1. ホーム
  2. 光回線
  3. おすすめの光回線
  4. 光回線でWi-Fi接続したい!セット割とおすすめ高性能ルーターも紹介
公開日:2020/10/01
最終更新日:2021/05/25

光回線でWi-Fi接続したい!セット割とおすすめ高性能ルーターも紹介

光回線でWi-Fi接続

光回線をWi-Fi接続して快適にインターネットを利用したい!
おすすめのWi-FiルーターやポケットWi-Fiがあれば教えてほしい

インターネットをWi-Fi接続すれば、複数の端末を同時に利用できて便利ですね。光回線各社ではWi-Fi接続を快適に使うためのルーターを提供しているので、どこに申し込んでもある程度の通信環境を手に入れることができます。

そこで当記事では、まずスマホのセット割を軸に光回線を選ぶことをおすすめします。光回線各社の説明では、高性能Wi-Fiルーターを提供してくれる申込窓口も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

Wi-Fi環境を持ち運びたい人には、ポケットWi-Fiもおすすめです。ネットの利用目的によっては、ポケットWi-Fiでも十分な速度だと思うでしょう。

記事内では、光回線とポケットWi-Fiの違いも説明していきます。

この記事のもくじ

光回線でWi-Fi接続するためには「Wi-Fiルーター」が必要!

光回線でインターネットを接続する方法は2つあります。有線LAN接続と無線LAN接続です。

有線LANは文字どおりLANケーブルをPC等に繋いでインターネット接続します。通信速度や通信の安定性は無線より有線のほうが良いと言われています。

しかし、PCやスマホ、テレビなどの複数端末をインターネット接続するなら無線LANが便利です。無線LANを使うには「Wi-Fiルーター」と言われる機器が必要です。

Wi-Fiルーターは、光回線を引くと自動で設置されるとは限りません。次の見出しで光回線に付属する機器について解説します。

光回線付属機器「ONU」と「ルーター」の違いを解説

光回線の利用するには「ONU」や「ルーター」といった機器を自宅に設置する必要があります。これらは、工事担当者が工事の時に持ってきたり、回線会社から郵送で送られてきたりします。

まず「ONU」は、日本語では光回線終端機器といい、光信号とデジタル信号を相互変換する役割があります。ONUは光回線を利用するために必要な機器ですが、通常は1台しか端末をつなげられません。

一方で「ルーター」は、無線で複数端末をインターネットにつなぐことができます。Wi-Fiでインターネットを利用したいなら、Wi-Fiルーターや無線LANルーターを準備する必要があります。

【参考】
モデムとは…?
モデムとは、アナログ信号とデジタル信号を変換するための機器。光ファイバーを利用する光回線では利用しないが、ADSL回線を利用するには必ず必要。
ホームゲートウェイとは…?
ONUとルーターの機能を合わせ持った機器。IP電話、ひかり電話が使える機能も持っていることもある。

光回線のWi-Fiルーターを手に入れる2つの方法

Wi-Fiルーターを手に入れる方法は主に2つあります。

  1. 自分で購入する
  2. 光回線申し込み時の特典を利用してレンタルする/プレゼントしてもらう

Wi-Fiルーターを購入する場合、3,000円台の安いものから、中には10,000円以上する高額なルーターもあります。メーカーや機種もさまざまなので選ぶのが大変と感じる人もいるでしょう。

当サイトがおすすめする方法は「2.光回線申し込み時の特典を利用してレンタルする/プレゼントしてもらう」です。

のちほどくわしく説明しますが、光回線の提供会社や申し込み窓口が無料のレンタルサービスプレゼント特典を実施していることも少なくありません。お得にWi-Fiルーターを手に入れたい人は特典の利用を検討しましょう。

Wi-Fiルーターを選ぶ3つのポイント

Wi-Fiルーターを自分で購入する場合もレンタル等で利用する場合も、一定以上のスペックは確保したいですよね。Wi-Fiルーターのスペックによって、インターネットの繋がりやすさが変わってくることもあります。

Wi-Fiルーターを選ぶ3つのポイント
  • 通信速度
  • ルーターの規格
  • IPv6に対応していること

光回線の最大通信速度を活かすためには、Wi-Fiルーターのデータ転送速度も速い必要があります。1Gbps以上の速度があれば十分でしょう。

また、ルーターには規格があります。規格によって、最大通信速度が異なってきます。家庭用で利用するルーターの規格には主に「11b」・「11g」・「11a」・「11n」・「11ac」があります。

