ポケット型WiFiとはどんなサービス?気になる仕組みやメリット・デメリットまで徹底解説

ポケットWiFiとはのアイキャッチ

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

「ポケット型WiFとはどんなもの?」

ポケット型WiFiという言葉は、家電量販店やインターネットで当たり前のように使われています。しかし、ポケット型WiFiがどのようなサービスなのか、イマイチ分からないという方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、ポケット型WiFiについて仕組みやメリット・デメリットを紹介していきます。

ポケット型WiFiのメリット・デメリット

メリットデメリット
気軽に持ち運ぶことができる
開通工事不要で即日利用開始できる
フリーWi-Fiに比べて安全性が高い
通信速度に満足できない可能性がある
複数台で通信するのには向かない
充電が必要

ポケット型WiFiとポケットWi-Fiの違い

持ち運びができる通信端末の総称としてポケットWi-Fiと呼ばれることが多いのですが、当サイトでは同義としてポケット型WiFiと表記しております。
ポケットWi-Fi(Pocket WiFi)は、ソフトバンク・ワイモバイルが販売するポケット型WiFiの登録商標です。

ネットのいろは編集部の写真

AUTHOR

ネットのいろは編集部

AUTHOR

ネットのいろは編集部

インターネット関連の情報をお届けする「ネットのいろは」の編集部です。光回線、モバイルルーターやスマホなどの情報を網羅的に発信しています。

もくじ

ポケット型WiFiとは?

ポケット型WiFiとは、小型端末(モバイルルーター)を使用するインターネット回線です。

どこでも通信ができ、費用も安く抑えられるため、若い方を中心に人気が高いサービスとなっています。

またポケット型WiFiは、端末が届いた日から利用できるスピード感も魅力的です。光回線のように設備不要であるため、より手軽にインターネット環境を整えられます。

使用端末は手のひらに乗るほどのサイズ感です。筆者が持っている端末も、かなりコンパクトに作られています。

<<<画像>>>
サイズ:〇〇×〇〇×〇〇
重さ:〇〇g

ポケット型WiFiの最大のポイントは、外出先でもWi-Fiを使用することができることです。カバンやリュックに入れて簡単に持ち運ぶことができるため、外出中に動画視聴やWeb会議などがあっても心配ありません。

またポケット型WiFiを利用することで、スマホのデータ使用量を抑えることができます。ポケット型WiFiを利用することで、通信制限にかかることもなくなります。

ポケット型WiFiを持つことで、ストレスフリーなインターネットライフを送れるよ!

ポケット型WiFiの仕組み

ポケット型WiFiは光回線などとは異なり、物理的なケーブルを必要としません。

その理由は、ポケットWiFiが「移動体通信回線(4GLTEなど)」を使用しているからです。受信側の端末がどこにあっても通信できる技術で、主に無線電波が使用されています。そのため、ポケット型WiFiはケーブルがなくてもインターネットに接続できるようになっています。

また、ポケット型WiFiを経由して、パソコンやスマホが使える仕組みは以下図の通りです。

モバイルルーターの通信の仕組み

契約中の通信業者の基地局から発せられる無線電波を、小型端末(モバイルルーター)がWi-Fiに変換しています。パソコンやスマホをWi-Fiに接続することで、インターネットが利用できるようになります。

ちなみに、ポケット型WiFiの仕組みは、スマホの「テザリング」と全く同じ仕組みです。テザリングではスマホが無線電波を受信しています。

ひとことメモ:テザリングとは?

SIMカードが入ったデータ通信機器(スマホなど)をモバイルルーター代わりにして、パソコンやタブレットをインターネットに接続させる機能のこと。通信業者によってはオプション料金がかかることもある。

ただ、ポケット型WiFiの方が高速通信可能となっており、テザリングのようにスマホのデータ容量を消費することがありません。そのため、外出先で頻繁にインターネットを利用する方は、ポケット型WiFiがおすすめです。

ポケット型WiFiのメリット

ポケット型WiFiを利用するメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

ポケット型WiFiのメリット
  • 気軽に持ち運ぶことができる
  • 開通工事不要で即日利用開始できる
  • フリーWi-Fiに比べて安全性が高い

それぞれを詳しく見ていきましょう。

気軽に持ち運ぶことができる

ポケット型WiFiの大きなメリットとして、気軽に持ち運べることが挙げられます。

通信端末が手のひらサイズであり、リュックやカバンに入れてもそこまでの重さを感じることはありません。

参考までに、モバイルルーターのサイズ感を見てみましょう。

端末speed wifi  5G x12
端末名Speed Wi-Fi 5G X12
サイズ136×68×14.8mm
重さ174g
連続使用可能時間約540分

重さはだいたい150g前後であり、大きいみかん1個と同じぐらいの重さです。

どこへでも気軽に持ち運びインターネットを利用できる点は大きなメリットですね。

電車の中で動画を視聴したい、外出先で会議に出るといったタイミングで活躍してくれそうだね!

開通工事不要で即日利用できる

ポケット型WiFiは、端末が届いたその日から利用することができます。

インターネット回線の中には、開通工事が必要なサービスもあるため、すぐ使い始められる点はメリットであると言えます。

開通工事が必要な「光回線」と使い始められる期間を比較してみましょう。

ポケット型WiFi光回線
開通までの期間2日~7日2週間~1ヶ月
開通工事費なし30,000円前後

工事の有無

ポケット型WiFi:無線電波を使用するため工事が不要
光回線:光ファイバーケーブルを建物内に引き込む工事が必要

光回線は開通工事が必要になるため、利用開始まで約1ヶ月かかります。

しかし、ポケット型WiFiは端末が届けば使い始められるため、利用開始までは約2~3日です。緊急でインターネット回線が必要という場合にも、ポケット型WiFiなら対応することができます。

端末が届くまでの日数によりますが、申し込みから2~3日程度で利用開始できるのは嬉しいですよね。

フリーWi-Fiに比べて安全性が高い

最近では、あらゆる場所で「フリーWi-Fi」が利用できるようになっています。

飲食店や電車内、商業施設などでフリーWi-Fiを利用している方も多いのではないでしょうか。

フリーWi-Fiは便利なサービスですが、セキュリティ面は万全ではありません。パソコン内の情報を盗まれてしまうことや、ハッキングされてしまう可能性もあります。

ポケット型WiFiを使っていれば、その心配は不要だよ!

