「ベストエフォート型」ってどういう意味?‐ネット回線の契約時に注意すること

「ベストエフォート型」ってどういう意味?‐ネット回線の契約時に注意すること

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

インターネット回線について調べていると「ベストエフォート型のサービスです」という表記をよく見かけます。

ベストエフォート型とは「常にこのくらいの通信速度が出る」という保証がないインターネット回線のことです。

これを聞いて「通信速度の保証がないインターネット回線なんて利用したくない」と考える方もいるかも知れません。ただ、一般の方は基本的に「ベストエフォート型のインターネット回線」を利用しています。

本記事では、皆さんが利用しているベストエフォート型のインターネット回線が「どんなサービスなのか」詳しく解説していきます。

本記事の内容
  • ベストエフォートとは
  • ベストエフォート型インターネット回線契約時の注意点
  • ベストエフォート型インターネット回線を快適に利用する方法
ネットのいろは編集部の写真

AUTHOR

ネットのいろは編集部

AUTHOR

ネットのいろは編集部

インターネット関連の情報をお届けする「ネットのいろは」の編集部です。光回線、モバイルルーターやスマホなどの情報を網羅的に発信しています。

もくじ

ベストエフォートとは

ここではベストエフォート型のインターネット回線がどういうものなのか解説していきます。

ベストエフォートの意味は「最大限の努力」

ベストエフォート(best effort)とは、日本語で「最大限の努力」という意味です。

状況によって品質や性能が変わってしまうサービスにおいて「品質の保証はしないが、最大限の努力(ベストエフォート)をする」という意味で使われます。

そして、インターネット回線でベストエフォート型という表記があった場合「通信速度の保証はしないが、できる限り速い通信速度を提供できるように努力する」という意味になります。

ベストエフォート型のインターネット回線

ベストエフォート型のインターネット回線とは、一言で言うと「通信速度の保証がない」サービスです。

インターネット回線の広告などで「最大通信速度1Gbps」という表現がよく使われます。

この最大通信速度というのはあくまで通信速度の上限です。実際の通信速度は回線の混雑状況や通信機器の性能によって変化します。

ベストエフォート型 通信速度

このように、事業者がコントロール出来ない要因で通信速度は変化してしまうので「常にこれくらいの速度が出ます」と保証することが難しいのです。

そのため事業者は「通信速度の保証はしないが、できる限り速い通信速度を提供できるように努力する」というスタンスのベストエフォート型として、インターネット回線を提供しています。

ベストエフォート型サービスとは、最大速度及び接続可能性に関して保証せず、特定の条件下など可能な場合にのみ最大限の速度での通信が可能となる方法です。回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度は低下する場合があります。

引用元:『インターネットの現状と品質の測定につきまして』JAIPA

一般向けのインターネット回線はベストエフォート型のサービスです。

ベストエフォートの反対はギャランティ

通信速度の保証がないベストエフォートに対して、通信速度を保証してくれるサービスを「ギャランティ(guarantee)」といいます。ギャランティは日本語で「保証」という意味です。

ギャランティ型のサービスでは、10Mbpsや100Mbpsといった最低速度が保証されていて、それを下回る場合には料金の一部返還などの賠償がなされます。

魅力的に感じますが、専用設備の設置などでコストが高くなるため、一般ユーザー向けのサービスはありません。

多くは企業向けのサービスとして提供されています。

ベストエフォートが採用される理由

通信速度が保証されていないベストエフォート型が広く普及しているのは「料金が安いから」です。

ギャランティ型のように専用の設備や回線の確保が必要ないため、安い料金で提供できます。

試しに、NURO光のベストエフォート型とギャランティ型の料金を比較してみましょう。

NURO光
(ベストエフォート)
NUROアクセス
(ギャランティ)
月額料金5,200円10M:20,735円
30M:55,000円
50M:165,000円
※数字は最低保証速度
開通工事費44,000円55,000円
初期費用なし165,000円
事務手数料3,300円

NUROアクセスは、10Mbpsの保証でNURO光の4倍近い月額料金になり、保証速度が上がるとさらに料金が高くなります。通信速度の確保には、それだけコストがかかるということなのでしょう。

加えて、初期費用や開通工事費も高額です。

一般の方へ提供するには、あまり現実的な金額ではありません。

そのため、低コストで利用できるベストエフォート型が、一般向けサービスとして普及しています。

ベストエフォート型インターネット回線契約時の注意点

ベストエフォート型のインターネット回線を契約する際に注意しなければならないことがあります。

これから新たにインターネット回線を契約する方は、ぜひご覧ください。

最大通信速度だけで判断してはいけない

インターネットサービスの公式サイトなどで「最大通信速度1Gbps」という表記をよく見かけますが、これだけ見て「高速通信が利用できる」と判断してはいけません。

フレッツ光 最大通信速度
引用元:NTT東日本「フレッツ光」

最大通信速度とは、回線の混雑状況や通信設備が理想的な状態にあるときの通信速度の上限です。この速度でインターネットが利用できることを約束するものではありません。

つまり「最大通信速度1Gbps」というのは「0~1Gbpsの間で利用できる」という非常に曖昧な情報であることがわかります。

そのため、インターネット回線を契約する際には、最大通信速度だけでなく実測値も確認することが大切です。

実測値の確認が必須

実測値とは、サービス利用者が実際に測定した通信速度のことです。

実測値が高いサービスであれば「インターネットを快適に利用できる可能性が高い」ということになります。そのため、インターネット回線の契約をする前に、実測値を確認する方が多いです。