規格 最大通信速度
IEEE802.11ac 6.9Gbps
IEEE802.11n 600Mbps
IEEE802.11a 54Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
IEEE802.11b 11Mbps

光回線で利用するなら、「11ac」や「11n」のルーターを使用すると快適にWi-Fiを楽しめるでしょう。

IPv6は、インターネットの混雑を避けられる最新の通信方法です。IPv6接続を利用するには、光回線・ルーター両方でIPv6接続に対応している必要があります。せっかく光回線がIPv6に対応していてもルーターが未対応であればIPv6接続はできません。

3つのポイントはいかがでしたか?
次の章では、お得な光回線の選び方や、快適にWi-Fiが利用できるルーターの選び方を解説してきます。

光回線のおすすめの選び方と快適にWi-Fi接続する方法

たいていの光回線であれば、高性能のWi-Fiルーターを使えば無線接続でも快適に利用できます。よって、まずは光回線をお得に利用する方法を検討しましょう。

まず、光回線はスマホのキャリアで選ぶことをおすすめします。光回線とスマホ・携帯をセットにすると割引サービスが適用されるからです。

セット割が適用されると、スマホ・携帯の利用料から毎月550~1,100円、中には毎月2,200円が割り引かれる場合もあります。通信費を抑えたい人はぜひ検討したいですね。

セット割と光回線の組み合わせは以下の通りです。

3大キャリアのセット割 おすすめの光回線
ドコモ「ドコモセット割」 ドコモ光
au「auスマートバリュー」 auひかり
So-net光プラス
ソフトバンク「おうち割 光セット」 NURO光
ソフトバンク光
セット割を検討しないなら NURO光
So-net光プラス

ここからは、セット割の詳細とあわせ、高性能Wi-Fiルーターが利用できる申込窓口も紹介していきます。

ドコモのスマホなら「ドコモ光」のセット割がお得

「ドコモ光セット割」なら、スマホの月額料金が1台につき最大1,100円割り引かれます。ドコモのスマホでセット割が適用されるのはドコモ光のみです。

適用条件は、ドコモのギガプラン(5Gギガホ・5Gギガライト・ギガホ・ギガライト)とドコモ光の契約をまとめるだけ。ただし、スマホで契約している料金プランによって割引額は異なります。

スマホ料金プラン ドコモ光セット割額/1台
5Gギガホ -1,100円/月
ギガホ -1,100円/月
5Gギガライト/ギガライト ステップ3・4 -1,100円/月
ステップ2 -550円/月

「ドコモ光セット割」の月額料金は、ドコモ光の契約者だけでなく「ファミリー割引」の同一グループ内にも適用されます。

例えば、家族3人で「ギガホ」プランを契約していた場合は毎月3,300円が割り引かれます。年間だと39,600円も通信費を抑えることができてお得です。

「GMOとくとくBB」で高性能Wi-Fiルーターを無料レンタルしよう

ドコモ光の料金プランは、契約プロバイダによってタイプAとタイプBに分かれます。タイプAの方が月額220円節約できるのでお得です。

「ドコモ光 1ギガ」の場合、タイプAのプロバイダは全部で18社あります。18社の中では「GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBBから申し込めば、高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルが可能です。現在、無料レンタルできるWi-Fiルーターは3種類ですが、いずれも以下3つのメリットがあります。

  • データ転送速度が最大1.7Gbps
  • 次世代通信技術「v6プラス」に対応
  • 複数の端末につないでも速度が落ちにくい

ドコモ光 1ギガの最大通信速度は1Gbpsなので、GMOとくとくBBのルーターはその性能を十分に活かせるデータ転送速度を備えていることがわかります。

また、従来型のIPv4だけでなく混雑しにくいIPv6接続にも対応した「v6プラス」は、速度遅延を解消するのに有効です。何より、パソコンやスマホなど複数の端末につないでも速度を安定させらるのがいいですね。

ドコモ光で快適にインターネットを楽しみたいなら、プロバイダはGMOとくとくBBを選びましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB
ドコモ光×GMOとくとくBB
  • 新規申し込みで5,500円~20,000円キャッシュバック(映像サービス申し込みの場合)
  • 新規工事費が無料
  • IPv6接続対応のWi-Fiルーターが無料レンタル

