【home 5G HR01】ドコモのホームルーターを解説!〈スペック・特徴・価格〉

ドコモ home 5Gのホームルーター「HR01」の価格や特徴を解説

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

ドコモhome 5G「HR01」は、最大通信速度4.2Gbpsの高速ホームルーターです。

発売当初の人気ぶりは凄まじく、一時期は在庫不足に陥るほどでした。現在は落ち着いていますが、購入を検討している方は多いかと思います。

そのような方々に向け、本記事ではドコモhome 5G「HR01」のスペックや価格についてまとめました。

また、2023年3月に発売したドコモ home 5Gの新端末「HR02」とのスペック比較もしていますので、これからドコモhome 5Gを購入する方はぜひ参考にしてください。

本記事の内容
  • home 5G HR01の特徴・スペック
  • home 5G HR01の価格
  • home 5G HR01と新端末HR02の比較
  • home 5G HR01の評判や口コミ

ドコモhome 5G HR01は、在庫がなくなり次第販売終了となります。

ネットのいろは編集部の写真

AUTHOR

ネットのいろは編集部

AUTHOR

ネットのいろは編集部

インターネット関連の情報をお届けする「ネットのいろは」の編集部です。光回線、モバイルルーターやスマホなどの情報を網羅的に発信しています。

もくじ

ドコモhome 5Gのサービス概要

ドコモ home 5G ロゴ
引用元:ドコモ home 5G公式
エリア全国
(ドコモ回線)
最大通信速度4.2Gbps
データ容量無制限
月額料金4,950円
契約事務手数料3,300円
契約期間・違約金なし
端末代金HR01:39,600円
HR02:71,280円
データ容量無制限
スマホセット割ドコモ
※ドコモオンラインショップで契約した場合は無料

「ドコモhome 5G」はドコモの5G回線に対応したホームルーターサービスです。通信速度に定評があり、ビデオ通話や動画視聴が快適に行えることで人気があります。

加えて、データ容量無制限という使い勝手の良さや、ドコモのスマホセット割が適用される点など、魅力の多いサービスです。

このドコモhome 5G最初のホームルーター端末として「HR01」が発売されました。

ドコモhome 5G HR01のスペック

ドコモ home 5G HR01 グレー
引用元:ドコモhome 5G公式サイト
名称HR01
端末代金39,600円
サイズ170×95×95mm
データ容量無制限
有線LAN規格1000BASE-T
100BASE-TX
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
最大通信速度下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
同時接続台数65台
(Wi-Fi:64台/有線LAN:1台)
その他QRコード接続
ビームフォーミング対応
Wi-Fi6対応
※下り:ダウンロード速度/上り:ダウンロード速度

ドコモhome 5G HR01は、最大4.2Gbpsの高速通信に対応したホームルーター端末です

単純な速度の他にも、最新の無線LAN規格であるWi-Fi6やビームフォーミング機能※に対応しており、HR01が通信性能にこだわって設計されていることが伺えます。

※通信機器を感知して電波を飛ばす機能

また、デザインはマッドな質感のダークグレーなので、どんな部屋においても違和感なく使用できそうです。

ドコモhome 5G HR01の本体価格

ドコモhome 5G HR01の端末代金は39,600円で、12回、24回、36回の分割払いが可能です。

端末代金一括39,600円
12回払い3,300円/月
24回払い1,650円/月
36回払い1,100円/月

ドコモhome 5Gを契約すると「月々サポート」という割引が適用され、月額料金から毎月1,100円割引されます。

3年間サービスを継続すると合計39,600円の割引が受けられるため、ちょうどHR01の端末代金を相殺することが可能です。

ただし、途中でサービスを解約すると月々サポートは終了し、残った端末代金が請求されるため注意してください。

HR01本体のみの購入は受け付けておらず、「home 5Gプラン」と併せて契約する必要があります。

\現金15,000円キャッシュバック!/

ドコモhome 5G HR01の特徴

ここではドコモhome 5Gの特徴についてご紹介します。

  • 5G接続時の最大通信速度は4.2Gbps
  • ビームフォーミング機能搭載
  • 通信機器を65台まで同時接続できる
  • ドコモhome 5G HR01はSIMフリー端末

