ドコモhome 5Gが遅い時の対策7つ‐これを読めば解決します

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

NTTドコモが提供する「home 5G」は通信速度に定評があるホームルーターです。しかし、実際にhome 5Gを使用していると「遅い」と感じることがあるかもしれません。

通信速度が遅いと、視聴中の動画が止まったり、オンラインゲームが満足にできなかったりとストレスを感じてしまいますよね。

この記事では、home 5Gが遅い時の対策を7つ紹介していきます。簡単な対策ばかりなので、ぜひ試してみてください。

home5Gが遅い場合、NTTで通信障害が起きている可能性があります。事前に「通信状況のお知らせ」にて通信障害の有無を確認しておきましょう。

神谷孝志の写真

AUTHOR

神谷孝志

AUTHOR

神谷孝志

新卒で一般企業に就職したのち、インターネット回線を扱うライターに転向。複数の通信系メディアの立ち上げ・運営を経験し、現在では"ネットのいろは"で情報を発信中。記事作成のモットーは「ユーザーファースト」

もくじ

ドコモhome 5Gが遅い時の対策7つ

home 5Gが遅い時の対策は以下の通りです。

ここで紹介する対策は難しい作業が不要です。1つずつ試してみてください。

対策1:再起動する

まずhome 5Gの端末を再起動してみましょう。端末の背面にある「REBOOT」ボタンを1秒以上長押しすることで再起動が可能です。

home5GのREBOOTボタン
※引用元:home 5G取扱説明書

「REBOOT」ボタンを押すと端末表面にある3つのランプが一度消灯した後に点滅し始めます。数分後に3つのランプが点灯したら再起動完了です。

端末内でエラーや不具合が起こっている場合は、再起動することで通信速度が改善する場合があります。

エラーや不具合を示すランプ
ドコモhome5G ランプ
※引用元:home 5G取扱説明書

画像の❶~❸のランプを確認しましょう。

❶5G/4Gランプ(左側)

赤色で点滅(速)システムエラー
赤色で点滅(中)ドコモnanoUIMカード
認識エラー

❷受信状況ランプ(中央)

赤色で点滅(速)システムエラー

❸STATUSランプ(右側)

赤色で点滅(速)システムエラー
赤色で点滅(中)WPS接続エラー
赤色で点滅(遅)APN設定エラー

対策2:設置場所を変えてみる

home 5Gのようなホームルーターは無線電波を受信して通信を行うため、電波の受信しやすい場所に置くだけで通信速度が改善することがあります。

窓に近く、床から1mほど離れた場所に設置するのがおすすめです。また、電子レンジやテレビ、Bluetoothを発する機器から離れた場所に設置しましょう。距離が近いと電波干渉を起こし、通信速度が遅くなる原因になります。

ホームルーターの設置場所
home 5Gの設置に適した場所
  • 床から1~2mの高さの場所
  • 窓に近い場所
  • 使用する通信機器に近い場所
  • 家電製品から離れた場所
  • 水槽から離れた場所(湿気の多い場所を避ける)
  • 金属性の家具や壁から離れた場所

対策3:接続する周波数を変える

home 5Gは2つの周波数(2.4GHz/5GHz)に対応しており、周波数を変更することで通信速度が改善することがあります。

2.4GHzは電子レンジやテレビ、Bluetooth機器などの電化製品が発する電波と同じ周波数です。そのため、home 5Gと電化製品の間で電波干渉が起き、通信速度が遅くなりやすいのです。対して5GHzはルーター以外で使用されない周波数であるため、電波干渉が起きることなく通信できます。

WiFiの周波数帯「2.4GHz」の特徴
WiFiの周波数帯「5GHz」の特徴

2.4GHzで接続している場合には5GHzに切り替えてみましょう。

2.4GHz/5GHzのSSIDはhome 5G端末の底面に記載されています。使用する方のSSIDをスマホやパソコンのWi-Fi接続設定で選択して切り替えます。

電波の強弱は端末のランプを確認してください。

電波の強弱を示すランプ
ドコモhome5G ランプ
※引用元:home 5G取扱説明書

❷受信状況ランプ(中央)

青色で点灯電波強度(強)
黄色で点灯電波強度(中)
赤色で点灯電波強度(弱)

対策4:同時に接続する通信機器の台数を減らす

同時に接続する通信機器(スマホやパソコン)の数を減らすことで、通信速度が改善することがあります。

home 5Gの同時接続可能台数は65台です。しかし、接続している通信機器が65台未満であっても、同時に接続する数が多いとルーターに負荷がかかります。負荷がかかると通信速度も遅くなります。

通信機器の台数と通信速度の解説

もし、多くの通信機器を接続している場合は極力減らしてみましょう。

対策5:4Gでの通信に固定する

home 5Gは5G/4Gの2つの電波に対応しています。5G対応エリアでは5Gの電波を受信し、5G非対応エリアでは4Gの電波を受信します。

※参照元:NTTドコモ「サービスエリアマップ

お住まいの場所が5G対応エリアと非対応エリアの境目付近の場合、頻繁に5Gと4Gが切り替わってしまい通信状況が不安定になります。そのため、4Gでの通信に固定することで通信速度が安定しやすくなります。home 5Gのエリアの確認方法については「home 5Gの提供エリアについて解説」を参考にしてください。