ドコモ光の月額料金は2タイプ!対象エリアはフレッツ光と同じ

ドコモ光はプロバイダ一体型の光回線です。回線利用料にプロバイダ料も含まれているので、初期費用と月額を支払えばインターネットが利用できます。

月額料金はタイプAとBの2つで、選んだプロバイダによって分かれます。ドコモ光の基本プランなら以下の通りです。

ドコモ光 1ギガ タイプA タイプB
戸建て 月額5,720円 月額5,940円
マンション 月額4,400円 月額4,620円

※2年定期契約の場合

タイプAの方がタイプBより月220円節約できることがわかります。月々の出費を少しでも抑えたいなら、ドコモ光のプロバイダはタイプAを選ぶといいでしょう。

タイプAでおすすめのプロバイダは後ほど紹介します。

なお、ドコモ光はNTTフレッツ光の回線を利用している光コラボで、全国的にサービスを提供しています。自宅がドコモ光に申し込みできるかどうかは、NTT東日本または西日本の「フレッツ光提供エリア」を確認するとわかりますよ。

ドコモ光の新規工事費を無料にする方法

ドコモ光を利用するには開通工事が必要です。

通常、新規申込であれば工事担当者が直接訪問して作業します(派遣工事)。ただし、フレッツ光回線が建物に導入されていたり、フレッツ光や他光コラボから乗り換えたりする場合(=転用)は、派遣工事は必要ありません。

それぞれの工事費用は以下の通りです。

派遣工事の費用 無派遣工事の費用
戸建て19,800円
マンション16,500円
2,200円(フレッツ光回線導入済)
無料(転用)

ちなみに、派遣工事費用はドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」を選べば無料になります。

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細

ドコモ光×GMOとくとくBBに申し込む

auスマホは「auひかり」や「So-net光プラス」で割引対象に

auが提供するセット割は「auスマートバリュー」です。auスマートバリューが適用されれば、スマホ・携帯の月額料金から最大2,200円が割り引かれます。

auスマホ・携帯契約プラン auスマートバリュー割引例
ピタットプラン 5G 550円/月 ※1GB超~7GB
データMAX 4G LTE 1,100円/月
データ定額10/13/30 2,200円/月 ※最大2年間

auユーザーであれば、同居または50歳以上の離れて暮らす家族も、最大10台がセット割の対象となります。例えば、3人家族と離れて暮らす祖父母にそれぞれ月1,100円の割引が適用されれば、5人合わせて1年間で66,000円もの節約です。

auスマートバリューの対象となるのは、「auひかり」または「So-net光プラス」で、光電話へのオプション加入でセット割が適用されます。続いて、2つの光回線の違いを見ていきましょう。

auひかりとSo-net光プラスはどちらもプロバイダ一体型の光回線ですが、利用回線が異なります。

  • auひかり…独自回線(KDDI)
  • So-net光プラス…NTTフレッツ光回線(光コラボ)

フレッツ光回線を利用しているSo-net光プラスは、先ほど紹介したドコモ光と同様に全国的にサービスを提供中です。これに対して独自回線のauひかりは一部地域がエリア外となります。

「auひかり ホーム1ギガ」提供エリア外の地域
大阪・京都・和歌山・奈良・滋賀・兵庫・三重・愛知・静岡・岐阜・沖縄
(2020年9月時点)

また、So-net光プラスは、フレッツ光からの転用、他光コラボからの事業者変更であれば工事は必要ありません。一方、独自回線であるauひかりには導入工事を行います。

auひかり
初期費用
新規登録料3,300円
「ホーム1ギガ」工事費41,250円
「マンションギガ」工事費33,000円
So-net光プラス
初期費用
事務手数料3,300円
戸建て・マンション回線工事費26,400円
※転用・事業者変更は工事不要

負担を少しでも減らすため申込窓口は特典で選びましょう。特に、auひかりは3~4万円近く工事費がかかるので、キャッシュバックで補てんすることをおすすめします。

  • キャッシュバック特典ならauひかりの代理店NEXT
  • 月額割引特典ならSo-net光プラスの公式サイト

続いて、各窓口の特典や高性能Wi-Fiルーターについて見ていきます。

auひかりの代理店NEXTなら最大52,000円キャッシュバック

auひかりの初期費用を補てんするなら、代理店NEXTのキャッシュバックキャンペーンがおすすめです。

auスマホユーザーが「auスマートバリュー」を利用する場合は、ネットと電話に申し込みましょう。

auひかりプラン ネットと電話に申し込み ネットのみ申し込み
ホーム
マンション
最大52,000円キャッシュバック 最大45,000円キャッシュバック

ネットと電話に申し込めば、初期費用が十分に補てんできるキャッシュバックが受け取れます。初期費用を一括支払いしてしまえば、auひかりの月額料金(プロバイダ料込)は以下の通りです。