5G接続時の最大通信速度は4.2Gbps

home 5G HR01の規格上の最大通信速度は5G接続時で4.2Gbpsとなっています。これがどれほどの数値なのか、他社のホームルーター端末と比較してみましょう。

HR01-ASH07853-etc-00-XL
HR01
(ドコモ home 5G)
ダウンロード:4.2Gbps
アップロード:218Mbps

Air ターミナル5
(ソフトバンクエアー)
ダウンロード:2.1Gbps
アップロード:非公開

Speed Wi-Fi HOME 5G L12
(WiMAX)
ダウンロード:2.7Gbps
アップロード:183Mbps
ダウンロード:動画視聴やデータのダウンロードに必要な速度
アップロード:動画の投稿やデータのアップロードに必要な速度

3社の端末の中で、ドコモhome 5G HR01の最大通信速度が最も数値が高いです。ダウンロード速度に関しては他の2社と1Gbps以上の差がありHR01が通信速度にこだわって設計されたことがうかがえます。

ただし、いくら最大通信速度が速くても、これらはあくまで理論上の数値であって、実際の利用時に出る通信速度とは異なります。

実際の使用環境における通信速度は「実測値」を確認しましょう。

他社ホームルーターとの実測値比較

ホームルーター3社の実測値の平均比較
(2022/11/17から過去3ヶ月分)
HR01-ASH07853-etc-00-XL
HR01
(ドコモ home 5G)
平均ダウンロード速度: 211.13Mbps
平均アップロード速度: 19.56Mbps
平均Ping値: 50.62ms

Air ターミナル5
(ソフトバンクエアー)
平均ダウンロード速度: 66.56Mbps
平均アップロード速度: 7.71Mbps
平均Ping値: 43.65ms

Speed Wi-Fi HOME 5G L12
(WiMAX)
平均ダウンロード速度: 83.95Mbps
平均アップロード速度: 13.22Mbps
平均Ping値: 44.96ms

上の表は3社の実測値の平均を比較したものです。

ダウンロードとアップロードでは、ドコモhome 5G HR01が3社の中で最も高い数値を記録しています。

特にHR01のダウンロード速度は他所と比べて2倍以上の数値を記録しており、まさしく光回線並みの速度が出ていますね。動画視聴やWebサイトの閲覧、データのダウンロードはまず快適に行えるでしょう。

ただし、サーバーからの応答速度を表すPing値(数値が低いほど快適に利用できる)は若干数値が高く、FPSなどの通信環境が重要となるオンラインゲームには不向きであることが分かります。

通信速度の単位解説
下り(ダウンロード)の解説

下りとは、インターネット上からパソコンやスマホにデータを受信(ダウンロード)する方向を表します。

用途下り速度の目安
(ダウンロード)
メッセージの受信128Kbps~1Mbps
サイト閲覧・ビデオ通話1Mbps~10Mbps
動画視聴(YouTubeなど)3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps~100Mbps

ビームフォーミング機能搭載

「home 5G HR01」には、スマホなどのWi-Fiに接続している機器の場所を感知し、そこへ集中的に電波を送信する「ビームフォーミング機能」が搭載されています。

従来のホームルーターのように、端末を中心に全方向へ電波が発信されるものに比べて「home 5G HR01」は効率的に電波を届けることができ、より快適にインターネットを利用できます。

ビームフォーミングの特徴
ビームフォーミング機能の特徴

通信機器を65台まで同時接続できる

「home 5G HR01」は、スマホやパソコンなどの通信機器を無線接続で64台、有線LAN接続で1台の計65台まで同時に接続できます

65台もの通信機器をインターネットに同時接続する機会は少ないとは思いますが、IoT家電の普及によってインターネットに接続する機器が年々増えてきていることを考えると、接続台数は多い方が良いでしょう。

