【10G】おてがる光クロスとは?メリット・デメリットまで詳しく解説

おてがる光クロス

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

おてがる光は、契約期間の縛りがなく月額料金が安いサービスとして人気を集めています。

また、2021年7月から「おてがる光クロス」という10Gbpsに対応した光回線サービスの提供を始めました。高速通信が期待できることから、気になっている方も多くいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、おてがる光クロスについて解説していきます。メリットやデメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

おてがる光の通常プラン(1Gbps)について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
→”おてがる光の評判・口コミから見えてきた!利用者が感じるメリットと注意点とは?”

神谷孝志の写真

AUTHOR

神谷孝志

AUTHOR

神谷孝志

新卒で一般企業に就職したのち、インターネット回線を扱うライターに転向。複数の通信系メディアの立ち上げ・運営を経験し、現在では"ネットのいろは"で情報を発信中。記事作成のモットーは「ユーザーファースト」

もくじ

おてがる光クロスとは?

運営会社株式会社エクスゲート
利用回線フレッツ光クロス
提供エリア埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県
最大通信速度10Gbps
月額料金6,160円
契約期間:違約金なし
開通工事費22,000円
(実質無料)
スマホセット割なし
その他月額料金1,980円割引
開通工事費実質無料
10ギガ対応ルーター無料レンタル

おてがる光クロスとは最大通信速度が10Gbpsの高速光回線サービスです。一般的な光回線の最大通信速度は1Gbpsであるため、おてがる光クロスはかなりスペックが高いことが分かりますね。

また、おてがる光クロスには契約期間の縛りがありません。そのため、好きなタイミングで解約できるというメリットがあります。

さらに、開通工事費実質無料のキャンペーンや月額料金から1,980円割引されるキャンペーンが実施されているため、おてがる光クロスは10ギガサービスの中でも利用しやすい光回線です。

提供エリア

現在おてがる光クロスは1都2府9県で提供されています。

東日本北海道※1、宮城県※1、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県※1
西日本岐阜県、静岡県、愛知県、三重県※2、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県※2、和歌山県
※1:2023年12月20日 提供開始予定
※2:2023年9月25日 提供開始予定

提供エリア内であっても、建物状況によってはおてがる光クロスを引けない可能性があるため、申し込む前に提供エリアを確認しておきましょう。提供エリアの確認はNTTの公式サイトから確認できます。

なぜNTTの公式サイトから提供エリアの確認をするのですか?

おてがる光クロスは、NTTが提供する「フレッツ光クロス」の回線を使用しています。そのため、提供エリアの確認はNTTの公式サイトから行います。

《東日本にお住まいの方》

おてがる光クロス(東日本)の提供エリアを確認する

《西日本にお住まいの方》

おてがる光クロス(西日本)の提供エリアを確認する

最大通信速度が1Gbpsである「おてがる光」であれば全国で利用できます。オンラインゲームや動画視聴などであれば、おてがる光でも充分楽しめますよ。

月額料金

おてがる光クロスの月額料金は以下の通りです。

月額料金6,160円
おてがる光クロス
対応ルーター利用料
550円
※12ヶ月目以降は550円の利用料が発生します

おてがる光クロスでは10ギガ対応のルーターが必要になり、月額料金とは別に550円の利用料も発生します。

市販ルーターでも問題ありませんが、本体価格が4万円とかなり高額です。そのため、10ギガ対応のルーターをレンタルした方が費用を抑えられますよ(3年間レンタルしても19,800円)。

月額料金割引キャンペーン

おてがる光クロスの初年度月額割引
おてがる光クロスの2年目以降の月額料金割引
キャンペーン内容1年目:1,452円割引
2年目以降:726円割引
適用期間永年※
キャンペーン適用後の月額料金1年目:4,708円
2年目以降:5,434円
割引総額33,396円※
※3年間利用した場合