プラン ホーム1ギガ※ マンションギガ
ネットと電話の料金 月額6,720円 月額4,730円

※ずっとギガ得プラン(3年契約)の2年目は月額5,500円・3年目は月額5,390円

また、auスマートバリュー適用の場合は、auひかり公式Wi-Fiルーターの月額レンタル料550円が無料になります。別途申込が必要なので、契約の際に代理店に確認するとよいでしょう。

auひかりでキャッシュバック受け取るなら、代理店NEXTから申し込みましょう。

auひかりの詳細

auひかりに申し込む

So-net光プラスなら公式サイトで高性能Wi-Fiルーターが無料

So-net光プラスに公式サイトから申し込むと、毎月2,798円の割引特典が2年間ずっと受け取れます。回線工事費26,400円も月々の分割支払いになるので、実際開通時に負担するのは事務手数料3,300円のみです。

プラン 戸建て月額 マンション月額
ネット基本料金 6,138円 4,928円
回線工事費(割賦) 440円 550円
月額割引特典 -2,798円 -2,698円
合計 3,780円 2,780円

※実質月額内訳(2年間)
※プロバイダはSo-net

また、So-net光プラスの公式サイトから申し込むと、高性能Wi-Fiルーターが永年無料レンタルできます。ルーターの性能は以下の通りです。

  • 電波が遠くまで届く「ハイパワーシステム
  • ネットの混雑を避ける「IPv4 over IPv6」接続
  • 複数端末でも快適に利用できる「ビームフォーミング」と「MU-MIMO

So-net光プラスが提供するWi-Fiルーターは、電波を遠くまで届ける力があるので、家中どこでもインターネットを楽しめるでしょう。また、「IPv4 over IPv6」接続にも対応しています。

利用端末に向けて電波を強めるビームフォーミング、複数端末に接続した時でも速度低下を防ぐMU-MIMOも搭載しているので、快適にネットを利用できます。

月額割引と高性能Wi-Fiルーターを利用するなら、So-net光プラス公式サイトから申し込みましょう。

So-net 光 プラスの詳細

So-net 光 プラスに申し込む

ソフトバンクのセット割なら「NURO光」か「ソフトバンク光」

ソフトバンクのスマホ・携帯の利用料が割り引かれるのは「おうち割 光セット」です。このセット割が適用されれば毎月550円~1,100円、年間最大13,200円の通信費を節約できるでしょう。

「おうち割 光セット」に申し込むなら、「NURO光」または「ソフトバンク光」を契約しましょう。それぞれ以下のオプションに加入することでセット割の申込対象になります。

光回線 セット割に申し込むには
NURO光 以下のオプションに加入すること
・NURO 光 でんわ
ソフトバンク光 以下の3つに加入すること
・光BBユニットレンタル
・Wi-Fiマルチパック
・ホワイト光電話、光電話(N)+BBフォン、BBフォンのいずれか

2回線の違いは以下の通りです。

  • NURO光…独自回線
  • ソフトバンク光…NTTフレッツ光回線(光コラボ)

利用回線が異なるため、サービス提供エリアと工事内容に違いがあります。

NURO光は独自回線を利用しています。エリア拡大中のため、現在は申込対象外の地域もあります。

NURO光の提供エリア(2021年5月時点)
  • 北海道
  • 関東…東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
  • 東海…愛知・静岡・岐阜・三重
  • 関西…大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
  • 九州…福岡・佐賀

※一部地域をのぞく

また、NURO光の新規工事は屋外と宅内の2回に分けて行います。基本プラン「NURO 光 G2V」であれば開通までに1ヵ月、場合によっては2ヵ月近くかかるので、早めに申し込むことをおすすめします。

NURO光の詳細

NURO光に申し込む

一方のソフトバンク光は、フレッツ光回線を利用しているのでサービス提供エリアは全国区です。また、ソフトバンク光はフレッツ光からの転用、他光コラボからの事業者変更の場合、工事の必要はありません。