同時接続台数65台
(Wi-Fi:64台/有線LAN:1台)
※下り:ダウンロード速度/上り:ダウンロード速度

また、同時接続台数5台のうち1台は有線LAN接続に対応しています。

有線LAN接続は無線LAN接続と比べて通信が安定しやすいです。そのため、メインで使用するパソコンやゲーム機を有線LANで接続し、その他スマホや家電を無線LANで接続するという使い方がおすすめです。

HR01はSIMフリー端末

ドコモhome 5G HR01はSIMフリー端末であるため、ドコモ以外のSIMカードを挿入して利用することが可能です。

例えば、HR01をドコモの料金プランでなく、格安で有名な楽天モバイルの料金プランで利用することもできます。

自社のSIMカードしか使用できないホームルーターの場合、契約が終了すると端末は使い物にならなくなってしまいます。

その点ドコモhome 5G HR01であれば、契約終了後も格安ホームルーターとして活用したり、引っ越しの際の臨時回線として活用したりと、様々な場面で役に立ってくれそうですね。

他社のSIMカードを利用するメリット
  • 料金の安いプランで「ドコモhome 5G HR01」を利用できる
  • 登録住所以外での利用が可能になる
他社のSIMカードを利用するデメリット
  • 通信速度が遅くなる可能性がある
  • 正常に動作しない可能性がある

ドコモhome 5G HR01の注意点

ここではドコモhome 5G HR01を購入・利用する際の注意点について解説していきます。

  • 端末のみの購入はできない
  • 登録住所以外での利用はできない
  • 置き場所に注意が必要

端末のみの購入はできない

ドコモhome 5G HR01を、格安SIMで利用することを想定している方は多いと思います。しかし、HR01は必ずhome 5Gプランとセットでの契約することになります。

HR01のご利用には、「home 5G プラン」のご契約が必要です。

ドコモオンラインショップ

どうしても端末だけ購入したいという方は、オークションサイト等で中古品を購入することになるでしょう。その際、運が良ければ新品同様のものをお得に購入できるかもしれません。

ただし、中古品だと正常に動作しないなどの問題が起こることも充分に考えられます。

そういったリスクを許容できない方は、公式サイトや代理店などの正規ルートでHR01を購入してください。

登録住所以外での利用はできない

home 5Gは基本的に登録住所以外で使うことはできません。これは利用規約で禁止されていることで、破った場合には通信の中断や強制解約などのペナルティが課せられる可能性があります

引っ越しや、1.2ヶ月以上に渡る長期の帰省等で利用する場合は「住所変更手続き」を行ってください。

登録住所の変更窓口
Webmy docomo
電話ドコモ携帯:151
一般電話:0120-800-000
ドコモショップ店舗検索予約サイト

登録住所の変更は原則月に1回までです。

home 5G HR01の設置場所に注意が必要

ホームルーターは無線電波を受信して通信を行うため、設置場所によっては電波強度が下がってしまい、通信が上手く行えなくなってしまうこともあります。

そのため、電波を受信しやすいように窓に近い場所や、周りに障害物が少ない場所を選んで設置してみてください

ホームルーターの設置場所
設置場所のイメージ

また、いくら窓際と言っても通信機器(スマホやパソコンなど)から離れすぎてしまうことも良くないため、なるべく通信機器の使用範囲に近い場所が望ましいです。

home 5G HR01の設置に適した場所
  • 床から1~2mの高さの場所
  • 窓に近い場所
  • 使用する通信機器に近い場所
  • 他の電化製品から離れた場所
  • 水槽から離れた場所(湿気の多い場所を避ける)
  • 金属性の家具や壁から離れた場所