みんなのネット回線速度(みんそく)」というサイトで簡単に実測値を見ることができるので、気になるインターネット回線サービスがあれば調べてみてください。

実測値の調べ方

STEP
インターネット回線と地名を入力して検索
実測値の検索方法1

※地名なしでも検索できます。

STEP
対象地域だけの平均速度が表示される
実測値の検索方法2
STEP
「通信速度レポートを見る」をクリックすると個別の測定結果が表示される
実測値の検索方法3
実測値の検索方法4

地域だけでなく、計測した時間や利用しているプロバイダなどの詳細情報を見ることができます。

※引用元:みんなのネット回線速度(みんそく)

通信速度を調べるときは、下の「通信速度の目安」も参考にしてください。

下り(ダウンロード)の解説

下りとは、インターネット上からパソコンやスマホにデータを受信(ダウンロード)する方向を表します。

用途下り速度の目安
(ダウンロード)
メッセージの受信128Kbps~1Mbps
サイト閲覧・ビデオ通話1Mbps~10Mbps
動画視聴(YouTubeなど)3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps~100Mbps

ベストエフォート型インターネット回線を快適に利用する方法

ベストエフォート型は回線の混雑等の影響で通信速度の保証ができないサービスです。

ただ、通信方式や使用する機器を替えるだけで、通信速度が大幅に改善されることがあります。

現在インターネット回線利用の際は、これからご紹介する2つの「ベストエフォート型インターネット回線を快適に利用する方法」を試してみてください。

IPoE方式を利用する

IPoE方式とは、回線が混雑しにくい通信方式のことです。

従来のPPPoE方式という通信では、インターネットに接続する際に網終端装置という場所を経由していました。この網終端装置が混雑することで速度低下が起こります。

対するIPoE方式では、インターネットに接続する際に網終端装置を経由しません。そのため、利用者が多い時間帯でも回線が混みにくく、快適にインターネットが利用できます。

光回線サービスでは「IPv6オプション」や「v6プラス」というオプションで、IPoE方式を利用する事ができます。また、標準装備になっているサービスも多いです。

気になる光回線サービスがあれば、IPoE方式が利用できるか確認してみてください。

機器の見直しをする

通信速度の原因は回線速度の低下だけが原因ではありません。

利用している機器の規格によって通信速度が遅くなることもあります。

光回線利用の際は「ルーター」「ケーブル」の規格を確認してみてください。

ルーターの規格

下の表は、ルーターの無線LAN規格とその最大通信速度です。

最大通信速度が1Gbpsのサービスを利用している方は、11ac以降の規格に対応しているルーターを利用しましょう。

無線LAN規格周波数帯最大通信速度
IEEE802.11a5GHz54Mbps
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
IEEE802.11n
(Wi-Fi4)
2.4GHz
5GHz
450Mbps
IEEE802.11ac
(Wi-Fi5)
5GHz1.3Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi6)
2.4GHz
5GHz
9.6Gbps

IPoE通信に対応しているかどうかも確認しましょう。
→「IPoE IPv4 over IPv6」と記載のあるもの

LANケーブルの規格

LANケーブルも規格によって通信速度が異なります。

通信速度にこだわりのある方は、最低でも「CAT6」以上のケーブルを利用しましょう。

LANケーブルの規格(カテゴリ)
カテゴリ最大通信速度
CAT840Gbps
CAT710Gbps
CAT6A10Gbps
CAT61Gbps
CAT5e1Gbps
CAT5100Mbps

ベストエフォートに関するよくある質問

ベストエフォートとはどういう意味ですか?

ベストエフォート(best effort)は「最大限の努力」という意味です。

そして、インターネット回線におけるベストエフォート型のサービスは「速い通信速度を提供できるように努力はするが、最低速度の保証はしない」という意味になります。

ベストエフォートの反対は?

ベストエフォート型に対して、「ギャランティ(guarantee)型」という最低速度を保証してくれるインターネットサービスがあります。

ギャランティ型は法人向けのインターネットサービスとして提供されています。

ベストエフォート型のインターネット回線ばかりなのはなぜですか?

ベストエフォート型のインターネットが安い料金で提供できるためです。速度保証があるギャランティ型のサービスは、専用の設備や多くの人員などでコストが高くなってしまいます。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