NURO光の基本プランに申し込むなら公式特設ページ、ソフトバンク光なら代理店NEXTがおすすめです。どちらも新規申込で工事費が実質無料になります。

各光回線の窓口について、特典とWi-Fiルーターの性能を紹介していきます。

NURO光の高性能Wi-Fiルーターと公式特設ページ特典

「NURO 光 G2V(戸建て/マンション)」は下りが2Gbpsで、他社回線の基本プランの倍の最大通信速度があります。

また、NURO光は、他社回線の「v6プラス」や「IPv4 over IPv6」接続と同じく、ネットの混雑を回避するため「IPv4/v6デュアル方式」を標準装備しています。OUN(Wi-Fiルーター搭載)も無料でレンタル可能です。

以上から、G2Vプランで快適にインターネットを利用できるでしょう。

NURO 光 G2V ・下りの最大通信速度2Gbps
・月額基本料金5,217円
・IPv4/v6デュアル方式が標準装備
Wi-Fiルーター搭載
ONU
無料レンタル
・無線LAN接続で(IEEE802.11acの場合)最大通信速度1.3Gbps

G2Vプランに申し込むなら、NURO光公式特設ページの特典がおすすめです。新規申込の全員が45,000円のキャッシュバック特典、工事費実質無料特典を受けることができますよ。

NURO光公式特設ページ
  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費40,000円実質無料(分割割引)
  • 設定サポート1回無料
  • 「NURO 光 でんわ」への申し込みも可能※

※月額基本料金は北海道・関東が550円、東海・関西・九州が330円

公式特設ページでは、セット割の条件である「NURO 光 でんわ」にも申し込めます。申し込みフォームに進むには「新規お申し込み・エリア確認」をクリックしましょう。

NURO光の詳細

NURO光に申し込む

ソフトバンク光のセット割はルーター「光BBユニット」への加入が条件

ソフトバンク光で「おうち割 光セット」を申し込むには、以下の3つに加入する必要があります。

  1. 光BBユニットレンタル
  2. Wi-Fiマルチパック
  3. ホワイト光電話、光電話(N)+BBフォン、BBフォンのいずれか

光BBユニットはソフトバンク光が提供するWi-Fiルーターです。月額513円でレンタルできます。

さらにWi-Fiマルチパック(月額1,089円)があれば、複数のパソコンに接続してもインターネットを快適に利用できます。動画視聴やオンラインゲームを同時に楽しむこともできるでしょう。

ちなみに、3つのオプションは「オプションパック(セット割)」を利用すると合計550円に抑えられます。光BBユニットレンタル、Wi-Fiマルチパック、電話サービスに加入すると通常2,115円~必要なのでお得です。

光BBユニットをレンタルする場合、代理店NEXTでは最大36,000円のキャッシュバックが受け取れる「特典A」を選びましょう。転用や事業者変更の場合でも15,000円が受け取れるのでお得ですよ。

ソフトバンク光の詳細

ソフトバンク光に申し込む

セット割を選ばないなら「NURO光」と「So-net光プラス」がおすすめ

3大キャリア以外の格安スマホを利用している、あるいはスマホのセット割を選択しない人もいるでしょう。その場合、光回線はNURO光またはSo-net光プラスがおすすめです。

通信速度にこだわりたいならNURO光月額料金をできる限り抑えたいならSo-net光プラスを選びましょう。それぞれのメリットを簡単に説明していきます。

NURO光は速くて安い光回線

NURO光の基本プラン「NURO 光 G2V(戸建て/マンション)」は、下りの最大通信速度が2Gbpsです。他社の基本プランが最大1Gbpsなので、単純に2倍の速度が出せるスペックを有しています。