真ん中のLEDランプが青く光っていれば、電波強度が強いということになります。

ドコモhome 5G HR01と新端末HR02の違い

2023年3月にドコモhome 5Gから新端末「HR02」が発売されました。

これからドコモhome 5Gの利用を始める方にとっては、選べる端末が「HR01」と「HR02」の2つに増えたわけです。

今まさにどちらにしようか悩んでいる方もいるかと思います。

そこで、ドコモhome 5G HR01と新端末HR02を比較し、どちらを選ぶべきか確かめてみました。

端末docomohomeg-hr01
HR01
ドコモhome 5G ホームルーター端末「HR02」
HR02
本体価格39,600円71,280円
サイズ・重量170×95×95mm
約720g
170×95×95mm
約847g
データ通信量無制限無制限
有線LAN規格1000BASE-T
100BASE-TX
2.5GBASE-T
1000BASE-T
100BASE-TX
最大通信速度
Wi-Fi6
1201Mbps※4804Mbps※
消費電力22W25W
その他QRコード接続
Wi-Fi6対応
QRコード接続
Wi-Fi EasyMesh
Wi-Fi6対応
※ドコモ5G回線の最大通信速度は4200Mbps(4.2Gbps)

本体価格はHR01のほうが安い

新端末HR02は、HR01から30,000円ほど値上げされています。

端末名HR01HR02
本体価格39,600円71,280円
分割払い12回:3,300円
24回:1,650円
34回:1,100円
12回:5,940円
24回:2,970円
36回:1,980円
月々サポート1100円の割引✕36ヶ月1980円の割引✕36ヶ月

ドコモhome 5Gには「月々サポート」という特典があるため、3年間サービスを継続することで端末代金の負担額が0円になります。

ただ、月々サポートというのは無条件で端末代金が無料になるというものではありません。あくまでもサービス利用期間限定の割引です。

例えば、3年を待たずにドコモhome 5Gを解約した場合、端末代金残債は利用者の負担になります。端末代金が高ければ高いほど残債が高額になってしまうというわけです。

ドコモhome 5G HR02 端末代金残債
ドコモhome 5G HR02
端末代金剤祭の例

そのため、3年間続けられるかわからないという方は、端末代金が安いHR01を選んだほうが比較的低リスクで利用できます。

HR02は通信性能が大幅に向上している

ドコモhome 5G HR01と、新端末HR02の最も大きな違いは「通信性能」です。

HR02は、HR01に比べ無線LAN、有線LANともに最大通信速度が大幅に向上しています。

無線LAN通信での最大通信速度はHR01の4倍になり、有線LANでは2.5GBASE-Tという高速通信規格のLANポートが追加されました。

通信性能比較
HR01HR02
無線LAN最大1201Mbps最大4804Mbps
有線LAN1000BASE-T
100BASE-TX
2.5GBASE-T
1000BASE-T
100BASE-TX
アンテナ数2本4本
その他Wi-Fi EasyMesh
(メッシュWiFi)

他にもアンテナが4本に増えたり、Wi-Fi EasyMeshに対応していたりと、より広範囲で安定した通信が可能になったのもHR02の大きなメリットと言えるでしょう。

HR02は端末代金こそ高額になりましたが、その分性能も大幅に向上しています。

広い部屋や複数の部屋でWiFiを使用する方、料金より通信速度にこだわるという方は、HR02を選択するのもいいでしょう。

メッシュWiFiとは?

メッシュWiFiとは、親機と中継機が通信を行い、網目(メッシュ)状にネットワークを構築するWiFiシステムのことです。

メッシュWiFiに対応した機器を設置することで、広範囲で安定したインターネット通信が可能になります。

メッシュWi-Fiで家全体にインターネットが行き渡る

HR01はどんな人におすすめ?

