戸建て光回線のおすすめ5選!速度、料金を比較して徹底解説!

戸建てのおすすめ光回線!速度、料金を比較して徹底解説!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しております。アフィリエイトによる収益は、当サイトを運営するための費用に充てられています。 また、コンテンツの内容やランキング比較結果などに、広告の内容が影響することは一切ございません。中立な立場でユーザー様に納得いただける情報を提供します。

現代の生活において、高速かつ安定したインターネット接続は欠かせないものとなりました。特に戸建て住宅では、光回線が一般的な選択肢となっています。

しかし、数多くのプロバイダやプランが存在し、速度や料金の面でどれを選ぶべきか迷うこともあります。

そこで本記事では、戸建て向けの光回線プランを20社を徹底比較し、速度と料金の両面からおすすめの5選をご紹介します。自宅で快適なネット環境を手に入れるための参考として、ぜひご覧ください。

順位サービス名速度料金
1位コミュファ光 ロゴ
2位auひかりのロゴ
3位NURO光のロゴ
4位ピカラ光ロゴ
5位eo光 ロゴ

※本記事は戸建て限定の紹介なので、マンションやアパートなど集合住宅にお住まいの方は、下記の記事をご覧ください。

ネットのいろは編集部の写真

AUTHOR

ネットのいろは編集部

AUTHOR

ネットのいろは編集部

インターネット関連の情報をお届けする「ネットのいろは」の編集部です。光回線、モバイルルーターやスマホなどの情報を網羅的に発信しています。

もくじ

戸建て光回線のおすすめ5選

それでは戸建てでおすすめの光回線を5つ紹介します。

1位:コミュファ光(東海・長野限定)

コミュファ光_NEXT

※引用元:コミュファ光 キャンペーンサイト

サービスコミュファ光 ロゴ
エリア東海・長野
契約期間2年
月額料金1年目:980円
2年目以降:5,170円
契約事務手数料特典で無料
開通工事費
通信速度下り:582.58Mbps
上り:543.02Mbps
Ping値:14.31ms
キャッシュバック55,000円
(代理店+公式)
実質料金(2年総額)51,200円
セット割au/UQ mobile

戸建ての光回線で最もおすすめなのはコミュファ光です。愛知、岐阜、三重、静岡、長野で利用できる光回線です。

実質料金が今回紹介する光回線の中で最も安い51,200円とお得であり、通信速度も下りで582.58Mbpsと光回線の中でも上位クラスの平均速度が出ています。

安いにもかかわらず、速度が速いのでエリア圏内にお住まいの方はぜひ検討してみて欲しいサービスです。

また、オンラインゲームをしたい方は「コミュファ光ゲーミングカスタム」というオプションサービスに加入することをおすすめします。

コミュファ光ゲーミングカスタムはコミュファ光の10Gサービスを契約したが選択できるサービスで、回線が混雑した場合に優先制御してくれます。そのためラグが発生しにくく、快適にオンラインゲームを利用しやすくなります。

自宅でテレワークをする方、動画を観る方、オンラインゲームをプレイする方など、どなたにとっても使いやすいサービスと言えます。

コミュファ光の評判・口コミ

コミュファ光の評判を見てみると「速い」「月額料金が安い」など、良い口コミが多くありました。逆にネガティブな口コミはほとんどない印象です。

コミュファ光を検討している方は、この口コミを見ると安心できますね。

また、コミュファ光は中部電力系の会社が運営しているので、中部電力とセットで使うと電気料金のお支払いに利用できる「カテエネポイント」が毎月進呈されます。

電気料金が高騰している今、ポイント還元サービスがあるのはありがたいですよね。

2位:auひかり

auひかり

※引用元:株式会社NEXT

サービスauひかりのロゴ
エリア全国
(中部地方・関西地方・沖縄の一部地域を除く)
契約期間2年/3年
月額料金【2年プラン】
5,720円
【3年プラン】
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
契約事務手数料3,300円
開通工事費特典で無料
通信速度下り:494.41Mbps
上り:474.43Mbps
Ping値:15.5ms
キャッシュバック58,000円
実質料金(2年総額)75,580円
セット割au/UQ mobile

