。

5G CONNECTの30日間お試しモニター
※引用元:5G CONNECT公式サイト

5G CONNECTの30日間お試しモニターは、WiMAXを30日間お試しできるキャンペーンです。

WiMAXをお試ししたいという方には便利なキャンペーンではないでしょうか。

ただ「30日間お試しモニター」の注意点もあるため、お試しする前に確認しておきましょう。

5G CONNECT「30日間お試しモニター」の注意点
  • 初めて申し込む方しか適用されない
  • データ使用量が20GBを超えた場合は対象外
  • 申し込みから30日以内に端末を返却する必要がある

この注意点を把握していないと、追加費用を取られたり、モニターの対象外になってしまうことがあります。

UQ WiMAXも「Try WiMAX」というサービスがありますが、レンタル対象機器がL11だけになっています。L12をお試ししたい方は、5G CONNECTの「30日間お試しモニター」を利用しましょう。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