おてがる光クロスでは月額料金が割引されるキャンペーンを実施中です。

1年目はおてがる光クロスの月額料金から毎月1,452円割引されます。

また、2年目以降は毎月726円が割引されます。こちらの割引は永年適用されるため、利用すればするだけお得になりますよ。

ぜひ、こちらのキャンペーンが実施している間におてがる光クロスを体感してみてくださいね。

他社の10ギガプランと比較

おてがる光クロスの月額料金と他社10ギガプランの月額料金を比較してみましょう。

他社と比較することで、10ギガプランの相場がイマイチ分からないという方でも、おてがる光クロスの月額料金が安いのかどうかを把握することができますよ。

それでは見ていきましょう。

光回線名月額料金
おてがる光クロス(なし)6,160円
ドコモ光10ギガ(2年)6,380円
NURO光10ギガ(3年)5,700円
auひかり10ギガ(2年)7,128円
ソフトバンク光10ギガ(2年)6,930円
GMOとくとくBB光クロス(なし)5,940円
@スマート光10ギガ(なし)5,830円
()内は契約期間

《契約期間の縛りが無いプランで比較》

光回線名月額料金
おてがる光クロス6,160円
ドコモ光10ギガ8,030円
NURO光10ギガ8,300円
auひかり10ギガ8,338円
ソフトバンク光10ギガ8,140円
GMOとくとくBB光クロス5,940円
@スマート光10ギガ5,830円

おてがる光クロスは10ギガプランの中でも、月額料金が安いサービスだと分かりますね。特に契約期間の縛りが無いプランでは、大手キャリアの10ギガプランに比べて圧倒的に安いです。

ただ、GMOとくとくBB光クロスや@スマート光10ギガは5千円台となっており、おてがる光クロスは3番目に安い10ギガプランであることが分かりますね。

開通工事費

おてがる光クロスを利用する場合、ご自宅に専用ケーブルを引き込む開通工事が必要になります。

おてがる光クロスの開通工事費は以下の通りです。

開通工事費22,000円
(実質無料)

おてがる光クロスの開通工事費は22,000円と高額ですが、キャンペーンが適用されることで実質無料になります。

おてがる光クロスの工事費

光回線の開通工事費が無料になるのは嬉しいですね。申し込むハードルがグッと下がります。

ただ、開通工事費自体が無料になるわけではなく、月額料金から開通工事費分割代金(2,200円)が11ヶ月間割引され実質無料になる点には注意が必要です。

途中でおてがる光クロスを解約してしまうと、キャンペーンの適用が終了し、割引されずに残った「開通工事費残債」は請求されてしまいます。

おてがる光クロスの工事費残債

例えば、半年でおてがる光クロスを解約した場合の開通工事費残債は以下の通りです。

《半年で解約した場合の開通工事費残債》
2,000円×5ヶ月=10,000円

おてがる光クロスのメリット

おてがる光クロスのメリットはどのような点にあるのでしょうか。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額料金が12ヶ月間割引される

先ほども紹介しましたが、おてがる光クロスの月額料金が12ヶ月間割引されます。

各10ギガプランの月額料金と、おてがる光クロスの割引後の月額料金を比較してみましょう。

光回線名月額料金
おてがる光クロス1年目:4,708円
2年目以降:5,434円
ドコモ光10ギガ6,380円
NURO光10ギガ1年目:980円
2年目以降:5,700円
auひかり10ギガ7,128円
ソフトバンク光10ギガ1年目:5,720円
2年目以降:6,930円
GMOとくとくBB光クロス5,940円
@スマート光10ギガ5,830円
※()内は契約期間
※ソフトバンク光とNURO光も割引キャンペーンあり

最初の1年間、おてがる光クロスは月額料金4,708円で利用できます。NURO光に次いで2番目に安い月額料金です。

ただ、NURO光は3年の契約期間が設けられています。おてがる光は契約期間の縛りがなく4,708円という安さなので、大きなメリットだと言えますね。

また、13ヶ月目以降は5,434円となっており、こちらの月額料金も10ギガプランの中では最安値級です。

キャンペーンにより費用が抑えられる

おてがる光クロスではさまざまなキャンペーンを実施中です。

キャンペーン割引額
月額料金割引1,452円(初年度)
726円(2年目以降)
開通工事費実質無料22,000円
総額最大56,968円※
※3年間利用した場合

先ほど紹介した「月額料金割引」のほかにも「開通工事費実質無料」のキャンペーンを実施しています。2つのキャンペーンを利用すると最大56,968円(3年間利用した場合)お得になります。