戸建てでおすすめの光回線2位はauひかりです。

中部、関西、沖縄を除くエリアで利用することができます。

2年プランと3年プランがあり、3年プランの場合は3年目まで毎年月額料金が安くなるので、引っ越しの予定がない方は3年プランを選択しましょう。

速度も下りで494.41Mbpsと速く、快適にインターネットが利用できる速度が出ています。オンラインゲームをするのにもおすすめのサービスです。

実質料金も安いので、コミュファ光のエリア外にお住まいの方はauひかりをまず検討してみましょう。

auひかりの評判・口コミ

auひかりの評判を見てもやはり速度に対しては良い口コミが多い印象でした。

マンションのVDSL方式(最大通信速度が320Mbps)だと遅いサービスも多いものの、auひかりの場合はVDSLでも速いと少し不思議がられていました。

コミュファ光のエリア外にお住まいの方は、まずauひかりを検討してみるのがいいかもしれませんね。

3位:NURO光

NURO光キャンペーンサイト
サービスNURO光のロゴ
エリア北海道・東北・関東・東海・関西・中国・九州
(一部地域を除く)
契約期間2年/3年
月額料金2年:5,700円
3年:5,200円
契約事務手数料3,300円
開通工事費特典で無料
通信速度下り:590.9Mbps
上り:541.97Mbps
Ping値:11.4ms
キャッシュバック45,000円
実質料金(2年総額)95,100円
セット割ソフトバンク/ワイモバイル

戸建てでおすすめの光回線3位はNURO光です。

NURO光は毎年のようにエリアを拡大しており、23年には初めて東北地方(宮城県)に進出しました。まだエリア外の方も近い将来利用できるようになるかもしれません。

NURO光は独自の回線を利用したサービスで「G-PON」という特殊な通信技術を活用し、通信品質が高いのが特徴です。データでも下りで590.9Mbpsと光回線の中でもトップクラスの速度が出ています。またPing値も11.4msと小さいのでラグの心配も少ないです。

NURO光はソフトバンクとワイモバイルのセット割が使えるのもポイントです。

NURO光の評判・口コミ

NURO光の口コミを見てみると「速い、安い、高額キャッシュバック」とまさに良いとこ尽くしのような投稿がありました。

また、2つ目はフォートナイトをプレイしている方でしょうか。「NURO光」速いと書かれていますね。

高速通信の要するフォートナイトも快適に楽しむことができるのは、ゲーマーとしては助かりますよね。

4位:ピカラ光(四国限定)

NEXTのピカラ光キャンペーンサイト
サービスピカラ光ロゴ
エリア四国地方
契約期間2年
月額料金初月無料
1~2年目:4,950円
3~4年目:4,840円
5~6年目:4,730円
7年目~:4,620円
契約事務手数料特典で無料
開通工事費
通信速度下り:501.73Mbps
上り:457.3Mbps
Ping値:18.62ms
キャッシュバック25,000円
実質料金(2年総額)83,850円
セット割au/UQ mobile

戸建て光回線おすすめ4位はピカラ光です。ピカラ光は、四国限定で利用できる光回線になります。

通信速度は下りで501.73Mbpsと光回線でも上位クラスに位置します。独自の回線を利用したサービスなので、回線が混雑する可能性が利用者の多いNTT回線と比較して低く、安定した通信品質を誇ります。

ピカラ光は月額料金が年々安くなり、7年目以降は4,620円と光回線ではかなりお得な料金で利用することができます。

また、契約事務手数料と開通工事費が無料なので、初期費用の心配がないのも大きなメリットです。

ピカラ光の評判・口コミ

ピカラ光もやはり速度に対する評判は良く「すごく快適で動画もサクサク」「快適にギルティができる」などの声がありました。

サイトの閲覧やビデオ通話よりも通信速度に左右される動画視聴やオンラインゲームが快適にできるのは嬉しいポイントですね。

料金も良心的なので、四国では人気のサービスです。

5位:eoひかり(近畿・福井限定)

eo光キャンペーンサイト
サービスeo光 ロゴ
エリア近畿+福井限定
契約期間2年
月額料金1年目:3,280円
2年目:5,448円
3~5年目:5,274円
6年目~:4,997円
契約事務手数料3,300円
開通工事費特典で無料
通信速度下り:711.72Mbps
上り:591.74Mbps
Ping値:15.41ms
キャッシュバック商品券10,000円分
実質料金(2年総額)98,036円
セット割au/UQ mobile/mineo

戸建ての光回線5位はeo光です。近畿地方と福井県限定で利用できるサービスになります。

eo光の通信速度は今回紹介するサービスの中で最も速く、下り速度でなんと711.72Mbpsと突出した速さを誇ります。通信速度を重視する方は間違いなく検討した方が良いです。

また、キャンペーンも充実しており、開通工事費無料、初年度月額料金割引、商品券10,000円分進呈と豊富に揃えています。

セット割もauとUQ mobileのほかに格安SIMのmineoも対象なのは嬉しいですね。

eo光の評判・口コミ

データでも圧倒的な通信速度を誇ったeo光ですが、やはり通信速度については多くのユーザーが満足しているみたいです。

特に2つ目の「5GBのダウンロードが1分くらいで終わった」との口コミは、どれだけeo光の通信速度が速いかが分かりますね。

エリア圏内に在住の方の中で、速度にお悩みの方はeo光一択と言っていいでしょう。

全国で利用できる戸建ておすすめ光回線はソフトバンク光

ソフトバンク光

※引用元:株式会社NEXT

サービスソフトバンク光のロゴ
エリア全国
契約期間2年/5年
月額料金2年プラン:5,720円
5年プラン:5,170円
契約事務手数料3,300円
開通工事費特典で無料
通信速度下り:316.59Mbps
上り:275.94Mbps
Ping値:15.88ms
キャッシュバック37,000円
実質料金(2年総額)87,380円
セット割ソフトバンク/ワイモバイル