【4Gでの通信に固定する手順】

STEP
周波数2.4GHzまたは有線接続したうえで「設定ページ」にアクセス

※5GHzだと設定ページにアクセスできないので注意してください。

STEP
設定ページにアクセス後、右上のログインをクリック

home5Gの端末底面に書いてある「初回ログインパスワード」を入力

STEP
モバイルネットワーク設定を選択
STEP
ネットワークモードの「4G」を選択して完了

対策6:有線接続する

無線接続時にhome 5Gが遅いと感じる場合は、LANケーブルによる有線接続に切り替えることで通信速度が改善することがあります。

home 5Gの端末にはLANポートが1つ設置されており、有線接続できる通信機器の台数は1台です。

home5Gと通信機器をLANケーブルで繋ぐ
※引用元:home 5G取扱説明書

ルーターと通信機器を直接つなぐことで、電波干渉や障害物の影響を受けません。そのため、通信速度が安定しやすくなります。

有線接続に使用するLANケーブルは高速通信に対応した「カテゴリー6」という規格のものを選びましょう。

対策7:NTTドコモに問い合わせてみる

home 5Gの電波状況については、NTTドコモのインフォメーションセンターに問い合わせてみましょう。

インフォメーションセンターの連絡先は以下の通りです。

ドコモの携帯電話から151
一般の電話から0120-800-000
※受付時間:午前9時~午後8時

ドコモhome 5Gが繋がらない時の原因は?

ドコモhome 5Gが遅いだけでなく、繋がらない時はどんな原因が考えられるのでしょうか。

ドコモhome 5Gが繋がらない原因は6つ考えられます。

  • 端末が不具合を起こしている
  • パスワードが間違っている
  • SIM情報がうまく読み込めていない
  • 提供エリア外
  • 登録住所以外で使用している
  • 利用料金の支払いが滞っている

もし、このどれかに該当する場合は、ドコモhome 5Gは繋がりません。

端末に不具合がありそうな場合は、一度再起動してみましょう。再起動だけで改善することがよくありますよ。

また、ドコモhome 5Gの登録住所が現住所になっているか、未払いの利用料金がないか「My docomo」から確認してみてください。

全て試してもドコモhome 5Gが繋がらない場合は、先ほど紹介したNTTドコモ「インフォメーションセンター」に連絡しましょう。

ドコモの携帯電話から151
一般の電話から0120-800-000
※受付時間:午前9時~午後8時

対策後も遅い場合はドコモhome 5Gからの乗り換えも検討しよう

ここまで紹介した通信速度が遅い時の対策を試してみて効果が無かった場合は、home 5Gからの乗り換えも検討しましょう。

当サイトおすすめの乗り換え先は以下の通りです。

おすすめの乗り換え先
  • 低価格で高速通信ができる「WiMAX
  • ドコモスマホとのセット割が適用される「ドコモ光

WiMAX

WiMAX+5G ロゴ

WiMAX(ワイマックス)は契約者数が3,500万人を超える(※)人気のホームルーター・ポケット型WiFiサービスです。

home 5GとWiMAXでは使用する回線が異なります。

home 5GUQ WiMAX
ドコモ回線WiMAX回線・au回線

使用する回線が異なるため、home 5Gの通信速度が遅いと感じていた方でも、WiMAXなら通信速度に満足できるかもしれません。

さらに、WiMAXとhome 5Gの実質月額料金を比べると、WiMAXの方が約1,500円安いことも分かりました。

WiMAXを安く使うためには、20社以上あるプロバイダの中から、月額料金が安くキャンペーンが充実したプロバイダを選ぶことが大切です。

以下の記事では、実際に3年間利用した場合に発生する費用を比較して、おすすめのプロバイダを紹介しています。WiMAXが気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※参照元:KDDI(2021年3月期 第3四半期決算詳細資料)

ドコモ光

ドコモ光 ロゴ
※引用元:ドコモ光公式サイト

ドコモ光はNTTドコモが提供する光回線サービスです。

ドコモ光は自宅に回線を引き込む固定回線であるため通信が安定しやすいのが特徴です。home 5Gと比較しても圧倒的に速いことが分かります。

ドコモ光home 5G
下り速度269.25Mbps211.2Mbps
上り速度227.34Mbps19.66Mbps
Ping値19.45ms50.97ms
※Ping値は小さいほど優秀

さらにhome 5Gと同じくドコモスマホとのセット割が適用できます。

ドコモ光スマホセット割
※引用元:ドコモ光公式サイト

セット割が適用されると継続してスマホの月額料金から1,100円割引されます。また、開通工事費が無料になるキャンペーンも実施しているため検討してみてください。

ドコモ光の詳細については以下の記事で解説しています。

よくある質問

home 5Gの通信速度が夜間だけ遅いのですが、なぜですか。

夜間はインターネットを利用する人が増えるため、回線が混み合い通信速度が遅くなります。これはhome 5Gに限らずどのインターネット回線も共通です。

実際にhome 5Gを利用している方が計測した通信速度を見てみましょう。

時間帯Ping(ms)下り(Mbps)上り(Mbps)
46.94265.0223.56
48.92329.4726.58
夕方48.96261.5721.98
49.44186.819.78
深夜49.21237.0623.51
※データ引用元:みんなのネット回線速度
※計測数:12343件

計測値を見ても夕方~深夜にかけて通信速度が低下していることが分かりますね。

home 5Gが遅い時の乗り換え先はどこがおすすめですか。

home 5Gが遅い時におすすめの乗り換え先は以下の通りです。

・15日間無料でお試し可能「UQ WiMAX
・安定した高速通信「ドコモ光

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