通信速度の単位や用語を解説-「Gbps」や「下り速度」って一体何のこと?

通信速度の単位や用語を解説-「Gbps」や「下り速度」って一体何のこと?

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

インターネットについて調べると「Gbps」や「下り速度」といった単位や用語が出てくるかと思います。インターネットに詳しい人なら理解できるかもしれませんが、多くの方にとっては少し難しいかと思います。

そこで本記事では、インターネットの速度を表記する際に使用する「単位や、通信速度の用語について詳しく解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

ネットのいろは編集部の写真

AUTHOR

ネットのいろは編集部

AUTHOR

ネットのいろは編集部

インターネット関連の情報をお届けする「ネットのいろは」の編集部です。光回線、モバイルルーターやスマホなどの情報を網羅的に発信しています。

もくじ

通信速度関連の単位を紹介

インターネットの通信速度を表すときは、「bps」という単位を利用します。bpsは、「bit per second」(ビット・パー・セコンド)の略です。

bpsは、1秒あたりのbit(情報量)の転送量を表し、bpsが大きいほど通信速度が速いということになります。

bps1秒あたりのbit(情報量)の転送量を表す単位
bit情報量の単位

「Gbps」「Mbps」「Kbps 」について

通信速度が速くなると、「bps]では表記するのが難しくなるため、「Gbps」(ギガ・ビット・パー・セコンド)「Mbps」(メガ・ビット・パー・セコンド)「Kbps」(キロ・ビット・パー・セコンド)を用いて数値を表記します。

基本的にインターネットの通信速度を表記する際は、「Gbps」「Mbps」を利用します。

単位の大きさは、bps<Kbps<Mbps<Gbpsの順です。

Gbps1,000Mbps=1Gbps
Mbps1,000Kbps=1Mbps
Kbps1Kbps=1,000bps

通信速度の用語

下り速度

下り速度の解説

下り速度は、データをダウンロードする際の速度です。

下り速度が速いと、メールの受信、サイトや動画の閲覧、オンラインゲームの映像読み込みがスムーズにできます。

用途別下り速度の目安

用途下り速度の目安
(ダウンロード)
メッセージの受信128Kbps~1Mbps
サイト閲覧
ビデオ通話
1Mbps~10Mbps
動画視聴
(YouTubeなど)
3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps~100Mbps

上り速度

上り速度の解説

上り速度は、データをアップロードする際の速度です。

上り速度が速いと、メールの送信、SNSや動画の投稿がスムーズにできます。

用途別上り速度の目安

用途上り速度の目安
(アップロード)
メッセージの送信1Mbps
SNSの写真投稿
ビデオ通話
3Mbps
SNSやYouTubeなどの動画投稿10Mbps
オンラインゲーム10Mbps~30Mbps

Ping値

Ping値の説明

Ping値は、データをサーバーに送信して返答が来るまでの応答速度です。下り速度上り速度とは異なり、単位はms(ミリ秒)を使用します。

Ping値は数値が低いほど、応答速度が速いことを意味します。

Ping値が高いとラグ(動作遅延)が発生しやすくなるため、特にオンラインゲームをプレイする際に重要視すべき数値です。

用途別Ping値の目安

用途Ping値の目安
メッセージの送受信100ms以下
サイト閲覧
ビデオ通話
動画視聴
60ms以下
オンラインゲーム20ms以下

まとめ

通信速度の単位や見方について解説してきました。

下記のポイントを理解してインターネットの速度について理解を深めましょう。

  • インターネットの速度は主に「Mbps」と「Gbps」を利用する
  • 「下り速度」はデータのダウンロード速度
  • 「上り速度」はデータのアップロード速度
  • 「Ping値」はデータをサーバーに送信して返答が来るまでの応答速度
ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