これまで紹介したサービスは一部地域では利用できません。

仮に今回紹介したサービスが圏外だった方は、全国で利用できる光コラボ(光コラボレーションサービス)のソフトバンク光を検討してみてください。
「光コラボ」についておさらい

ソフトバンク光は通信速度が光コラボの中では早く、実質料金も工事費無料やキャッシュバックで大幅に抑えることができます。

今回、実質料金は37,000円キャッシュバックで計算しましたが、それ以外にも「35,000円キャッシュバック+無線LANルーター」「ニンテンドースウィッチ1円購入」のいずれかを選択することができます。

ソフトバンク光の評判・口コミ

ソフトバンク光は利用者の多い、NTT回線を使ったサービスなので回線が混雑することが稀にあるみたいですが、基本的に「速い」と口コミ投稿している方の方が多い印象でした。

料金についても、キャッシュバックが手厚いので、実質料金がそこまで高くならないのがいいですよね。

光回線が開通できない場合はホームルーターを検討してみよう

現在お住まいの自宅の構造上の問題で光回線を開通できない、または開通したくないという方はホームルーターを検討してみましょう。

ホームルーターはコンセントに挿すだけでインターネットを利用できる通称「置き型Wi-Fi」です。

光回線ほどの通信速度や通信の安定性は劣りますが、下り速度に限定して見るとドコモのhome 5Gは光回線並みに速いとデータが出ています。下り速度はインターネットを利用する上で最も重要な項目なので、下り速度が速いのは安心材料ですね。

おすすめのホームルーターについては下記で紹介しているのでぜひご覧ください。

光回線を選ぶ上でのポイント

光回線を選ぶポイントを紹介します。

  • 通信速度(実測値)の早いサービスを選ぶ
  • 実質料金の安いサービスを選ぶ

通信速度(実測値)の速いサービスを選ぶ

サービス名速度
eo光 ロゴ下り:711.72Mbps
上り:591.74Mbps
Ping値:15.41ms
NURO光のロゴ下り:590.9Mbps
上り:541.97Mbps
Ping値:11.4ms
コミュファ光 ロゴ下り:582.58Mbps
上り:543.02Mbps
Ping値:14.31ms
ピカラ光ロゴ下り:501.73Mbps
上り:457.3Mbps
Ping値:18.62ms
auひかりのロゴ下り:494.41Mbps
上り:474.43Mbps
Ping値:15.5ms

快適なインターネット環境を実現するためには、実測された通信速度が速いサービスを選ぶことが重要です。

プロバイダが提供する通信速度は、基本的には最大値であり、実際の利用環境によって変動することがあります。

したがって、実際に利用者の間で行われた速度測定結果や口コミなどを参考にし、通信速度の安定性や実測値を確認しましょう。

特に、自宅やオフィスのインターネット利用においては、十分な通信速度が必要ですので、慎重に比較検討することが重要です。

ちなみに今回の実測値は「みんなのネット回線速度」を参照しています。

実質料金の安いサービスを選ぶ

サービス名実質料金(2年総額)
コミュファ光 ロゴ51,200円
auひかりのロゴ75,580円
ピカラ光ロゴ83,850円
@TCOM光 ロゴ87,940円
NURO光のロゴ95,100円

光回線のプロバイダを選ぶ際には、契約料金だけでなく、実際に支払う必要がある実質料金を比較しましょう。

プロバイダごとに契約期間や割引キャンペーンなどの条件が異なるため、注意が必要です。

初期費用、月額料金、ルーター費用、オプションサービスなどを考慮し、複数のプロバイダの実質料金を比較検討しましょう。

また、長期的な視点で考えると、契約期間や更新時の料金変更などもチェックしておくことが重要です。

実質料金の算出方法
  • 2年間利用した場合の料金総額を算出(最大速度1Gプラン)
  • 料金総額から割引額やキャッシュバック金額を引いて実質料金を算出
  • 申し込み窓口は公式か代理店のいずれか
  • オプション加入によるキャッシュバックの増額は考慮しない

光回線を契約する際にやるべきこと

光回線を利用する前には、以下の手続きと準備を進める必要があります。これらのステップを順番に実行することで、円滑な光回線の開通が可能となります。

光回線を契約する際にやるべきこと
  • 既存のサービスを解約する
  • プロバイダを決める
  • 契約手続きを行う
  • 回線の敷設を準備する
  • ルーターなどネットワーク機器を準備する
  • デバイスのネットワーク接続を行う