ポケット型WiFiを利用するにはSSIDとパスワードが必要になるため、特定の人しか接続できません。そのため、ポケット型WiFiはフリーWi-Fiに比べて安全性が高くなっています。

ポケット型WiFiを利用することで、他人から情報を盗まれたりハッキングされるのを防ぐことができますよ。

ポケット型WiFiのデメリット

続いて、ポケット型WiFiのデメリットも確認していきましょう。

それぞれ解説していきます。

通信速度に満足できない場合がある

ポケット型WiFiでは、通信速度に満足できない場合があるので注意が必要です。

特に、オンラインゲームを楽しみたい方にとって、ポケット型WiFiは不向きなサービスです。

ポケット型WiFiを実際に利用している方が計測した通信速度と、通信速度の目安を見比べてみましょう。

平均下り速度39.86Mbps
平均上り速度13.82Mbps
平均Ping値49.49ms
※1:ポケット型WiFi15社の平均
※データ引用元:みんなのネット回線速度
下り(ダウンロード)の解説

下りとは、インターネット上からパソコンやスマホにデータを受信(ダウンロード)する方向を表します。

用途下り速度の目安
(ダウンロード)
メッセージの受信128Kbps~1Mbps
サイト閲覧・ビデオ通話1Mbps~10Mbps
動画視聴(YouTubeなど)3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps~100Mbps

動画視聴は問題なくできそうですが、オンラインゲームに関しては難しいことが分かりますね。

ポケット型WiFiではラグが頻繁に起きてしまい、1秒を争うようなFPSゲーム等をプレイする場合はかなりストレスが溜まってしまうでしょう。

オンラインゲームを快適に楽しみたい方は「光回線」がおすすめです。ポケット型WiFiと光回線の通信速度を比較してみましょう。

光回線ポケット型WiFi
下り速度400.07Mbps39.86Mbps
上り速度402.53Mbps13.82Mbps
Ping値18.08ms49.49ms

※1:ポケット型WiFi15社の平均
※2:光回線15社の平均
※データ引用元:みんなのネット回線速度

以下の記事では、光回線の中でも安いサービスを紹介しています。

光回線も気になるという方は、併せて参考にしてみてね!

複数台で通信すると通信速度が低下する

ポケット型WiFiは、複数台のスマホやパソコンを接続すると、通信速度が低下する傾向があります。

そのため、家族や友人とシェアし複数台で通信すると、満足にインターネットを楽しめないというケースもあります。

そのような場合には、通信していない端末の接続を切るなどの対策をしましょう。

同時接続する台数をなるべく減らすことで、通信速度の低下を軽減することができますよ。

充電が必要

ポケット型WiFiは持ち運びができる代わりに、通信端末の充電が必要です。

外出先で使う予定がある時は、忘れずに充電しておきましょう。充電しておかないと必要な時に、インターネットに接続できなくなってしまいます。

ちなみに、フル充電した場合の使用可能時間は10時間程度となっています。半日程度の外出であれば充電が切れる心配なく持ち歩けますよ。

充電切れが心配な方は、充電器を持ち歩こう

ポケット型WiFiがおすすめな方

ここまで紹介したメリット・デメリットから、ポケット型WiFiがおすすめな方は以下の通りです。

ポケット型WiFiがおすすめな人
  • 外出先でインターネットを使いたい方
  • 動画視聴やSNS閲覧に利用したい方
  • 工事不要ですぐに使いたい方
  • フリーWi-Fiを頻繁に使っている方

ポケット型WiFiはどこでもインターネットに接続できるのが特徴です。

そのため、外出先で動画視聴や会議でインターネットを使う方におすすめできます。

また、ポケット型WiFiを持っていれば、移動中などに映画・ドラマ鑑賞やSNS閲覧を快適に楽しめます。スマホのデータ容量を消費しないため、通信制限に悩まされることもなくなりますよ。

さらに、端末が届いた日から利用できるため、申し込みから2~3日程度で利用開始できます。急な出張・入院・引っ越しなどにも対応できるため、インターネット環境が早く欲しい方はポケット型WiFiを選びましょう。

今まで飲食店や電車内のフリーWi-Fiに頼っていた方にもポケット型WiFiがおすすめです。

ポケット型WiFiの方がセキュリティ面で安全なのはもちろん、フリーWi-Fiに比べて通信速度が安定しています。

ポケット型WiFiを持っていれば「フリーWi-Fiに繋いだけど、通信速度が遅くて何もできない」という事態を回避することができますよ。

まとめ

今回は、ポケット型WiFiの仕組みやメリット・デメリットについて紹介してきました。

ポケット型WiFiは無線電波を利用しており、外出先でも利用できるインターネット回線です。使用する端末については、手のひらサイズであるため、リュックやカバンに入れて簡単に持ち運ぶことができます。

特に、外出先でも頻繁にインターネットを利用する方は、ぜひポケット型WiFiを検討してみてください。

以下の記事では、ポケット型WiFiを検討している方向けに、おすすめのポケット型WiFiを紹介しています。併せて参考にしてくださいね。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