途中解約の可能性がある方や、一人暮らしの方はHR01がおすすめです。

こんな人にはHR01がおすすめ!
  • 途中解約の可能性がある
  • 一人暮らしをしている

契約期間の途中で解約した場合、端末代金残債は利用者の負担になります。そのため、途中解約の可能性がある方は端末代金が安いHR01を選んでおいたほうがリスクは少ないでしょう。

また、HR02のメリットとして挙げたメッシュWiFi機能ですが、ワンルーム賃貸などの利用範囲が限られた状況で利用する場合はそもそも必要ありません。

自身のネット利用状況に対しHR02がオーバースペックだと感じるのであれば、低リスクで快適に利用できるHR01を選択してもいいと思います。

ドコモhome 5G HR01は在庫限りで終了

ドコモの公式チャットサポートによると、ドコモhome 5G HR01は在庫限りの販売となるようです。

端末代金が安いHR01の購入をご希望の方は、在庫が無くなる前に申し込みましょう。

\現金15,000円キャッシュバック/

上記キャンペーンサイトでHR01の販売が終了していた場合、ドコモオンラインショップの「チャットサポート」にて在庫状況をご確認ください。

ドコモhome 5G HR01の評判・口コミ

ドコモhome 5G HR01のよくある質問

WiFiの接続方法を教えてください。

利用している通信機器によって接続設定の方法が異なります。

詳細は「セットアップマニュアル.PDF」か「取扱説明書[HR01]」をご覧ください。

iPhone/iPadを接続する

手動設定

  1. ホーム画面の[設定]▶[Wi-Fi]
  2. [Wi-Fi]をONにする
  3. お使いの[home 5G HR01]のSSIDを選択
  4. パスワードを入力▶[接続]

QRコードで接続する

  1. HR01の底面にある[初回Wi-Fi接続用QRコード]をカメラで読み取る
  2. 表示された画面の案内に従って接続する
home 5G HR01 初回Wi-Fi接続用QRコード
引用元:「取扱説明書[HR01]」ドコモ公式
Android端末を接続する

手動設定

  1. ホーム画面の[設定]▶[ネットワークとインターネット]▶[Wi-Fi]
  2. [Wi-Fiの使用]をONにする
  3. お使いのHR01のSSIDを選択
  4. パスワードを入力▶[接続]

QRコードで接続する

  1. ホーム画面の[設定]▶[ネットワークとインターネット]▶[Wi-Fi
  2. [Wi-Fiの使用]をONにする
  3. [ネットワークを追加]の右側にあるQRアイコンを選択
  4. カメラが起動したらHR01の底面にある[初回Wi-Fi接続用QRコード]を読み取る
  5. 表示された画面の案内に従って接続する
home 5G HR01 初回Wi-Fi接続用QRコード
引用元:「取扱説明書[HR01]」ドコモ公式
SSIDが2つあるのですが、どちらに接続すればいいですか?

ドコモhome 5GのSSIDは、ひとつが2.4GHz、もうひとつが5GHzの周波数に対応しています。

電波の届く範囲が広く、間に障害物があっても接続しやすいのが2.4GHz、電波の届く範囲が比較的狭く、障害物にも弱い代わりに通信速度が速いのが5GHzです。

通信機器とドコモhome 5G HR01の距離や間の障害物の有無などで、どちらに接続するか判断しましょう。

2.4GHzと5GHzの特徴
周波数2.4GHz5GHz
対障害物強い弱い
電波範囲広い狭い
電波干渉受けやすい受けにくい
通信速度
通信が安定しない場合はどうしたらいいですか?

窓に近い場所や周りに障害物がない場所へ移動することで改善される場合があります。

電波強度が強いときは真ん中のランプが青く点灯するので、ランプを確認しながら設置場所を決めてください。

通信状況が改善されない場合は取扱説明書に記載の「トラブルシューティング」をご確認ください。

急に5Gから4Gに切り替わってしまいました。

利用中のエリアによっては5G接続中に4Gへ切り替わることがあります。

また、本体が熱を持ってしまった際に、冷却するために4Gへ切り替わることがありますが、この場合は温度が下がれば再び5G通信ができるようになります。

QRコードを読み込んでもWi-Fiに接続できません。

お使いのスマートフォンがQRコードの読み取り機能に対応していなかったり、アクセスポイント設定に対応していない可能性があります。

この場合「セットアップマニュアル.PDF」をご覧になって、手動設定を試してみてください。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