また、G2Vプランの月額は5,217円です。他社の戸建てプランがほとんど月額5,000円台なので安い光回線と言えます。

NURO光については先ほど詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

So-net光プラスは月額割引特典が魅力

So-net光プラスは公式サイトから申し込むと月額割引が適用されます。

割引額は2年間ずっと月々2,798円。工事費の割賦分を合わせても、戸建て月額3,780円、マンション月額2,780円です。

月額をなるべく抑えたいならSo-net光プラスを選ぶといいでしょう。So-net光プラスは先ほど紹介した内容を参考に検討してくださいね。

光回線のWi-Fiが遅いと感じたら?3つの原因と対処法を解説

光回線に申し込み、スペックの高いルーターを手に入れたとしても、時には「遅い…」と感じることもあるかもしれません。

Wi-Fiが遅いと感じられる原因はいくつかあります。ここでは3つの原因と対処法について解説します。

原因1.回線が混雑している

回線が混雑している時間帯では、Wi-Fiルーターが原因ではなく、プロバイダが原因で通信速度が遅くなっている可能性があります。

このような場合は、しばらく待って再度アクセスしてみてください。

それでも速度が改善しなければ、機器の接続環境に原因があるかもしれません。

原因2.インターネットの接続環境に問題がある

実は、LANケーブルにも規格があります。LANケーブルが光回線の最大通信速度や、Wi-Fiルーターに対応していない場合は通信速度が遅く感じられる場合があります。

カテゴリー 通信速度
CAT8
カテゴリー8
40Gbps
CAT7
カテゴリー7
10Gbps
CAT6
カテゴリー6
10Gbps
CAT5e
カテゴリー5e
1Gbps
CAT5
カテゴリー5
100Mbps

LANケーブルにはカテゴリー名が小さな文字で印字されているので確認してみましょう。

1Gbps対応なのは、「CAT5e(カテゴリー5e)」以上の規格です。

原因3.パソコンやスマホなどの端末がメモリ不足

使用しているパソコンやスマホなどの端末がメモリ不足でパソコンの処理速度が遅いとインターネットが遅く感じることがあります。

端末の空き容量を確認し、メモリを増設したり、不要なデータやアプリを削除する対応を行いましょう。速度が改善するかもしれません。

ポケットWi-Fiは工事不要!ネット環境を持ち歩きたい人におすすめ

ここまで光回線について紹介してきましたが、ポケットWi-Fiでインターネット環境を手に入れる方法もあります。

ポケットWi-Fiは、持ち運びできる小さな端末を購入して利用します。外出先で、スマホキャリアやWiMAXの電波を利用して無線通信できるので便利です。

また、固定回線の光回線とは異なり、ポケットWi-Fiには開通工事が必要ありません。端末を受け取ればすぐにインターネットを始められる点も魅力です。

ポケットWi-Fiは以下の人に向いています。

  • すぐにインターネットを始めたい
  • 外出先でもWi-Fi環境を利用したい
  • 動画視聴やオンラインゲームを多用しない

ポケットWi-Fiは便利ですが、速度制限などの注意点もあります。

ポケットWi-Fiのメリットとデメリット

ポケットWi-Fiのメリットは以下の通りです。

  • 回線工事が不要
  • 端末が届けばインターネットが始められる
  • 外出先にWi-Fi接続環境が持ち出せる

光回線が開通するまで2週間~1ヵ月、繁忙期などであればそれ以上かかることもあります。ポケットWi-Fiなら端末が届けばインターネットが始められ、訪問工事も必要ありません。

何より、小さな端末は持ち運びが便利です。外出先でWi-Fi環境を利用したければポケットWi-Fiを検討しましょう。

一方で、ポケットWi-Fiにはデメリットもあります。

  • 光回線に比べ通信速度は期待できない
  • 速度制限が設けられている
  • 家族と共有するのが難しい

ポケットWi-Fiは回線の速度はもちろん、端末の性能が光回線の高性能Wi-Fiルーターには及びません。外出先の通信環境によっては遅いと感じることもあるでしょう。

また、ポケットWi-Fiは短期間に一定以上のデータを使用すると速度制限がかかります。インターネットや短いYouTube動画、SNSの使用であれば問題なく使えますが、大容量を必要とする高画質動画の視聴、オンラインゲームの長時間利用速度制限につながるかもしれません。

このように通信速度や速度制限のスペックを考えると、家族で共有するのも難しいでしょう。誰かが端末を外出先に持ち出せば、他の家族がインターネットを使えなくなる点もデメリットです。

ポケットWi-Fiを始めるなら「Broad WiMAX」

メリットとデメリットを十分理解したうえでポケットWi-Fiを始めるなら、UQ WiMAXが回線を提供するプロバイダ「Broad WiMAX」をおすすめします。

Broad WiMAXの「ギガ放題プラン」なら、最大3ヵ月間の月額が2,999円になるのでお得です。

Broad WiMAX契約月 ギガ放題プラン月額
利用開始月 2,999円の日割り
1~2ヵ月目 2,999円
3~24ヵ月目 3,753円
25ヵ月目以降 4,413円