今回紹介しているキャンペーンは終了日が明記されていないため、お得に始めたい方は早めに申し込むのがおすすめです。

契約期間の縛りがない

おてがる光クロスには契約期間の縛りがありません。そのため、違約金の負担なく好きなタイミングで解約できます。

多くの光回線サービスは2年や3年といった契約期間が設けられており、契約期間の途中で解約すると違約金が請求されてしまいます。

《違約金の例》

光回線名違約金
ドコモ光10ギガ(2年)5,500円
NURO光10ギガ(3年)4,400円
auひかり10ギガ(2年)4,460円
ソフトバンク光10ギガ(2年)6,380円
()内は契約期間

違約金が発生するサービスでは、契約期間内での解約がしづらくなりますよね。その一方、おてがる光クロスの違約金は0円であるため、違約金の心配をせず解約できます。

12ヶ月以内に解約すると、開通工事費の残債が請求されてしまうので注意してください。→開通工事費残債の説明をもう一度見る

おてがる光クロスのデメリット

おてがる光クロスを申し込む前に、デメリットについても把握しておきましょう。

事前にデメリットも知っておくことで、おてがる光クロスが最適なサービスなのか判断することができますよ。

それぞれ見ていきましょう。

提供エリアが狭い

おてがる光クロスの提供エリアはかなり狭く、利用できる範囲が限られています。

東日本と西日本を合わせても1都2府9県となっており、対象外エリアが多いのが現状です。ただ、おてがる光クロスの提供エリアは拡大予定であり、これから利用できるようになる可能性もあります。

《東日本》

都県域提供エリア
埼玉県さいたま市、ふじみ野市、志木市、新座市、草加市、富士見市、北本市、和光市、蕨市、南埼玉郡、入間郡、三郷市、越谷市、戸田市、所沢市、川口市、八潮市、坂戸市、狭山市、飯能市、本庄市、羽生市、桶川市、加須市、吉川市、久喜市、熊谷市、幸手市、行田市、鴻巣市、春日部市、上尾市、深谷市、川越市、鶴ヶ島市、秩父市、朝霞市、東松山市、日高市、入間市、蓮田市、白岡市、児玉郡、秩父郡、比企郡、北葛飾郡、北足立郡
千葉県千葉市、市川市、習志野市、松戸市、白井市、浦安市、鎌ヶ谷市、流山市、市原市、成田市、船橋市、袖ケ浦市、大網白里市、東金市、八街市、木更津市、柏市、茂原市、八千代市、四街道市、君津市、銚子市、旭市、印西市、我孫子市、鴨川市、佐倉市、山武市、富里市、野田市
東京都23区、狛江市、三鷹市、調布市、稲城市、小金井市、小平市、清瀬市、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、府中市、武蔵野市、日野市、福生市羽村市、あきる野市、国立市、国分寺市、青梅市、昭島市、多摩市、武蔵村山市、町田市、立川市、八王子市、西多摩郡
神奈川県横浜市、川崎市、茅ケ崎市、綾瀬市、大和市、高座郡、足柄上郡、相模原市、横須賀市、海老名市、鎌倉市、厚木市、伊勢原市、逗子市、座間市、小田原市、秦野市、藤沢市、平塚市、足柄上郡松田町、中郡

《西日本》

府圏域提供エリア
岐阜県岐阜市、美濃加茂市
静岡県藤枝市、袋井市、富士宮市、三島市、浜松市、焼津市、磐田市
愛知県名古屋市、岡崎市、豊川市、刈谷市、江南市、小牧市、津島市、春日井市、北名古屋市、半田市、瀬戸市、大府市、豊橋市
滋賀県草津市、彦根市
京都府長岡京市、向日市
大阪府大阪市、東大阪市、八尾市、松原市、藤井寺市、堺市、茨木市、吹田市、大東市、門真市
兵庫県加古川市、伊丹市
和歌山県和歌山市
おてがる光クロスの提供予定エリア

《東日本》

都道県域提供エリア
北海道札幌市
宮城県仙台市
埼玉県桶川市、入間市
千葉県船橋市、四街道市、香取氏、匝瑳市
東京都羽村市
神奈川県逗子市、藤沢市、平塚市、南足柄市、三浦郡、中郡、愛甲郡
新潟県新潟市