既存のサービスを解約する

光回線を利用する場合、既存のインターネットサービスプロバイダや回線サービスを解約する必要があるかもしれません。

現在の契約条件や解約手続きについて確認し、適切な措置を取りましょう。

解約手続きは早めに行い、光回線の開通と同時にスムーズに切り替えることが重要です。

プロバイダを決める

まずは、利用するインターネットサービスプロバイダ(ISP)を選びましょう。

価格、速度、カスタマーサポートなどの要素を比較し、自分に最適なプロバイダを選択します。複数のプロバイダを検討し、利用者の口コミや評判を調べることもおすすめです。

契約の手続きを行う

回線事業者やプロバイダとの契約手続きを進めましょう。

それぞれのウェブサイトやカスタマーサポートに連絡し、必要な情報を提供して契約を完了させます。契約内容や料金プラン、契約期間などについて詳細に確認し、納得した上で契約を進めましょう。

ただし、最近は回線事業者とプロバイダの手続きが一括で行うことが多いので、手続きは以前よりも簡単になりました。

回線の敷設を準備する

光回線の敷設には、回線事業者やプロバイダによって異なる手順があります。

プロバイダから指示があれば、特定の場所に光ケーブルを敷設する必要があるかもしれません。建物の所有者や管理者と連絡を取り、許可を得ることも重要です。

回線の敷設作業が完了するまでの時間には、個別の事情や状況によってばらつきがあるため、余裕を持ったスケジュールを立てましょう。

ルーターなどネットワーク機器を準備する

光回線を利用するためには、光モデムやルーターなどのネットワーク機器を準備する必要があります。

ISPから提供される場合もありますので、プロバイダの指示に従って機器を用意しましょう。また、ネットワーク機器の設置場所や接続方法も確認しておくとスムーズにインターネットを利用することができます。

デバイスのネットワーク接続を行う

光回線を利用するためには、パソコンやモバイルデバイスなどのネットワーク設定を行う必要があります。

ISPから提供される情報に基づいて、ネットワーク接続設定を行いましょう。必要な設定は、デバイスのネットワーク設定画面で行えます。

設定手順や必要な情報は、プロバイダの提供するマニュアルやオンラインサポートを参考にしましょう。

戸建てで光回線を契約する際の注意点

戸建てにお住まいの方で光回線を契約するには、いくつか注意点があります。

月額料金が集合住宅より高い

1つ目は月額料金が集合住宅より高くなることです。

一般的に、戸建ての光回線の料金は、集合住宅と比べて高めに設定されている傾向があります。これは、戸建ての場合、専用の回線を敷設する必要があるため、その工事費やメンテナンス費用がかかるためです。

契約を検討する際には、月額料金を比較検討し、予算に合わせた適切なプランを選ぶことが重要です。

物件によっては契約できないことがある

2つ目は、物件によっては契約できないことがあるということです。

光回線のインフラストラクチャーが整備されていない地域や、回線の引き込み工事が困難な物件などでは、光回線の契約ができない場合があります。

契約を検討する前に、プロバイダや不動産会社に問い合わせて、物件での光回線利用の可否を確認しましょう。

開通までに時間がかかる

3つ目は開通までに時間がかかることです。光回線の引き込み工事や設備の準備には、時間がかかることがあります。

特に新規開通の場合や需要が集中している地域では、工事の予約や手続きに時間がかかることがあります。

契約を検討する際には、開通までの日数や工事の進捗状況について、プロバイダや工事業者に確認することが重要です。

立ち合い工事が必要な場合がある

4つ目は立ち合い工事が必要な場合があるということです。

光回線の引き込み工事では、屋内での配線や設置が必要な場合があります。

その際には、契約者や物件の所有者が立ち合い工事に協力する必要があります。

立ち合い工事の日程調整や工事内容の確認には、時間と労力がかかることがありますので、契約前に予め調整や準備をしておくことが望ましいです。

戸建て光回線のまとめ

順位サービス名速度料金
1位コミュファ光 ロゴ
2位auひかりのロゴ
3位NURO光のロゴ
4位ピカラ光ロゴ
5位eo光 ロゴ

戸建てでお住まいの方におすすめの光回線を5つ紹介してきました。

5つのサービスどれもが通信速度、実質料金が他社よりも優れ、評判・口コミも良いサービスでした。光回線を新規契約、または乗り換えをする方はぜひ今回紹介した5つのサービスから検討してみてください。

仮に今回紹介した5つが提供エリア外だった場合、光コラボでおすすめなソフトバンク光がおすすめです。

本記事が光回線選びの参考になれば幸いです。

ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
ペンギン ペンギン

ピッタリなネット回線が見つかる!

回線診断
目次
トップへ
もくじ