モバイルルーターを使用した際の最大通信速度は上り75Mbps・下り867Mbpsですが、一人でインターネットを楽しむには十分です。

Broad WiMAXの月額割引は、公式サイトから申し込んでクレジットカード払いを選択、指定のオプションに加入すると適用されます。オプションは端末到着後に解約できます。

Broad WiMAXの詳細

Broad WiMAXに申し込む

光回線はスマホのセット割とWi-Fiルーターを基準に選ぼう

たいていの光回線であれば、高性能のWi-Fiルーターを使えば無線接続でも快適に利用できます。よって、まずはスマホのセット割を基準に、お得な光回線を選ぶといいですよ。

セット割が適用されると、スマホ・携帯の利用料から毎月550~1,100円、場合によっては毎月2,200円が割り引かれることもあります。ここで、セット割とおすすめの光回線をもう一度おさらいしておきましょう。

3大キャリアのセット割 おすすめの光回線
ドコモ「ドコモセット割」 ドコモ光
au「auスマートバリュー」 auひかり
So-net光プラス
ソフトバンク「おうち割 光セット」 NURO光
ソフトバンク光
セット割を検討しないなら NURO光
So-net光プラス

ドコモ光ならプロバイダ「GMOとくとくBB」から申し込めば、高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルが可能です。GMOとくとくBBのWi-Fiルーターには以下のメリットがあります。

  • データ転送速度が最大1.7Gbps
  • 次世代通信技術「v6プラス」に対応
  • 複数の端末につないでも速度が落ちにくい

「ドコモ光 1ギガ」の最大通信速度は1Gbpsです。GMOとくとくBBのルーターはそれを十分に活かせる性能があると言えるでしょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細

ドコモ光×GMOとくとくBBに申し込む

auひかりに申し込むなら、代理店NEXTがおすすめです。最大52,000円のキャッシュバックが受け取れるので、高性能なルーターを購入する資金にしてもいいでしょう。

auスマートバリュー適用の契約者なら、auひかり公式の無線LANが無料レンタルできるためそれを活用する手もあります。

auひかりの詳細

auひかりに申し込む

So-net光プラスであれば、公式サイトから申し込むと月額を大幅に節約できるでしょう。また、公式サイトから申し込むと、下記スペックを備えた高性能Wi-Fiルーターも永年無料レンタルできます。

  • 電波が遠くまで届く「ハイパワーシステム
  • ネットの混雑を避ける「IPv4 over IPv6」接続
  • 複数端末でも快適に利用できる「ビームフォーミング」と「MU-MIMO

電波を遠くまで届ける力があるルーターなので、家中どこでもインターネットを楽しめるでしょう。

So-net 光 プラスの詳細

So-net 光 プラスに申し込む

NURO光なら、公式特設ページで基本プランG2Vに申し込むことをおすすめします。G2Vプランは下りの最大通信速度が2Gbpsで、ネットの混雑を回避するため「IPv4/v6デュアル方式」も標準装備しています。

OUN(Wi-Fiルーター搭載)も無料でレンタルしているので、快適なインターネット環境を整えることができるでしょう。公式特設ページから申し込むと45,000円のキャッシュバックがもらえるのも魅力です。

NURO光の詳細

NURO光に申し込む

ソフトバンク光を選ぶなら、代理店NEXTの最大36,000円キャッシュバック特典を受け取りましょう。

ソフトバンク光のセット割を利用する場合、公式が提供するWi-Fiルーター「光BBユニット」をレンタルする必要があります。よって代理店の特典はプロバイダプレゼントがないものがおすすめです。

ソフトバンク光の詳細

ソフトバンク光に申し込む

また、以下の状況にあてはまるなら、光回線ではなくポケットWi-Fiを検討してもいいかもしれません。

  • すぐにインターネットを始めたい
  • 外出先でもWi-Fi環境を利用したい
  • 動画視聴やオンラインゲームを多用しない

ポケットWi-Fiを選ぶならBroad WiMAXがおすすめです。「ギガ放題プラン」なら、最大3ヵ月間の月額が2,999円になってお得ですよ。

Broad WiMAXの詳細

Broad WiMAXに申し込む

この記事で紹介した情報を参考に、自分に合った快適なWi-Fi環境を整えましょう。