《西日本》

府県域提供サービス
静岡県静岡市、裾野市
愛知県豊田市、安城市、あま市、知立市、長久手市
三重県津市、四日市市
滋賀県大津市、長浜市、守山市、栗東市
京都府京都市、亀岡市、八幡市
大阪府豊中市、枚方市、高槻市、寝屋川市、岸和田市、守口市、箕面市、泉大津市、交野市、四条畷市
兵庫県神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、明石市、芦屋市
奈良県奈良市、橿原市、香芝市
和歌山県田辺市

提供エリアは拡大中とはいえ、上記の地域の方しか利用できないのはデメリットであると言えますね。

1ギガサービスである「おてがる光」は全国提供の光回線であるため、おてがる光クロスの提供エリア外に住んでいる方でも利用できるサービスです。

スマホとのセット割がない

「スマホセット割」は光回線を決める上で重要な要素の1つですが、おてがる光クロスにはスマホセット割が用意されていません。

そのため、大手キャリアのスマホを使っている方は、スマホセット割が利用できる光回線サービスを選んだ方がお得になる可能性が高いです。

光回線名割引額
ドコモ光最大1,100円/月
auひかり
NURO光
ソフトバンク光

逆に、格安SIMなどのスマホセット割が適用されないスマホを利用している方は、おてがる光クロスのような月額料金が安い光回線がおすすめですよ。

スマホセット割についてまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてください。

通信速度に不満を感じる場合がある

おてがる光クロスは、最大通信速度10Gbpsと高速通信が特徴のサービスです。

しかし、SNSに寄せられた口コミを見ると、満足している方もいる一方で、通信速度に不満を感じている方もいました。

通信環境や利用状況によっては、通信速度に満足がいかない可能性があるようです。1ギガサービスより遅くなったという口コミもあり、申し込むのが少し不安になりますよね。

万が一、おてがる光クロスの通信速度に満足できなかった場合、違約金0円で解約できます。そのためお試し感覚で申し込んでみるのも良いかもしれません。

1年以内に解約した場合、開通工事費残債は請求されてしまうので注意してください。

おてがる光クロスとおてがる光を比較

10ギガプランである「おてがる光クロス」と、1ギガプランである「おてがる光」を比較してみましょう。

おてがる光クロスおてがる光
提供エリア埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県全国
最大通信速度10Gbps1Gbps
月額料金1年目:4,708円
2年目以降:5,434円
戸建て:4,708円
マンション:3,608円
契約期間
違約金
なしなし
開通工事費22,000円
(実質無料)
22,000円
(実質無料)

おてがる光クロスは提供エリアが限られているのに対し、おてがる光は全国で提供されているサービスです。また、1年目の月額料金(戸建て)はおてがる光クロスの方が安いものの、2年目以降はおてがる光の方が安くなります。

高速通信を求めている方は10ギガプラン「おてがる光クロス」がおすすめですが、それ以外の方は1ギガプラン「おてがる光」がおすすめですよ。

以下の記事ではおてがる光のサービス概要や評判について解説しているので、興味がある方は参考にしてみてください。

まとめ

この記事では、おてがる光の10ギガプラン「おてがる光クロス」について解説してきました。

おてがる光クロスは最大通信速度が10Gbpsという、高スペックな光回線サービスです。そのうえ、契約期間の縛りが無く、好きなタイミングで解約できるという特徴もあります。

ただ、スマホセット割が用意されていないといったデメリットに注意が必要です。

スマホセット割が適用されない格安SIMユーザーで、超高速通信を求めている方はおてがる光クロスを検討してみても良いかもしれません。

おてがる光クロスに関するよくある質問

おてがる光クロスとはどんなサービスですか?

おてがる光クロスとは、最大通信速度が10Gbpsの高速光回線サービスです。

月額料金は6,160円と、10ギガプランの中でも比較的安い料金で提供されています。

契約期間の縛りがなく、好きなタイミングで解約できるのも特徴です。

おてがる光からおてがる光クロスへのプラン変更はできますか?

できません。

一度おてがる光を解約し、別途おてがる光クロスへ申し込む必要があります。

おてがる光クロスからおてがる光へ変更する場合も同様です。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